宮古市生活復興支援センターブログ

「宮古市災害ボランティアセンター」は、9月13日から「宮古市生活復興支援センター」に移行しております!

田植え♪

2015年05月20日 18時36分53秒 | ボランティアセンターニュース

みなさん、こんにちはっ

 

 

田老の仮設住宅には去年支援でいただき、住民の方が植えた

菜の花が咲きました

 

 

だんだんとあたたかく、

花も色づきなんだか気持ちも明るくなります

 

と、うきうきしながら写真をとっていると、

子どもたちも遊びに来ました

 

 

ポーズを決めてーーー・・・・・・

ハイ、チーズ

 

 

 

 

 

そして、先日行われた

児童館のみんなの田植え体験

 

この日、地区の方の田んぼをお借りして体験するということで、

参加させてもらいました

 

 

まずはやりかたを教えてもらい・・・

 

 

 

ドキドキしながら田んぼの中へ

 

 

みんな一生懸命植えていきます

 

 

先生たちも必死

 

 

 

 

おかげで、こんなに泥んこまみれー

 

 

 

 

でも、たくさん植えることができましたー

 

 

田んぼから上がった後は

 

自分たちの植えた田んぼを見ながら食べるご飯は最高っ

 

 

 

わたしたちはこうして苦労してつくったご飯を毎日

食べさせてもらってるんだなー・・・

 

と改めて感謝した1日でした

 

コメント

☆★お花見交流会☆★(二中仮設自治会)

2015年05月18日 13時35分42秒 | ボランティアセンターニュース

 

 

みなさん、こんにちわ

毎日、お天気が続き、新緑がまぶしい季節になりましたね


仮設住宅では、芝さくらがキレイです


鍬ヶ崎地区に建設中の「災害公営住宅」です


鍬ヶ崎地区では、区画整理が、着々とすすんでいます。


が、現在、整備の真っ最中の為、道路が迷路のようです


鍬ヶ崎地区を車で走行する際には、お気をつけください

この鍬ヶ崎地区に元住んでいた住民さんが多い仮設住宅

「二中仮設住宅」で

行われました「お花見交流会」の様子をお伝えします


「しだれ桜」がきれいで有名です


今年度、宮古市内の災害公営住宅の建設がピークを迎えるため

退去者が増加することから、

「自治会の解散」も考えたそうです。


が、仮設住宅に住んでいる間は、今まで通り、

活動をすることになったと、仮設自治会長さんから

報告がありました。


交流会では、「カラオケ」で大盛り上がり

お食事もおいしく、会話もはずみます

歌って、踊って、笑って

最後に「星影のワルツ」を全員で、大合唱


今年度は、夏に納涼会、秋にも味覚祭を検討中とのこと


こちらの仮設は、仮設周辺の自治会さんとの交流、連携も強く

お花見にも参加されていました。


生活支援相談員は、今年度は、更に

「地域支援」にも目をむけ、自立にむけながら

支援を続けていきます


二中仮設のみなさま、また、お邪魔します〜ので

よろしくお願いします


 

 

 

YUKA



コメント

ハイキング!

2015年05月13日 15時33分42秒 | ボランティアセンターニュース

みなさん、こんにちはっ

 

今朝は、大きな地震がありました

久々の大きな地震。怖い思いをした方も多かったのでは…

震災から4年、改めて気を引き締めた瞬間でした

 

 

さて、今日は田老からサロン遠足の様子をお伝えします

毎月公民館を使用して開催しているサロンですが、

今回はあったかくなってきたので、ちょっと足をのばしてハイキングを

しましょう!!

ということで、グリーンピアまでやってきました

 

とても大きなカラマツ

 

 

 

みなさん「わー、すげぇがねぇ」と、歩くのも早くなります

 

 

 

ここからは海も見えいい景色です

 

 

「もっと奥まで行ってみっかなぁー」と元気に歩き出すみなさん

 

 

ちょっと、ちょっと、

歩くの早いですよー・・・

急いで追いつくと、

 

 

 

 

ワラビ採りが始まっていました

 

 

みなさん楽しそうー

 

 

同じ地区に住んでいても、集まって話す機会が少なく

買い物に出たときにあいさつをする程度だとか。

「こうしてゆっくり話ができるのが嬉しいねー。

 サロンに来てよかったー」

と、笑顔でお話しているのを見て、私たちもにっこり

 

 

ゆっくり歩いた後はシートを広げ

お弁当タイム

 

 

外で食べるといつもと味もちがうような

格別な味でした

 

住んでいる所からそんなに離れていないけど、

海の波の音、鳥の鳴き声が聞こえ

ゆったりとした時間でした

皆さんもぜひ歩いてみてください

 

 

サロン参加者の皆さん、来月も伺いますので

よろしくお願いしますっ

 

 

KOB

コメント

ポケモン交流会♪

2015年05月12日 15時34分55秒 | ボランティアセンターニュース

みなさん、こんにちは

GWは楽しく過ごせましたか

更新が滞ってしまっていましたすいません

さてさて、本日は「ポケモン交流会」の様子をお伝えします

今年で3回目となる交流会

株式会社ニアの皆様が主催で今までも市内の仮設住宅や児童館

地域の公民館などで行ってきました

また、宮古市だけでなく他の市でも実施しています

今回は仮設住宅の住民だけでなく、近隣の住民も集まる集会所で開催

案内周知の協力を学校にお願いし、当日は70名以上の参加が

やはり子ども達に大人気なんですね

気になるイベントの内容はというとポケモンオリジナルエコバック作り

エコバックの中に見本の絵を入れてペンでなぞります

なぞった絵に思い思いに色を塗ります

あっという間に自分だけのエコバックが完成

みんな上手に出来てますよね

そして、ピカチュウも遊びに来てくれました

子ども達に大人気

記念撮影にひっぱりだこでした

参加したみんなの笑顔が溢れるイベントでした

株式会社ニアの皆様ありがとうございました

 

SAKI

 

 

コメント

新しい相談員が増えました!!!

2015年05月01日 13時37分30秒 | ボランティアセンターニュース

皆さんこんにちは

 

4月25日、

ネパールでは大きな地震がありました。

皆さんもニュースですでに拝見されていることと思います。

亡くなられた方も大勢いるとの事で現地が本当に心配です。

 

日本赤十字さんも本日より、救援金という形で、募金活動の受付も行っています。

http://www.jrc.or.jp/contribute/help/2015_1/

 

是非皆さんの温かいご支援、どうかよろしくお願いいたします。

 

 

 

さて、本日は新しい相談員を紹介したいと思います

 

佐々木久子(ひさこ)さん

 

⇒生活復興支援センター北班の皆さんです真ん中が久子さん

 

4月よりヘルパーからこの生活支援相談員へ移りました

なので、今まで高齢者の方の介護を中心にお仕事されていました

なんとその年数、11年

私も地域で一緒に回っていると、

久子さん、お知り合いの住民が多くてビックリ

 

さて、そんな笑顔の素敵な久子さんへ色々質問してみました

 

Q 特技は何ですか?

A 「力があることです

 

Q 1ヶ月生活支援相談員の仕事をしてみて、どうですか?

A 「覚えることが多くて、失敗の連続です1つでも仕事内容を覚えて、地域の皆さんから名前や顔を覚えてもらいたいと思います

 

Q これからの意気込みをお願いします!

A 「まだ、新人ですが、少しでも職員の皆さんに追いつけるように頑張ります

 

久子さん、これからよろしくお願いしますっ

 

 

黒 

 

 

 

コメント

季節行事♪

2015年04月30日 17時33分14秒 | ボランティアセンターニュース

みなさん、こんばんは

今日で4月も終わり

今年は桜の開花が早かったですが、みなさんお花見はしましたか

桜の季節に合わせて各地域のサロン(=ほっとほーむ)では「お花見会」が開催されました

本日はお花見会の様子を紹介します

まずはレクリエーション

 

 

みんなで身体を動かしたり、頭を使ってお腹を空かせます

楽しく、笑った後は昼食タイム

 

お弁当や参加者が持ち寄った食べ物などなど

豪華なごちそうが並びます

毎回のサロンで100円会費を集めて貯めたものを季節行事の際に使ったり

季節行事の際に少し多めに会費を集めたりとサロンによってやり方は様々

運営する側が参加者から意見を聞きながら内容を考えています

季節の行事があると普段のサロンとは違う楽しみがあり、

ますます行きたくなる場所になっている気がします

また、自分が作ったものを誰かに食べてもらう喜び=生きがいづくりにも

繋がっているのでは

桜の木を庭から持ってきたということでみんなで記念撮影も

みなさんの笑顔がいつまでも続くサロンでありますように

お邪魔させていただきありがとうございました

 


お知らせ

5月2日(土)〜6日(水)まで宮古市生活復興支援センターは

お休みとなります

 

SAKI

コメント

重茂地区の様子♪

2015年04月25日 15時44分05秒 | ボランティアセンターニュース

みなさん、こんにちわ

重茂地区・千鶏のodenseの周りは春めいています

4月に入り、5カ所の災害公営住宅の入居が始まりました。

仮設住宅は、転居が多くなり、静かな様子です。

こちらは、重茂地区・石浜です。桜が見事です

音部漁港の様子

皆様、忙しく働いています

重茂漁協を過ぎ、少し車で走ると・・・

新しい道路ができ、その周りは、きれいに整備されています

私たち、生活支援相談員は、引き続き、仮設住宅の訪問、

新たに災害公営住宅への訪問も行っていきます。

転居した方、まだ仮設にお住まいの方々

みなさまのお話しを聞きながら、

寄り添っていきます。

宮古市社会福祉協議会の車をみかけましたら、

お気軽にお声をかけてください。


YUKA

コメント

スマイルプロジェクト☻

2015年04月22日 09時17分00秒 | ボランティアセンターニュース

みなさん、こんにちはっ

 

 

今日はほんわかあったか日和

 

田老センターのスイセンも、お日様に向かって元気に咲いています

 

 

 

今日は、先日行われた岩手日報さんによるイベントをご紹介します

 

以前から「スマイルプロジェクト」という名称で、

田老地区各地で、住民の方や児童館の子どもたちと一緒に花植えを行ってくださっています

 

今回はプランターへの花植え

 

 

 

 

 

そして、

花王のみなさんによるハンドマッサージも行われました

 

 

 

 

あれ?

 

子どもたちがマッサージしてますっ

 

 

 

 

実は今回は、マッサージの仕方を花王さんが住民の皆さんへ伝授

 

今回は子どもたちも参加して

一生懸命覚えていました

 

 

ぎこちない動きながらも、

みんな楽しそうに覚えていきます

 

 

 

 

手をにぎることで

話す以上のコミュニケーションがとれているような…

優しい笑顔でお話されていました

 

ハンドマッサージの不思議な力ですね

 

このスマイルプロジェクト、

次回は6月にも実施予定です

 

岩手日報さん、今回もありがとうございました

 

 

 

KOB

コメント

札幌カリタス♪

2015年04月17日 16時23分44秒 | ボランティアセンターニュース

みなさん、こんばんは

本日は震災後から現在も活動を続けている「札幌カリタス」のみなさんを紹介します

震災直後のがれき撤去等のボランティア活動から談話室・集会所の利用支援

そして現在は「カリタス・カフェ」として宮古市内の仮設住宅談話室集会所をまわっています

4人の世話人さんが2週間交代くらいで宮古に来て、活動しています

札幌市内でボランティアを募り、活動を展開

世話人さんによって活動内容も様々なんです

 

そのため、住民のみなさんは今回は誰が来るのだろうと毎回楽しみにしています

取材に行った今回はボランティアとして何度か宮古市に来ている一般の女性が

女の子の壊れたシュシュをチクチクと直してあっという間に元どおり

 

今回は折り紙をしたり、お茶を飲みながらまったりとした時間を過ごしたようです

昼食は手作りのおにぎりとおうどん

愛情たっぷりの料理とみんなで食べる食事は格別ですよね

 

継続的に住民の皆様と関わりを持っていることから、普段なかなか外に出ない方が参加しお話をする場面や

自分の想いをお話ししてくださる方々もいます

信頼関係を築くにはやはり時間がかかります

継続的な関わりがゆえの今の住民さんとの距離なのだと感じました

今年度も引き続きよろしくお願いします


SAKI

 

 

コメント

ハニーバスケット♪

2015年04月13日 18時04分14秒 | ボランティアセンターニュース

みなさん、こんばんは

暖かくなったり、寒くなったりと気温差がある日々が続いてますが

みなさん体調は大丈夫でしょうか

今年度も変わらず活動を続けています

そんな中、学生ボランティアもついに活動を開始しました

今年度初の活動はハニーバスケット作り

 

まずは、ひとつひとつ丁寧に花を敷き詰めます

色とりどりの花が綺麗です

慣れてくるとあっという間に2個、3個と完成させていきます

 

短大の男子学生は花壇の整備作業

雨の中、かっぱを着て一生懸命に作業してくれました

作ったバスケットは商店街に飾られます

花があると見ているだけでも落ち着きますよね

そういえば、宮古市内でも桜が咲き始めているようです

さくら公園と呼ばれる公園が市内にあり、桜がすごく綺麗に咲くそうです

その桜を見たいと今月活動に来る、ボランティアさんも居ます


話がそれてしまいましたが今年度も学生ボランティアの活躍に期待です

学生のみなさん、今年度もよろしくお願いします

 

SAKI

コメント

コミュニティの場

2015年04月08日 14時34分48秒 | ボランティアセンターニュース

4月8日(水):田老地区、今日は肌寒い日となりました。気温は低めですが、春は確実に訪れていますね

田老福祉センターの庭の桜は満開です。

今日は以前から打ち合わせを行っていた小林地区にコミュニティの場を設置

小林地区・福祉協力員の方の「みんな(小林地区住民)が、集まって話っこするとこがほしいのよ〜」との要望があり、設置する場所などの検討等を行い今日はれてパラソルベンチを設置する事が出来ました。

福祉協力員の方おっしゃっていました。「外に出る機会が少ない人が、この辺にけっこういるのよ。こうやって集まる場所が出来れば、おしゃべりしたりお茶を持ち寄ってみんな外に出る機会ができる」〜こんな風に、ちょっとしたコミュニティの場が住民の方の大事な憩いの場になっていくんですね〜

 

コメント

新年度♪

2015年04月06日 18時00分33秒 | ボランティアセンターニュース

みなさん、こんばんは

新年度が始まって二週目の月曜日

みなさんはいかがお過ごしでしょうか

先日のブログでも出てきたように春は出会いと別れの季節

 

生活復興支援センターでも異動や退職があり、寂しい気持ちがありますが

気持ちも新たに新年度のスタートをきりました

事務局の職員含め全員での集合写真は久々です


さて、4月1日から災害公営住宅の入居も市内5ヶ所で始まり、

ちらほらと明かりが灯っています

住民のみなさんも新たな土地でのスタートで期待と不安が入り混じった気持ちなのでは

ないでしょうか

今年度は移行期となり様々な方面での支援が必要となってきます

新体制になり、まだまだこれからではありますが・・・

災害公営住宅入居者、仮設住宅入居者だけでなく地域住民の皆様の頼れる存在として

今年度も職員一同、頑張っていきたいと思います

各関係機関をはじめ、皆様の変わらぬご支援、ご協力をよろしくお願いいたします


SAKI

 

コメント (2)

拝啓 春暖の候〜田老福祉センター〜より

2015年04月01日 11時56分53秒 | ボランティアセンターニュース

拝啓

春暖の候皆様にはお変わりなくお過ごしでしょうか

今日の田老地区は、雨・・・です。昨日は初夏を思わせる陽気でしたが、一変寒いです・・・

 

4月1日!今日から新年度です。田老福祉センターでは、辞令交付式でした

 

 気持ちを引き締め!今年度も住民の皆さまと復興への歩みを共にしたいと想います。よろしくお願いします。

コメント

今年度も大変お世話になりました!!!

2015年03月31日 14時33分38秒 | ボランティアセンターニュース

こんにちは

さて、今年度も今日で最後となります

 

皆さまも卒業や、入学の準備、引越しなど

3月から4月は

 

出会い別れ時期ですね

 

新しい土地で生活を始める人や新たな職場での仕事をスタートさせる方は

不安期待でいっぱいだと思います

 

でも、そんな春は

 

出会い

 

がいっぱいあります

色々な人との出会いを大切にしていきたいですね

 

 

私達生活復興支援センターも今年の4月から新たな気持ちで頑張っていきたいと思います

これからも皆さんとの

 

出会い

 

を大切に4月からも一生懸命活動していきますっっ

これからもよろしくおねがいします

 

 

 

 

コメント (1)

学生ボランティア第二弾♪

2015年03月30日 12時58分46秒 | ボランティアセンターニュース

みなさん、こんにちは

先日に引き続き本日も学生ボランティアを紹介します

「福岡女学院大学」

震災後からずっと子ども達を対象にした活動と

大人の方々を対象にした活動とを継続的に行っています

また、昨年度は「バスツアー」を企画したりと活動内容を工夫しながら

活動しています

今回も自治会館を利用し「リラクセイション教室」を行いました

臨床心理学を学んでいる学生のみなさんで

心理リハビリテーションチームとして宮古市に訪れています

「肩こり」「腰痛」「身体が重い」「寝つきが悪い」などの身体の疲れや気になるところを

改善することが出来るそうです

実際に体験することで身体がすっきりし、楽になり、歩きやすくなるそうです

自分一人で出来る方法も教えてもらえるので自宅でも気軽に行うことが出来ます

なかなか運動の機会も減り、決まったところしか動かさなくなりますが

いつまでも健康に元気に過ごすためには日々の積み重ねが大事なんですね

何度も活動に来ていることから住民のみなさんとも顔なじみ

それぞれが住民の皆様に寄り添って話を聞いています

福岡女学院のみなさん、ありがとうございました

コメント