宮古市生活復興支援センターブログ

「宮古市災害ボランティアセンター」は、9月13日から「宮古市生活復興支援センター」に移行しております!

寒さを吹き飛ばせ!!

2015年01月30日 13時02分04秒 | ボランティアセンターニュース

みなさん、こんにちは

本日は午後から雪予報の宮古市

都心でも雪が積もっているようですね

積もらなければいいのですが・・・

ここ何日か朝晩の冷え込みも厳しく、寒さが続いていますが

そんな、寒さを吹き飛ばす、ぽかぽかになるもの

足湯

岩手大学の学生さんが心を込めて住民さんへマッサージをしながら

足湯を行っていました

足先はどうしても冷たくなってしまうので、ゆっくりと温めることで

身体の芯からぽかぽかに

足湯の他にはハンドタオルを使ってのぬいぐるみ作り

タオルにフェルトで目や舌を付けることでかわいい

にわとりや犬、うさぎが完成

また、カラー輪ゴムを使ってのブレスレット作り

小さい輪ゴムをひとつひとつ丁寧に繋げていきます

細かい作業なのでみなさん真剣

家にあるものをリメイクして作れるからいいですよね

岩手大学のみなさん、ありがとうございました

 

 


コメント

田老地区摂待サロンの様子で〜す!

2015年01月28日 09時12分07秒 | ボランティアセンターニュース

こんにちは〜寒い日が続くかと思えば、なんか温かい日もあったり変な天気です。雪も降るか降るか待ち構えているところですが、降りませんね〜。

今日は、田老地区摂待サロンの開催日でした。高齢の方の参加が多い摂待地区は、みなさん摂待独特の押し車で来られまーす。

摂待サロンでは、みなさん久しぶりにお会いして話に花が咲いていました。

みなさん病院に出かける以外は、なかなか外に出る機会が少ないとの事で、サロンの開催を楽しみにしてくださっていました。

今回はジェンガをして盛り上がりました。

皆さん、なかなかお上手

ちょっと一休みに・・・甘酒を1杯

来月も皆さんが集まって楽しめる場所となりますよ〜にそれではお風邪など召しませぬようお気を付けください

コメント

重茂地区 世代間交流♪

2015年01月26日 13時02分11秒 | ボランティアセンターニュース

「でんでん!!!」

体育館中に響き渡る子ども達の声

 

この日、重茂・千鶏地区の小学校体育館で

ふれあいいきいきサロンひまわりの会さん

の呼びかけで子ども達と一緒に交流会が行われました

千鶏小学校は津波の被害に合い、現在は重茂小学校と統合し、千鶏の子ども達も重茂小学校に通っています

学校は使用できなくなったものの、体育館は改修

地域の皆さんで利用できる交流スペースとなりました

 

そして本日の始まりはカルタ大会

 

 

宮古ではカルタを取るときに

でんでん

と言うんですね

色々なグループで「でんでん!!」という声が響き渡っていました

 

その後はボーリング

 

その後は皆さんでお餅を囲んで食事会

やっぱりお正月はお餅ですね

 

千鶏地区は漁業がとても盛んです

なかなか仕事が忙しく、地域で集まる機会が持てない…

でも、少しでも皆さんの顔が見れるように住民さん同士の声掛けでたくさんの人が集まっています

自然と行われる世代間交流

皆さん子ども達の名前もバッチリです

子どもから大人まで、とても身近な存在なんですね

「子どもの顔を見るのが楽しみだし、ご近所さんと会うと安心します

そんな言葉をいただきました

ほっこりですね

取材させていただき、ありがとうございました

 

 

コメント

よっとでんせぇ〜

2015年01月23日 10時52分19秒 | ボランティアセンターニュース

今日の宮古市は8℃

1月としてはあたたかい日となりました

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

 

さて、今回は鍬ケ崎地区の手芸サークル「糸っ子の会」の新年会の様子をお伝えします

 

こちらは、先日オープンした鍬ケ崎地区の仮設集会所「よっとでんせ」を利用して行われました

 

 

 

糸っ子の会の方々はみなさん、お母さん方なので料理がおいしそうです!

 

 

このように「よっとでんせ」が地域の活動場所となるのはうれしいですね

 

これからも地域の活動を取材していきますので、よろしくお願いします!

コメント

餅つき交流会!

2015年01月21日 08時38分31秒 | ボランティアセンターニュース

1月15日(木)、「小正月」−田老福祉センターに於いて近隣住民のみなさんと餅つき交流会を行いました。天気予報では、雨の確立が高かったのですが、地域住民のみなさんや田老児童館のみなさんの「よいしょー!よいしょー!」の掛け声と笑顔パワーで雨雲さんも遠慮してくれていました。

田老児童館の子どもたちも参加しての餅つき!何度突いても、面白いんでしょうね「もう一回もう一回」と列に並んでいました。

餅つきをしている我が子にお母さんたちも、ほっこり笑顔

地域住民の方は、「さすが!」慣れていらっしゃいました手早に、蒸したての、もち米をペッタンペッタン・・・合いの手をしている職員とも息ぴったりです!

古き良き伝統行事を介して近隣住民のみなさんの交流の場を提供できたのではないでしょうか突立ての餅も最高でしたが、皆さんの笑顔は更に格別!ごちそう様でした

最後に児童館の子どもたちから、みづき団子のお飾りのプレゼント!

みなさん、ありがとうございました。

コメント

認知症について

2015年01月19日 12時01分51秒 | ボランティアセンターニュース

みなさん、こんにちは

本日は「サンホームみやこ」のみなさんの仮設住宅での活動の様子をご紹介します

市内4ヶ所の仮設住宅でサロン活動を定期的に行っています

今回のテーマは認知症を学び地域で支えよう

4ヶ所合同で行いました

まずは、体操から

真剣にひとつひとつ考えながら行う人もいれば間違えて大笑いする方も

指先を動かすことや笑うことは脳への刺激になって良いそうですよ

 

認知症を分かりやすく住民のみなさんに伝えるために

今回は寸劇を職員のみなさんが実施

迫真の演技

第1の場面、第2の場面と役者が変わります

参加者のみなさんからは「すごく分かりやすかった」や

「日常生活にありえることだから、常に声掛けを大切にしたい」と

思いが伝わったようです

地域で支え合えるとみんなが安心して生活できますよね

 

おやつには手作りの大判焼き

すごくおいしそうですね

出来立てのあたたかい大判焼きをみんなで食べて楽しい時間を過ごしました

コメント

☆きびっちょ☆〜みずき団子づくり〜

2015年01月16日 09時38分45秒 | ボランティアセンターニュース

みなさん、こんにちはっ

 

今日の宮古は、さわやかな青空

いつもよりあったかい1日です

 



さて、今日は上鼻地区で行われた

「みずき団子づくり」の行事をご紹介します

 

 

この日、地域の高齢者の方々と子ども会のみなさんで行うということをお聞きして

参加させていただきました

 

会場を訪れると・・・




こんなにたくさんの地域のみなさんが集まって、

お団子づくりが始まっていました




こんな形のお団子までっ


これ、何の形なんだろう・・・・・・?????





答えは、この中にありましたっ ↓ ↓ ↓




みなさん、分かりましたか?


きびっちょ(急須)の形だったんです


こうしていろいろな物の形をつくって飾るんですねぇー


昔は急須のことを”きびっちょ”と言っていたことも初めて聞きましたっ







みんな作り方を教えてもらいながら、

とっても楽しそう






飾り付けも、1つでも多くつけようとみんな一生懸命です

 

 

 

 

 

 



さ、あとは食べるだけ

と、その前に、お団子をゆでる時間をつかってゲームタイム





まずは”上鼻カルタ”









このカルタ、実は高齢者の方々の手作り!!!



上鼻地区にちなんだ内容でつくられています







「昔、あそこにこんなお店があったんだよー」とか

子どもたちの知らない上鼻のお話も聞きながら、

みんなこんなに前のめりになって本気です







こうしてゲームをしながら楽しんでいると・・・

お団子が出来上がってきました



テーブルにずらっとお皿が並ぶと、

みんな食べたくてうずうず・・・・・・







「いただきます!」の声に合わせて、

勢いよくみんなが食べ始めます







とっても美味しそうだがねぇー





みんながつくって、笑って、楽しんだから

さらに美味しく感じたんじゃないでしょうか??


地域のあったかさを感じたひとときでした



上鼻のみなさん、ありがとうございました

コメント

盛岡第二高等学校のみなさんありがとうございます

2015年01月14日 16時11分01秒 | ボランティアセンターニュース

1月11(日):田老地区 晴天・風吹き・日中気温はー2度。

そんな中盛岡より第二高等学校のボランティアのみなさんが田老に来られました。学校で参加者を募り「ぜひ参加したい!」とうい生徒50名!

樫内・グリーンピアグランド・グリーンピアテニスコート仮設集会所、3か所に分かれて住民の方と交流を行いました。住民の方からは、震災の日の事、それからの暮らしについてお話して下さいました。生徒さん達は真剣な表情で聞き入っていました。

茶道部によるお茶の御手前が披露され皆さんにお茶を振る舞われ、手作りのクッキーや石鹸、しおりのプレゼントも

マンドリン部による演奏の後は、住民のみなさんにもマンドリンの弾き方を教えてくれました。「懐かし〜」とおっしゃりながら、触れていました。

ハンドベルの演奏では、優しい音色に皆さん聞き入っていました〜

 

応援団のよる応援歌は、迫力と気品にあふれていて感動を覚え感動で涙を抑えるのに必死でした。写真だけでは伝わらないのが残念・・・本当に感動でした。

住民さんとの交流のあとは、記念写真!

生徒さんや住民のみなさんの、この笑顔を見ていただければお分かりになって頂けるでしょうか!想いと心が通じ合った交流。お互いが、目には見えない何かを与え・目には見えない何かを貰った・・・そんな素敵な時間でした。

 

コメント

重茂地区の様子!

2015年01月13日 14時54分22秒 | ボランティアセンターニュース

みなさん、こんにちは

まずは、写真から!!

こちらは先日重茂地区で撮った写真

この日はとってもいい天気 海が近い重茂地区からは綺麗な青空が広がっていましたよ〜

 

本日は現在の重茂地区の様子をお伝えしたいと思います

市内から離れている重茂地区、現在は週に1回仮設住宅等の巡回に行っています

市内各地区災害公営住宅や造成地工事が行われていますが、先日行った重茂地区でも進んでいましたよ

造成は3月に終了予定 

 

こちらが完成図

仮設住宅等からここへ移り、皆さんが安心して暮らせる場所になるかと思います

 

そして、他にも新たにコミュニティスペースが出来ていました

こちらの立派な建物は、日本財団さんからの寄付で建てられたそうなんです

名称は「重茂コミュニティ番屋」

完成した時にはもちまきも行ったそうですよ〜

 

震災後集まる場がなくなった地区も多くあります

建物が残っていても、なかなか今までのように行事などが出来なかったりするんですよね。。。

 

地域を訪問した際には、「今年からやっとお祭りをやる事が出来たんだよ

なんて嬉しい声も聞こえてきていました

 

ここの番屋さんもこれから住民の皆さんのコミュニティスペースとして、活躍するのではないでしょうか

 

少しずつですが、地域活動も以前のように戻りつつある重茂地区

今後は造成地区・地域に目を向けた支援もしていきたいと思います

 

 

コメント

それー!!

2015年01月11日 17時27分59秒 | ボランティアセンターニュース

みなさん、こんばんは

晴天に恵まれた本日、総合福祉センターでは

子ども会育成会連合会による「世代間交流のつどい」が行われました

 

餅まきから始まり、自分達が食べるお餅をみんなでつきます

子ども達は興味深々

お餅つきの順番待ちは大行列

 

はじめはお米粒が見えていたのに・・・

 

みんなで交代交代についていくとあっという間においしいお餅に

仕上げはボランティアに来てくれていた箱石くんがついてくれました

お餅はきなこ・あんこ・醤油砂糖と3種類の味付け

 

みんなおいしそうにほおばっていました

 

その他、竹とんぼ協会さんの協力で竹とんぼと竹笛のプレゼント

お父さんに教えてもらいながら「それー

最初はうまく行かなくても練習していくうちに空高くまで飛んでいました

お餅をおなかいっぱい食べた後は輪投げゲームで勝負をし今日のイベントは終了しました

子ども達の楽しそうな笑顔にほっこり

また来年が楽しみです

 

 

コメント

新装スペース&職員研修♪

2015年01月08日 11時57分52秒 | ボランティアセンターニュース

本日は総合福祉センターで行われています活動の様子を紹介します

 

まずはこちらから

スペースを一掃して、丸テーブルを配置

皆さんの打ち合わせスペースとしてももちろん、少し休憩がてら利用して頂いてもOK

その後ろには掲示板スペースを設置

地域の活動の様子や生活復興支援センターの活動についてどんどん紹介していきます

これからみなさんの使いやすいスペースにしていきたいと思います

楽しみにしていてくださいね

 

さて、続きまして職員同士の研修の様子をお伝えします

社外で学んできたことを職員間で共有し、職員が地域で活用できるようにすることが目的

講師は研修を受けた職員

 

今回のテーマは

「仮設住宅から災害公営住宅に移行していく上での支援活動について」

災害公営住宅への移行期は入居者や受け入れ側にとってはとても大きな負担であり、心配している部分でもあります

でも、裏を返せば、地域の力を付ける絶好の機会

これを地域のみんなで協力すれば、大きな地域力を生み出すことが出来る

そのためにも課題解決力をつけていくことが大切

それは実践の積み重ね

 

これからの住民活動には欠かせないことをたくさん学びました

研修を受ける職員もこれからの活動の知恵として地域に還元することが出来ますし、

講師として研修をした職員にとっても、プレゼン力や、説明する力が身につきますね

これからも職員のスキルアップを通して、皆さんのお力に少しでもなれるように頑張っていきたいと思います

 

 

 

 

コメント

今日は晴天!強風なり

2015年01月07日 15時00分47秒 | ボランティアセンターニュース

あけましておめでとうございます。宮古市社会福祉協議会田老福祉センターより今年もブログを発信したいと思いますので、どうぞよろしくおねがいします。

本日、田老地区は晴天なり・・・ただすごい風!暴風!台風なみの風が吹きあれています。デイサービスに来ているかたも強風の為、車の乗り降りから家にたどり着くまでに一苦労!職員も利用者の方が強風にあおられないよう細心の注意を払って送迎をしました。

玄関の中まで強風で枯葉が・・・!

この様な天候の中、グリンピア三陸みやこテニスコート仮設では、フットケアサークルの方によるハンドケアマッサージが行われました。

アロエベラ液を使ってのマッサージは、「とって〜も気持ちよさそう

マッサージの後は、手が10歳くらい若返ってみえました。浮腫みもとれて「手が軽い〜」との声も聞かれていました。ハンドケア講習会も開かれ、講習を受けた方(男性の方)もボランティアでハンドケを実際に行っていました〜

「久しぶりに、おどご(男)の人に手~触られだ〜ぁ」と照れていましたが、血流は上々!?

〜ハンドケアで触れ合いを〜心も手もぽっかぽかのひと時でした。 

コメント

2015年!!

2015年01月06日 17時22分36秒 | ボランティアセンターニュース

新年あけましておめでとうございます

 

2015年も多くのボランティアや市民のみなさまに支えられ

 

活動を展開していきたいと思います

 

今年はひつじ年

 

あたたかく包み込むような関わりを多くのみなさまと築き上げていければと思います

 

今年も一年よろしくお願いいたします


さて、新年初のブログは宮古西中学校の生徒さんの活動を紹介します

年初めといえば年賀状

総合福祉センターに毎年年賀状を届けてくれる生徒のみなさん

全校生徒一人一人が一枚ずつ心を込めて書きました

総合福祉センターの利用者さん分を代表してデイサービスに来ている利用者さんに贈呈

 

利用者のみなさんと一緒にレクリエーションも行いました

 

レクリエーションは紅白に分かれての対決

 

みなさん、負けないように一生懸命イスめがけて玉を投げます

 

また、西ヶ丘地区の仮設住宅へは生徒さんが1軒1軒訪問し

年賀状を配布しました

直接手渡しでもらえると喜びも倍増しますよね

 

西中学校の生徒のみなさんのクリスマスカードと年賀状の配布は

今年で3年目

仮設住宅分は美術部の生徒のみなさんが作成し、配布を行っています

先輩から後輩へ引き継がれていく活動のひとつになっています

これからもよろしくお願いします

 

 

 

 

コメント

ウクレレ♪

2014年12月26日 17時40分57秒 | ボランティアセンターニュース

みなさん、こんばんは

クリスマスは楽しく過ごされましたでしょうか

本日は地域にある地区センターを使って行われたイベントを紹介します

毎度お馴染みのウクレレサポート協会の山本様から連絡があり開催となりました

 いつものメンバーに加え、今回はスペシャルゲストとして

elliさんが演奏に

「うっちゃんなんちゃんのやるならやらねば」のエンディングを手掛け

今年はNHK「みんなのうた」にて「南の島のココナッツ」の放送が決定するなど

たくさん活躍されています

演奏の最後には缶バッチのプレゼントがありました

ウクレレサポート協会のみなさん

elliさんありがとうございました 

 

年末年始のボランティア活動は

12月27日(土)〜1月4日(日)までお休みとなります

今年も1年たくさんの皆様に支えられ宮古市生活復興支援センターでは

活動を展開していくことが出来ました

来年も引き続きよろしくお願いいたします

みなさま、よいお年を・・・

コメント

皆さんに支えられて…(イカとシクラメン)

2014年12月25日 16時37分33秒 | ボランティアセンターニュース

「おーーーーーーーーーーい、

持ってきたぞーーーーーーーーー

 

宮古市総合福祉センターに響き渡る声・・・

 

この声は…

 

自治会長さんっっ

なんと、イカを持ってきてくれました

さすが、海のまち、宮古…

おすそ分けも豪快です、約80杯はいるでしょう

 

「職員のみんなで食べてくれー!!

とのことでたくさん持ってきてくれました

本当にありがとうございます

職員で美味しく頂きました

 

 

 

そして次の日…

 

「お届け物でーすっ

宮古市総合福祉センターに響き渡る声…

 

 

 

 

 

 

そう、郵便屋さんの声

 

段ボールを開けてみると…

なんと素敵なシクラメンの花が

 

届け先を確認してみると…

 

ずっと継続的にボランティア活動してくれていた

松本俊也さん

からでした

 

昨年もクリスマスの時期にはシクラメンを贈って頂きました

本当にありがとうございます

 

 

シクラメンを囲んで、写真撮影

美しいですね

 

総合福祉センターの受付に飾らせていただきました

 

社協の活動もみなさんに支えられてできているんだなと実感します

本当にありがとうございます

どんなときにも支え合いですねっ

 

 

 

コメント