宮古市生活復興支援センターブログ

「宮古市災害ボランティアセンター」は、9月13日から「宮古市生活復興支援センター」に移行しております!

どーもどーも♪

2014年10月15日 17時55分22秒 | ボランティアセンターニュース

みなさん、こんにちは

本日は市内で行われたイベントの様子を紹介します

毎年、仮設住宅でイベントを行っているイーフォレストさん

今年は保育所で実施をしてもらいました

今回の活動内容はパステルシャインアート

 

パステルシャインアートとは

ドライウォッシュ技法といってハードパステルを粉状に削って

カラフルなオリジナル色を創りながら綿でこすり描く

誰にでもカンタンに出来る癒しのアートです

本当に簡単に出来るので子ども達も夢中になって行っていました

あれあれ園児と一緒に座っているのは

ウクレレ演奏者「デイジーどぶゆき」さんではないですか

デイジーさんはウクレレ演奏を市内の仮設住宅等で継続的に行っている方です

以前もブログで紹介させていただいております

他地域での演奏会があるとのことで岩手に来ており、イーフォレストさんとも繋がりがあり

縁と縁が繋がって今回同時開催となりました

電話が来た時にはびっくり

改めて繋がりの大切さを感じ、嬉しくなっちゃいました

絵が完成した後はどーもくん登場

子ども達は大喜び

デイジーさんのウクレレ伴奏に合わせて「花は咲く」をどーもくんと一緒にみんなで歌いました

帰りはどーもくんにご挨拶「どーもどーも」と握手をしながらお礼を言っている子ども達

今日のタイトルはここから取りました

子ども達の笑顔に癒され、たくさんの元気をもらえました

イーフォレストの皆さま、デイジーさんはじめウクレレサポート協会の皆さま

ありがとうございました

コメント

宮古Ultra復興祭♪

2014年10月15日 16時33分12秒 | ボランティアセンターニュース

みなさん、こんばんは

台風が過ぎ去り、本日は晴天に恵まれている宮古市

本日は10月12日(日)、13日(月)と行われた

「宮古Ultra復興祭」の様子をご紹介します

宮古市内の中心地の商店街で行われる復興市は夏と秋と年2回開催されます

夏の時は天候が不安定でしたが秋は大晴天

多くのお客様で賑わっていました

今年は紅白出場もしている演歌歌手「福田こうへい」さんのライブもあり

会場は大混雑

さんまの七輪焼き体験コーナーやさんまのつみれ鍋など

沿岸ならではの海の幸が目白押し

今年は「仙台すずめ踊り」

「盛岡さんさ踊り」のパレードもありました

その他、仮設住宅の住民さんが作った作品の販売や宮古商業高校の生徒さんによる

物産販売実習会=チャレンジショップなどなど

また、秋の復興市には同時開催ではあとふるフェスタが行われ

〜障がいのある人もない人も、みんな街に集まろう〜をテーマに

お祭り広場のスタッフには障がいのある方も入り盛り上げていました

キャップハンディ体験コーナーもありました

キャップハンディ体験コーナーの前では高校生のハンドメイドアクセサリー

「KOMOREBI」の販売コーナーもかわいいアクセサリーがたくさん

2日間とも、雨に降られることなく無事に終了しました

年々、盛りだくさんになっていく復興市

来年がまた楽しみです

興味がある方は是非、来年宮古市に遊びに来てください

コメント (1)

愛宕地区交流会!!!

2014年10月14日 11時17分19秒 | ボランティアセンターニュース

皆さんこんにちは

 

先日、愛宕地区のコミュニティスペースを利用して、交流会を実施しました

 

愛宕地区は被災地区でもあり、被災後世帯数も少なくなり、住民同士の交流も減っていしまいました

学校も近くにあり、子ども達の声であふれる地域でもあったのですが、学校の閉校に伴って、

大人同士のお付き合いも減ってしまいました

また、高齢化も進んでいます

 

そのため、今回は宮古商業高校のJRCボランティアサークルに協力をいただきながら

 

ひゅうず作り

 

宮古弁カルタ・山田弁カルタ大会

を実施

 

地域の住民さんと一緒に交流を図りました

まずはひゅうず作りから

皆さんさすがです…高校生もこの日のために一生懸命練習をしてきたのですが、

気づいたらば高校生の皆さんが住民さんに教えてもらっている状態に…笑

 

※ちなみに「ひゅうず」とは・・・?

岩手県の沿岸地方の郷土料理で、クルミと黒砂糖を練った餡を小麦粉の皮で包んでから茹で上げたものです。 外見は餃子にそっくり

 

ゆであがるまでにみんなで宮古弁カルタ

 

 

最初はなかなか見つけられないものの、皆さん慣れてくると

「でんでん!!!

と言いながら、カルタを取っていました

山田町や宮古市ではカルタを取るとき「でんでん」といいながらカルタを取る文化があるんですっ

 

そしてカルタをしている間にひゅうずができあがり

みんなで作ったひゅうずはもちろんみなさん「美味しい!!」と楽しく会話も弾みながら話していました

最後に住民さんから

「楽しかったよ、また来てね

とのお言葉もいただき、高校生の方々にもボランティア活動にもやりがいを感じて貰えたのかと思います

高校生の皆さん、ありがとうございました

 

コメント

鍬ヶ崎地区交流会!!!

2014年10月07日 16時53分12秒 | ボランティアセンターニュース

みなさんこんばんは!!

 

昨日の台風は大丈夫でしたか

今日は宮古は台風一過で天気もよく、日中はとてもポカポカ

しかし、朝と夜はとても寒くなってきました

防寒対策をしっかりしてくださいね!!

 

さて、先日日曜日に鍬ヶ崎地区にて

鍬ヶ崎地区交流会

を実施しました

たびたび、このブログでも紹介してきましたが、

鍬ヶ崎地区には、仮設集会所「ODENSE2」が建設されていました

しかし、鍬ヶ崎地区は区画整理事業により、そのODENSE2とも今年7月にお別れ…

鍬ヶ崎地区の交流スペースの拠点となっていた場所でもあったので、

住民さんの交流も減少…

 

そこで

鍬ヶ崎小学校にこんな大きなテントを建てて、交流会を企画しました

 

今回は智田先生にお願いして音楽療法を実施

歌や踊りを織り交ぜながら楽しく実施して頂きました

 

 

また、歌や踊りの後はレクリエーションも実施

スカットボールで盛り上がりました

また、その後はお茶会で皆さんほっこり

少し肌寒い中で、暖かいコーヒーやお茶を囲んで皆さんで楽しくお喋り

 

集会所からは少し距離が遠くて普段来ることが出来ない住民さんも今回は多く参加

住民さんからは

「普段家にいてばかりでなかなか外に出る機会がなかった久しぶりに大きな声で笑ったよっ

とお話していました

 

これから復興に向けてまだまだ時間はかかるかもしれませんが、

こういった交流会を通して、少しでも皆が元気になればいいですね

 

コメント

仮設住宅災害公営住宅自治会情報交換会!!!

2014年10月03日 18時02分22秒 | ボランティアセンターニュース
みなさんこんにちは

宮古市社協では9月27日(土)28日(日)にかけて
仮設住宅災害公営住宅自治会情報交換会&交流研修会
を盛岡で開催しました

今回は新潟中越沖地震の事例から学ぶ
 
「住民主体活動について」
 
ということで、
長野県社協の山崎さんに当時のお話や復興公営住宅での住民活動を紹介していただきました
柏崎市における除雪ボランティア活動についてや、当時の生活支援相談員活動の様子などなど、
住民さんの研修会ではありますが、社協の私たちも学ぶ部分がたくさんありました

また、柏崎市はNPO活動も盛ん

柏崎市では駅前に公営住宅が集中していることから

「駅前サロン」

をNPOが積極的に実施

サロンと言っても、予めテーマを設けず、集まったメンバーで趣味を生かした活動を展開

体操や音楽イベントなどを皆が楽しく参加できるように工夫されています

 

また、住民さんも自分の地域に照らし合わせながら、真剣な表情で話を伺っていました


その後は皆さんで情報交換を実施。転換期であるこの時期からこれからにかけて自分たちでできること、みんなで協力してできることはなにかを話し合いました

 

 

入居者同士の交流、被災した人たちが既存地域の方々交流していくためにはどうしていけば良いか、などなど

具体的にグループワークを通して皆で話し合いをしました
 
 
 
皆さん真剣に悩まれています…。。。
 
これから仮設住宅から災害公営住宅への転居が進んでいくため、今までのコミュニティの維持に加えて、新たな転居者との
交流をどうしていくか…どこの住民さんも悩まれている様子でした
 

先進事例に学びながら、これからの地域活動に結び付けていくことができるきっかけになったのではないかと思います
また、情報交換の中で、住民さんが感じていることや課題と感じていることを他の方々と共有して、新たな発見もあったようです
 
 
 
参加された住民の皆さん、お疲れ様でした
 
コメント

☆第1回目高浜地区交流会☆

2014年10月01日 18時37分04秒 | ボランティアセンターニュース

皆さんこんにちは!

ここ最近は秋晴れが続き宮古市はいい天気ですよ〜

いい天気はやっぱりイベント日和ですね

 

ブログでご紹介するのが遅くなってしまいましたが、、、ごめんなさい・・・

8月の下旬

この日もとってもいいお天気の中、第1回目となる「高浜公営住宅」でのイベントが

開催されました

高浜公営住宅でのイベント開催は今回が初めて

今回イベントを企画してくれたのは、静岡県掛川市社会福祉協議会のみなさん

掛川市の社協の職員の皆さんは震災後派遣職員として宮古市に来てくれていた

繋がりがあり、お世話になった皆さんなんです

そんなみなさんから是非宮古市で活動したい!との連絡を頂き、今回イベント開催

となりました

企画して頂いたイベントの内容は盛りだくさん

・かき氷

・スーパーボールすくい

・冷茶(掛川茶)

・手作りコーナー

・抽選会            

などなど子どもから大人まで楽しめる内容ばかり

当日は掛川市社協のみなさん!掛川市のボランティアのみなさんが

来てくださいました

初めてとなる高浜公営住宅でのイベントでは地域のみなさんとの交流の場となるように

近隣の既存住民の皆さん、近くの仮設住宅住民の皆さんにも声掛けをし、たくさんの方々に

参加して頂きました

子ども達もたくさん

 

手作りコーナー ビーズストラップ、紙風車作り!

他にも掛川市の紹介やハーモニカ演奏なども披露して下さいました

駐車場を利用し外での開催だったんですが、イベント盛りだくさんのおかげで

会場は大盛り上がり

入居者だけでなく、近隣のみなさんとの交流の場となりました

私たちも一緒に参加させて頂いた中で、みなさんとたくさんお話ができ、

交流することができました

またこのような交流の場として、高浜公営住宅でのイベントを企画していきたいと思います


静岡県掛川市社会福祉協議会のみなさん!

掛川市内ボランティアのみなさん!!

ありがとうございました

コメント

崎山まつり 2014 夏!!!

2014年09月05日 14時11分53秒 | ボランティアセンターニュース

みなさんこんにちは!!!

 

もうすっかり気温も下がり、気づけば9月になっていました…

でもこの間の日曜日は暑かったり…気温差が激しいです

皆さん体調を崩さないように気をつけてくださいね!!!

 

さて、本日は先日8月24日(日)に行われました

「崎山まつり 2014 夏」

について紹介したいと思います

 

崎山地区は震災後他の地域から住宅再建地として選ぶ方が多くいます

しかし、なかなか元々の住民との交流が少ないといった現状があります

そんな背景から

「転居者の方々に崎山がいい所だと感じてもらいたい

「これをきっかけに崎山に誇れるイベントを作ろう

と地域の住民や自治会をはじめ、多くの関係者が立ち上がりました

それが「崎山まつり2014夏」

自治会や民生委員、公民館、小中学校、PTA、商工会議所青年部など多くの関係者が関わり、実施していくこととなりました

 

さて、そんな背景がありながら当日の様子をご紹介していきたいと思います

 

始まりのオープニングセレモニーは

小学生の「ソーラン節」

 

 

続いて崎山保育所のお遊戯「にんじゃりばんばん」

 

めんこい…癒されます

 

そして崎山中学校の「合唱」

 

女性のキレイな歌声と男性の奥深い声のハーモニー…素敵です

 

 

 

そのあとはカラオケ大会

これは今まで公民館行事として、おこなわれていましたが、今回は崎山まつりと合わせて実施することとなりました

 

皆さんうまい

 

レベルが非常に高いです…

 

外のブースも盛りだくさん

 

 

崎山中学校PTAさんの「巨大流しそうめん大会」

約40メートルの流しそうめんとなっております

子ども達も大喜び

 とてもおいしそうに食べていました

 

公民館さんの「縄文古代米もちつき交流会」

なんと!!!

通常のもち米に古代米をブレンドして作ったもの

古代米独特の色で味も抜群!!

 

そのほかにも地元の方々の朝市の会さんによる「産直コーナー」、わかたけ会さんによる「わかたけ会コーナー」、商工会議所青年部さん「やきとり、北上コロッケコーナー」、崎山中学校PTAさんのドリンクコーナー、

社協でも「かき氷、わたあめ、ポップコーンコーナー」「巨大トランポリンコーナー」など本当に盛りだくさんのコーナーが展開されていました

 

イベントの間には地元出身のバンド「ステファニーズ」のミニライブも行われました

ステファニーズさんは宮古市崎山出身のアーティスト

地元に帰ってきて凱旋ライブは地元を盛り上げますね!!!

 

また、小田代直子さんにも出演いただきました!!!

 

最後には皆で大抽選会

みなさんわくわくしながら自分の番号を呼ばれるのを待っていました

 

当たって喜びを皆さんに表現しています

 

今回のイベントを通して、地元のイベントを地元の住民で作り上げていく「地域力」

強く感じることができました

住民さん1人1人が宮古市・崎山に愛着を持っているんだと思います

準備を進めて下さった崎山まつり実行委員会の皆さん、お疲れ様でした

 

 

コメント

警察学校による♪「防犯寸劇!!」

2014年08月27日 16時11分43秒 | ボランティアセンターニュース

みなさん、こんにちわ

朝晩すっかり涼しくなりましたね

 

今日は、河南仮設住宅で行われた

「防犯寸劇!!」の様子をお伝えします。

 

警察の皆様には、いつも仮設を巡回していただいています。


今日は、警察学校の生徒さん33名が11名ずつ分かれ

宮古、釜石、大船渡へ訪れていただきました。

宮古警察署の皆様と一緒に

仮設住宅を1件ずつ巡回し、

会話がはずんでいました。


その後には、自治会さんによる

「夏野菜カレー」を用意していただきました。

警察のみなさんと住民の皆様の交流会も話がはずみます

昼食後には、いよいよ「オレオレ詐欺」寸劇が始まりました。



寸劇では、「オレオレ詐欺」にだまされる人と

だまされない人の違いが、分かりやすく表現されていました。

きちんと警察に相談し、息子にも念のため確認の電話をした場合

見事犯人を捕まえることができました

寸劇の内容が分かりやすく、笑いも絶えません


帰りは、みなさんで写真をパチリ



最後に警察から、注意事項を教えていただきました

非通知の電話には出ない

話をじっくり聞かない

留守電にしておき、相手が誰か分かってから電話に出ること


だまされないと思っている人ほど、だまされやすいとのことです

あやしいと思ったら、誰かにすぐ相談しましょうね


 大事なお知らせです 

今週、9月7日(日曜日)

「わくわくまつり」があります

11:00〜”寸劇”の講演もあります。

ぜひ、総合福祉センター(宮古市小山田)まで

足をお運びください

お待ちしております〜

 





コメント

公営住宅♪住民交流会(*^_^*)

2014年08月21日 13時37分12秒 | ボランティアセンターニュース

みなさん、こんにちわ


急に涼しくなったり、蒸し暑くなったり

気温の変化が激しい8月ですね


仮設住宅では、ひまわりが空に向かって

元気に花を咲かせています

 

少し遅くなりましたが、「近内公営住宅」で行われました

”住民交流会”の様子をお伝えします


この日の気温は、なんと34℃

暑い中、住民の皆さまに集まっていただきました。


この暑さの中、

♪いわて教会ネットワーク♪ には

”たこやき”を焼いていただきました


社協からは、”かき氷”を用意


美味しい たこ焼き&かき氷 を食べながら

おしゃべり

その後は、みなさんで

懐かしい曲を唄って声を出しました


みなさんの素敵な歌声にうっとり〜


最後には、「百人一首」で盛り上がりました

いわて教会さんの「百人一首」のよむ歌声もすばらしく、

住民のみなさんのすばやいこと


「私は、できない・・・」と言いながら、

楽しそうに「百人一首」に夢中になっていました


近内公営住宅の1号棟が完成し、入居している住民さんがいますが、

まだ「集会所」がありません


この日、参加した住民さんからは、

「みんなで集まって、おしゃべりしたり、お茶のみもできなかったから

本当に楽しかった〜また、お願いね〜

と、とても喜ばれました


イベントに初めて参加したという女性の方からは、

「参加しようか、部屋でテレビ見ていようか迷ったが

参加してみて、本当に良かった

というお言葉をいただきました


これかも、住民の皆さまのお話しを聞きながら

交流会やイベントを企画していきたいと思います


いわて教会のみなさま

34℃の暑さの中、たこ焼きを焼いたり、歌を唄ったり・・・

本当にありがとうございました

 

 

 


 

 

 

コメント (2)

災害ボランティア情報!!

2014年08月19日 18時12分41秒 | ボランティアセンターニュース

8月15日からの東海北陸・近畿地方での大雨被害により

各地区で災害ボランティアセンターが開設されています

現地によって受入状況や活動内容が異なっています

 現地の情報を必ずチェックしてから、

現地の想いにそった活動をお願いします

各県の情報は全国社会福祉協議会HPで確認出来ます

 http://www.saigaivc.com/

ボランティア自身が体調等を崩してしまうと現地に迷惑がかかります

無理のない範囲でボランティア活動をお願いします

コメント

夏休み工作教室♪

2014年08月10日 15時38分26秒 | ボランティアセンターニュース

みなさん、こんにちは

台風の影響で宮古市も

気温も上がらず、寒暖の差に体調を崩されている方も多いと思います

体調管理には気を付けてください

本日は夏休みということで

「工作教室」が開催されました

夏休みの自由研究等、苦労しましたよね

少しでもお力になれればと東京土建一般労働組合の皆様が道具を持って宮古市まで来てくれました

今年で2回目の活動になります

昨年は仮設住宅の棚の取り付け作業も行ってくださいました

 

今回の工作教室の内容はイスフラワ―ポット

みんな、真剣な表情で作業に取り組んでいました

「あらあらっお父さんの工作になってるよ〜」

「もう、疲れたもん

とお父さん任せになっている子も

それでも最後はしっかり自分で釘打ち

「のこぎり使うのが難しかった

「釘打つ方が難しかったよ

と完成した作品を眺めながらお話ししている姿も

親子参加も多く、物づくりを通じて親子が触れ合う機会にもなったのではないでしょうか

工作教室が早く終わった子は「銅板教室」

銅板に釘を打ちつけていくとイラストが浮き彫りに

釘を打つ強さで見え方も違い、なかなか思った通りにはできないようです

教室終了後はみんなでご飯を食べて

記念撮影

工作教室以外にも射的コーナーや

スーパーボールすくいコーナーも

みんな思う存分楽しんでいました

東京土建一般労働組合の皆様ありがとうございました

 

お知らせ

宮古市のボランティア活動は

8月13日(水)〜17日(日)までお休みとなっております

コメント

ほっとほーむ懇談会!!!!

2014年08月01日 14時12分03秒 | ボランティアセンターニュース

みなさんこんにちは

宮古は非常に暑くなってまいりました…

仮設住宅や災害公営住宅も暑くなってきており、水分不足となっている人も多くお見えになります

高齢者の方々の中には、脱水に気づかず、水分を取らないでいる方もいます

相談員はそういった方々にも声をかけ、脱水症状にならないように気をつけてもらうように声掛けも行っています

皆さんもこまめに水分を取るように心がけてくださいね

 

さて、今日の話題は

ふれあいいきいきサロン「ほっとほーむ」懇談会

についてです

 

そもそも「ふれあいいきいきサロン」って?

高齢者の方々を対象にみなさんが大声で笑って、仲間と出会い、楽しい時間を過ごし、

楽しさや生きがい、閉じこもりがちにならず、仲間作介護予防にもなるサロン活動です

 

今回はそんな中で、普段ほっとほーむサロンに参加している宮古市内の住民さんが集まり、

普段の活動の様子を情報交換する場を設けました

参加者はなんと45名

大勢の方々が参加してくれました

情報交換の中では

「ほっとほーむの中で歌を取り入れたら元気になった人がいたほっとほーむの歌が欲しいなあ

「ほっとほーむをとても楽しみにしている住民さんがたくさんいるがんばらなくちゃ

「体操は介護予防にもなって、体の運動だけじゃなくて脳の運動にもなるからとても楽しい

など色々な意見がでました

今後も住民さん同士の交流の場を持てるよう支援していくことが必要ですね

 

「なかなか出るきっかけがない

「家で一人でいるより外で何かしたいけど、何をすればいいのかわからない…

「この地域にはサロンがないからサロンを始めてみたい

そんな悩みを持っている方々が周りにいたら是非ご相談くださいねっ

 

コメント

夏ですね♪

2014年07月28日 17時42分28秒 | ボランティアセンターニュース

暑い日が続いていますね

水分をとりながら、熱中症に気を付けたいですね

夏の風物詩のひとつ

「せみ」

仮設住宅の窓に飛んできたそうで、

見せていただきました。



こちらは、めずらしい「あさがお」


「ゆり」が咲きはじめています。

宮古市社会福祉協議会では

小山田の河川敷の花壇で花を育てています。

毎日、職員が交代で水やりをおこなっています。

河川敷の花壇も、お近くに来たときは、ぜひ、ご覧ください


宮古市内では、災害公営住宅の入居も始まりました。

現在は、2カ所で、高浜公営住宅と近内公営住宅です

生活支援相談員は、公営住宅の訪問もしています。




災害公営住宅のベランダでは

きれいに花を咲かせています。


災害公営住宅の入居時期が、バラバラのため

交流会の開催時期も検討中です

近内公営住宅では、集会所がまだ、建設されていない為、

住民から、「集まる場所がない」

「顔を合わせる機会が減った。」等の声が出ています。

今後とも住民さんの声を大事にしながら、

イベントや交流会を企画したいと思っています

 

 

 

コメント (2)

★生活支援相談員★&♪七夕飾り♪

2014年07月18日 11時39分13秒 | ボランティアセンターニュース

みなさん、こんにちわ

台風が過ぎ、急に暑くなったり、涼しくなったり

体調管理が難しい季節ですね

ちょっと遅くなりましたが本日は仮設住宅での七夕飾りをご紹介します

 

あじさいと竹を組み合わせ、和風な七夕飾り

みなさまの願い事が書いてあります

生活支援相談員は、仮設住宅を巡回、訪問しています


今の季節は、みなさまのガーデニングの話で盛り上がることが多いです


談話室では、顔なじみとなった住民と、話がはずみます

生活支援相談員は、これからも仮設住宅、みなし仮設、復興住宅を

巡回、訪問していきます


住民のみなさまが、安心して暮らせるよう日常生活全般にかかわる相談支援活動を

おこなっています。

お気軽にご相談ください



コメント

ODENSE2感謝祭

2014年07月16日 17時32分04秒 | ボランティアセンターニュース

蒸し暑い日が続いておりますが、みなさん熱中症にはお気をつけくださいね


 


さて、先日7月12日(土)に、鍬ヶ崎地区の仮設集会所、ODENSE2の感謝祭が行われました。


本日はその様子をお伝えいたします。

 

 


鍬ヶ崎地区の集会所として地域のみなさんをはじめ多くの方々に親しまれていたODENSE2ですが、鍬ヶ崎の区画整理事業着手により、解体、代替建設となります。


解体工事が開始される前に、鍬ヶ崎地区のみなさん、またODENSE2に関わってきた方々を招き、2年間の思い出を語り合う感謝祭を行うこととなりました。



感謝祭当日は、前日までの天気とは一変、台風一過の快晴でした



重茂地区にあるODENSE1、鍬ヶ崎地区にあるODENSE2の両集会所の建設に携わっていただいた、立命館大学さん、その建設の指導をしてくださった地元の大工の佐々木春雄さん、またODENSE2を利用してサロンやレクを行っていたボランティアの皆さんなど、多くの方が集まり、食事をしながら思い出を語りあいました



当日の食事は日頃よりODENSE2を利用して手芸活動を行っている「糸っこの会」のお母さん方に作っていただきました。



「糸っこの会」のお母さん方には食生活改善推進委員をやっている方もおり、とてもおいしい昼食でした。


外では社協職員によるかき氷の振る舞いも行いました。



こちらは子どもさん方に人気でした



みなさんに親しまれた集会所が無くなるのは悲しい、寂しいことですが、"仮設"集会所が残り続けるのではなく、こうしてまた復興への一歩がはじまったとも言えるのではないかと思います。


立命館大学さんの方では東南アジアのラオスのサッカー協会にODENSEと同様のドーム型の建物を建設するプロジェクトがあるそうです。


その際はODENSE2に使われていた材料を利用したいとも話していました。


遠い外国の地で新たな建物となり、宮古弁の「おでんせ」という名のとおり、みなさん分け隔てなく利用され、皆さんに愛される建物へとなっていって欲しいですね

コメント