宮古市生活復興支援センターブログ

「宮古市災害ボランティアセンター」は、9月13日から「宮古市生活復興支援センター」に移行しております!

春の訪れと作品展示会

2014年04月18日 14時02分15秒 | ボランティアセンターニュース

宮古でも桜が咲き始め、春を実感する今日この頃です。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。


さて、“花言葉”というものがありますが、もちろん“”にも花言葉があり、優れた美人」,「精神美」,「純潔」,「淡泊とのことです。ぱっと咲き、ぱっと散っていく、そんな桜の美しさを表しているのでしょうか。


あしひきの 山桜花 日並べて かく咲きたらば いと恋ひめやもという和歌が残っていますが、先人達も桜の華やかさ、潔さに魅かれていたのでしょう。


(2014.04.18市内某所にて)





 

今回は、5月9日(金)〜14日(水)末広町商店街,りあす亭にて行われます作品展示会についてご案内いたします。


 

昨年度に引き続き、今年度も仮設住宅集会所をはじめ、市内各所で手芸・工芸等活動されている方々の作品が展示されます。


 

 

私も昨年度、支援員として配置された談話室・集会所で様々な活動を目にしたり実際に参加しましたが、みなさま素敵な作品を作られていますね。ちなみに、私の作ったパッチワークキルトは現在パソコンのカバーに使用しております。


 

この機会にいろいろな作品をご覧になり、「どこどこではこんなのを作ってるのかぁ」,「今度はこれを作ってみよう」,「これはどうやって作るんだ?」と、日々の活動の参考になさってはいかがでしょうか。

 


みなさまのご来場、心よりお待ちしております

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

素敵な香り、、、

2014年04月14日 18時17分31秒 | ボランティアセンターニュース

みなさんこんにちは 最近は晴れが続いてますが、風が肌寒く感じる天気です、、、

だんだんにお花も咲き始めていますが、桜はもう少しですかね 

ボランティア団体さんでは今年も仮設を出てお花見をする予定をしているようですよ〜

そちらの様子も取材に行きたいと思っています

 

さて!今日ご紹介するのは遠くイギリスロンドンより活動に参加して頂いた

瀬口 紀代乃 さん親子

みなさん覚えていますか??昨年クリスマスには仮設住宅の皆様へとクリスマスカードと

お菓子を贈って下さったボランティア有志団体 ダリッジリンクのメンバーの皆さん!!

 瀬口さんはそのダリッジリンクのメンバー

今回は何か私たち親子にできることはないか、、、と活動内容を企画して頂き、

わざわざ宮古市まで足を運んでくださいました

その内容は。。。

お茶っこ&サシェ作り

サシェとは香り袋の事イギリス産のラベンダーを使った、香り袋の作り方を

教えてもらいました

お茶っこには、イギリスのお菓子そして、紅茶

集会所は紅茶とラベンダーのいい香り、、、、 その場に居るだけでも癒される空間

まったり素敵な時間が流れていました

お茶っこで休みながらの香り袋作り

13歳の娘さんも一所懸命教えてくれました 

アレもしかしてTシャツは親子でお揃いですかねめんこい、、、

そして、完成した作品がこちら

見た目もとっても可愛い香り袋です

ラベンダーの香りには、心の疲れを解きほぐすリラクゼーション効果があり、また人間のココロ・カラダ・お肌などすべてのバランスを

整えてくれる作用があるそうなんですよ〜

他にも!!

防虫・消臭効果があり消臭剤代わりにタンスや引き出しに入れてもOK 万能な香り袋です

これから住民のみなさんのもとで大活躍する香り袋になったんではないでしょうか、、、

素敵な仲良し親子のお二人にも癒されました

宮古市以外の地区でも活動した瀬口さん親子

遠くロンドンからお越し下さり本当にありがとうございました

 

                                                                                                                                                                               

明日の活動予定

・カフェ

・レク・体操                                                                                 

 

コメント (1) |  トラックバック (0) | 

春は名のみの風の寒さや

2014年04月11日 15時12分24秒 | ボランティアセンターニュース

 

「寒さ暑さも彼岸まで」とは言いますが、「春は名のみの風の寒さや」とはよく言ったもので、東北、宮古はまだまだ肌寒さが続いております。皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。今回、初めてブログ更新を担当させていただいております。


新年度にともない、宮古市生活復興支援センターは新たな体制となり活動しております。生活支援相談員についてはこれまで通りの配置、また、さらなる地域コミュニティの充実に向けて地域コーディネーターを増員しました。なお活動については被災世帯の自力再建、災害公営住宅への入居開始にともない新しいコミュニティ形成に向け取り組んで参りますので今後ともよろしくお願いいたします。



 


さて、今回は先日行われた近内地区の交流会についてご紹介いたします。

 

当日はあいにく天気も悪かったですが、近内地区周辺の仮設住宅にお住まいの方をはじめ多くの方、子どもから大人までにご参加いただきました。

 

カルタをしたり・・・

 

 

 


ゲートボールをしたり・・・?


 


これはゲートボールではなく、「スカットボール」といい、ゲートボールと同様のスティックを使って得点のついた穴にボールを入れるニュースポーツです。


 


当日参加した職員に感想をうかがったところ、「子どもから大人まで大勢集まって楽しい交流会だった」とのことです。



 


今後とも各種イベントを予定しておりますので、ご期待ください。

 

文責:ほそごし

 

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

お帰りなさい♪

2014年03月25日 15時05分23秒 | ボランティアセンターニュース

みなさんこんにちは!!

今日も暖かい宮古市このまま雪が降らなければいいですが、、、

宮古市にお越しになる予定のみなさん

道路には雪がないかと思いますが、道中お気を付け下さい

 

さて

今の時期は春休みですね最近は元気な子ども達を仮設住宅の集会所でよく見かけます

そんな長期休み子ども達が楽しみに待っているのが、

一昨年から夏休み春休みと毎年活動に来て下さっている

福岡女学院大学大学院臨床心理学専攻

NPO法人心理リハビリテーションセンターボランティアチームのお兄さんやお姉さん

内容は「遊ぶ寺子屋」を開催!!!

いつも約一週間活動してくれるので、長い時間一緒にいる事ができるんですよね

一緒に遊んでもらったり、、、

ゲームをしたり、、、

工作をしたり、、、

毎回たくさんの物を用意してくれ、子ども達を楽しませてくれているんです

今回も仮設住宅以外に、地区会館をお借りして開催しました

私がお邪魔した時には、一緒にUNOで真剣勝負

 

 

 広さが限られている仮設住宅の談話室とは違い、おもいっきり遊べて楽しそうな子ども達

一昨年から来ているみなさんは、毎回来る度に大きくなっている子ども達と会うのは

驚き&楽しみかもしれませんね

私もビックリしたんですが、最初来ていた頃は小学生だった子ども達今は中学生になってる子も

きっと話す内容も変わってきたりしてるんですよね

「明日も来る〜??明後日は〜??」ともっともっと遊びたい子ども達

元気な子ども達からはパワーをもらえますね

子ども達が楽しめるもの、子ども達との遊び方なども勉強になります!!

今週末まで活動予定のみなさん 遠い所いつも本当にありがとうございます

後数日の活動もよろしくお願いしますっ

 

                                                                                            

 

明日の活動予定

・カフェ

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

第10回仮設住宅自治会情報交換会!!

2014年03月24日 17時10分04秒 | ボランティアセンターニュース

みなさんこんばんは

 

今日は宮古市はなんと!!

天気予報では最高気温13度

長袖1枚で雪かきができました

とても暖かく、雪もどんどん溶けていきます

市内の雪も大分解けたのではないのでしょうか

 

さて、昨日3/23(日)、宮古市総合福祉センターにて

「仮設住宅自治会情報交換会」

が実施されました

今回で10回目となる情報交換会

 

宮古市内では来年度から公営住宅入居が本格的に始まります

「新しい住まいで入居者の人たちとうまくやっていけるか不安…

「今の地域の人たちと馴染んでいけるかな…

住民さんは多くの不安を感じています

 

今回は上記を踏まえ、

●宮古市生活課から「来年度の仮設自治会助成金について」の説明

また、情報交換のテーマとして

●復興公営住宅入居後の近隣住民や入居者同士の交流

●来年度の自治会活動について

●「仮設住宅自治会情報交換会」新ネーミング提案

などを話し合いました

 

各グループではテーマ以外にも

今年宮古では例年以上に多くの雪が降ったため、

雪かきの様子などの話題も出ていました

参加された方々も他の仮設住宅の様子や意見を聞き、

自分たちに活用できるところを発見できたり、

また、新たな人とつながりを持てるきっかけにもなります

 

意見交換を通して、

「各仮設自治会の情報が把握できてよかった

「助成金情報を聞くことができ、今後の自治会活動に活用していこうと思う

といった意見が出ていました

 

まだまだ仮設住宅での暮らしも長期化することが予想されます。

あわせて公営住宅の入居も始まります。今年は新たな転換期の年でもあるのかなと感じています。

まだまだブログでは仮設住宅や公営住宅、宮古市の元気な様子

紹介していきますので、是非ご覧くださいね

                黒

 

明日の活動

カフェ

レクリエーション

 

 

 

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

新感覚三味線!!

2014年03月18日 14時30分25秒 | ボランティアセンターニュース

みなさんこんにちは

今日は天気も良く、暖かい一日 雪も大分溶けました〜

春が待ち遠しいですね

 

さて!だんだんに暖かくなってきた宮古市住民の皆さんも外へ出やすくなってきたんではないでしょうか? 

そんな中、住民のみなさんになるべく体を動かして欲しい!

少しでも楽しんでもらいたい!とまさに現在宮古市で活動してくださっているボランティアさんをご紹介します

三味線演奏者の 駒 幸夫さん

ニューヨーク在住の駒さんは地元が釜石市ということで、何度も沿岸地区へ足を運び活動しているんだとか、、、

今回も沿岸地区のほぼ全部の仮設住宅で活動し、宮古市まで来て下さいました

宮古市でも田老地区を含め、たくさんの仮設住宅の他に地区公民館でも行い、

仮設以外の地域住民さんへも楽しんで頂きました

 

初めに三味線について教えて頂きました 弾き方もいろいろ。。。

バチで弾いたり、手で弾いたり、弾き方次第で音色もそれぞれ違うんですね〜

三味線では聞いた事ない音色にみなさんもビックリ

 

そして、駒さんの三味線演奏は参加型!!

身体を動かす機会が少ないみなさんに、運動も兼ねて一緒に楽しんでもらいたい!と駒さん

市内仮設での様子、、、

地区会館での様子、、、

三味線の演奏に合わせて、みなさんで歌を歌ったり、、、足踏みをしたり、、、

 お手製のマラカスを使い、リズムに合わせ身体を動かします

 

住民のみなさんあっつい〜と汗までかいてきた様子

 笑って、動いて、いい運動になりましたね

駒さんの演奏は、ビートルズの曲や、「ジンギスカン」「涙そうそう」などジャンルも問わず、

リズミカルな曲まで演奏してくれたんです

ニューヨークで学生のみなさんにも三味線を教えているという駒さん

世界的に有名な曲も、三味線で奏でると新鮮でまた三味線の新たな魅力も感じました〜

最後には駒さん作詞作曲の「三陸みなと音頭」を皆さんで歌い終わりました

三味線を聞いてきたというよりは、一緒に演奏してきた!!といえる楽しいイベント

みなさんの笑顔がステキでした

駒 幸夫 さん!!

本当にありがとうございました

                                                                                                                    

 

明日の活動予定

・カフェ

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

新!生活支援相談員&藤原小手づくり体操!!

2014年03月17日 16時29分37秒 | ボランティアセンターニュース

みなさんこんばんは!

今日は宮古でも暖かく、過ごしやすい日々が続いています

1ヶ月ほど前に降った雪がまだ宮古では残っているのですが、

今日の暖かさで大分溶けました

道も広くなってきて、通りやすくなってきました

安心です

 

今日は2つお伝えします

 

1つ目!

宮古市社会福祉協議会・生活復興支援センターに新たな仲間が加わりましたので、紹介したいと思います

 ↑右から二番目が満佐子さん♪

 

昆野満佐子さん

2ヶ月ほど前から活動していただいている満佐子さん

今まで、デイサービスや、ヘルパー職員、福祉用具専門相談員として活躍されていました

地域では高齢者など、福祉用具について必要とされている方々が多くおみえになります

そういったノウハウを生活支援相談員で活かしていきたい

そういった想いをもって取り組んで頂いています

 

そんな満佐子さんに色々質問してみました

Q1 生活支援相談員を2ヶ月間やってみてどうですか?

 A とても充実しています。新しい出会いがあって、今までには経験のないことばかりです

 

Q2 生活支援相談員をしていて、大変だと感じることはどんなことですか?

 A 今までは1対1、もしくは1対少人数の仕事でしたが、

  今回は地域全体が対象となっていきます。

  平等性・言葉遣いなども変わってくるのかなと感じています

  自分が感じていることと他の方が思うことは感じ方・考え方・イメージ

  人によって違うということを意識して客観的な視点も持って頑張っていきたいです

 

Q3 最後に一言お願いします!!!

 A ボランティアの方々や、復興支援を行う人たちの支援を通して、

   心と心のつながりや想いが伝わってきます。

   日々、感謝でいっぱいです。本当にありがとうございます

   これから失敗もあるかもしれませんが、先輩方を見習って、

   多くの方々とつながりをもち、頑張っていきたいと思いますよろしくお願いします

 

満佐子さん、インタビューに答えて頂きありがとうございます

(無理矢理質問してしまってすみません…)

 

さて、二つ目になります

本日、宮古市社協・老人デイサービス藤原小学校3年生の児童たち

健康体操を利用者さんと一緒に行いました

なんと!!その健康体操は子ども達のオリジナル

子ども達が自分たちで考え、作りました

そんな様子がとても可愛くて、利用者の方々も自然と笑顔がこぼれます

 

 DVDもプレゼントして、これからデイサービス内でも利用して頂きたいとのことでした

 

最後には子ども達と利用者さんとで交流、握手もしました

みんな笑顔です

子ども達の笑顔が、利用者さんはもちろんですが、街全体も明るくしてくれる、そんな風に感じました

 

藤原小学校の皆さん、ありがとうございました

                       黒

 

明日の活動

レクリエーション

カフェ

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

Miyako now [vol.6]

2014年03月13日 14時21分10秒 | ボランティアセンターニュース

みなさん 三月も中旬 さくらのたよりも聞かれそうですが・・・・

宮古は雪、全国的に寒い天気となっていますね。

インフルエンザなどにもまだまだ注意が必要ですね。風邪を引かないように

本日は久々Miyako Nowをお送りいたします。第6回目です。

今日は震災から3年を経過して大きく動きだした2つのことを特集!

まず一つ目

「三陸復興道路」みなさん良くTVとかで良く耳にしますよね。

北は青森県八戸市から、南は宮城県仙台市を繋ぐ総延長359kmの道路です。

ちなみに岩手県では213キロを整備する予定で156キロを現在整備中

 

本日は、そんな復興の目玉である道路の一部の工事具合をご紹介!!

現在宮古市ではどうなっているかと言うと・・・

山田町山田から宮古市金浜を結ぶ、約14kmの自動車専用道路を工事しています。

 

  

現在の曲がりくねったカーブの続く道路や、津波浸水区間を回避したルートになっていて!

走行性が向上するとともに、所要時間の短縮により主要港湾(釜石港)へのアクセス性向上し!

救急医療施設への速達性向上等の効果が期待されます。

BOXカルバートの工事

カルバートとは、道路の下を横断させて人や車を通行させたり、水路として機能したりする構造物のことを指します。

 

2つ目はガレキ処理

東日本大震災により市内で発生した災害廃棄物(瓦礫)の推計量は約70万トン

これは市内で発生する一般廃棄物の約30年分に当たります。

ボランティアの来ていただいた皆さんも山のように積まれた瓦礫を目にした方も多いと思います。

しかし、震災から3年が経過して

なんという事でしょう。

 

 

 

全国からの熱い支援で90パーセント以上の処理が終わりました

全国、いや、世界の皆さん ありがとう

 

 

明日の活動

サロン

レク

 

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

震災から三年。。。

2014年03月11日 17時45分18秒 | ボランティアセンターニュース

みなさんこんにちは。

本日3月11日で震災から三年が経過しました。。。   あっという間の三年、、、

この3年間、県内外から多くのボランティアさんが活動してくれています。

震災直後から活動内容も大きく変化しましたが、

三年経過した今でも

県外からは東北・岩手・宮古を想い、何度も足を運んできてくれるボランティアさんや、

宮古市内でも継続して活動してくれているボランティアさん、多くお見えになります。

住民さんとボランティアの皆さま。

私達職員とボランティアの皆さま。

本当に多くの繋がりを感じております。

 

本日、宮古市内では追悼式が行われました。

同じ敷地内にて「写真返却会」も行われております。

ここでも市内、県外のボランティアのみなさんにお手伝い頂きながら、行いました。

県外のみなさんは、追悼式に合わせて毎年来てくれている方々もいらっしゃるんです!

これまでも、離れていても定期的にお花を送って下さったり、、、、

何度も宮古市に足を運び、会いに来て下さったり、、、

そんな温かいボランティアの皆さま。。。

 

皆さまとの再会が毎回嬉しくてたまりません!!!

 震災から3年。私たちはこれまで出会うことのなかった多くの仲間と出会い、活動することができました。

そのたくさんの出会いを通して、宮古市には新しい活動の展開やつながりをつくることができました。

今後は新たに仮設住宅から復興住宅へと移り、私たちの生活がもとに戻るまでは、まだまだ長い時間が必要です。

 

そして!これからも現在のボランティアの皆さまとの繋がり、新しいボランティアの皆さまとの出会い・繋がりを

大切にしていきたいと思います!!

これからもこのブログを通して、宮古の現状や、ボランティア活動の様子、住民さんの様子をお届けしていきます。

特に!!!是非このブログから宮古の復興に向けた活気あふれる様子や元気を皆さんにお伝えしていければと思います。

よろしくお願いします!!!

 

明日の活動

カフェ

 

 

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

昨年に引き続き…ありがとうございます

2014年03月10日 15時41分38秒 | ボランティアセンターニュース

みなさんこんばんは

宮古も少しずつですが、暖かくなってきています

春の日差し感じますね

明日で震災から3年が経過します。

宮古社協でも相談員が仮設住宅・みなし仮設住宅への巡回強化を実施しております。

4年目に入っても、地域の方々の身近な存在であり、

皆さんが安心した生活を暮らせるよう、一緒に頑張っていきたいと思います。

 

さて、先日、

青森公立大学の経営・経済学部、山本ゼミから

藤田絢子さん(3年)、吉田早織さん(3年)、鳥屋部真澄さん(1年)

がセンターへ来所して頂き、

支援金を寄付して頂きました

なんと、昨年も同様の形で同大学学生から寄附をいただいております

 

その寄付を頂いた背景がとても素敵なんです…

ゼミの仲間と協力し、

公益財団法人 青森文化学術振興財団が主催されている懸賞論文を応募、そしてなんと

優秀賞

を獲得

 

昨年は青森県全体について、今年は青森県の観光・りんごについて研究し、応募されたそうです

タイトルは

「私たちの考える青森県の地域活性化策〜青森県産リンゴジュースに関する研究〜」

それを基に地域活性化に繋がらないかと考え、

調査の中には、リンゴジュースを青森の主婦や東京の方など…いろいろな方に試飲して頂き、

地域活性化について検証しました

また、藤田さんと鳥屋部さんは宮古市出身、吉田さんは盛岡市出身

岩手出身・宮古出身の方々が地域活性化について真剣に考え、その成果を

寄付という形で支援して頂きました

本当にありがとうございます

 

明日は災害ボランティアセンター開設以降、何度も宮古に足を運んできてくれているボランティアさん達がたくさん来所予定です

さて、だれが来るのかは…次回のブログのお楽しみに…

                       黒

 

明日の活動

イベント補助

写真返却会

 

 

 

 

 

コメント (2) |  トラックバック (0) | 

つながり、、、♪

2014年03月04日 18時35分32秒 | ボランティアセンターニュース

みなさん!!こんにちは

先日も含め、雪かきボランティアに参加して頂いたみなさま

ありがとうございました

おかげさまで綺麗になりました〜

氷が混ざった固く重い雪。。。。雪かきの前に砕く作業から行ったところもありました

体力を使い本当に大変だったかと思います、、、

綺麗になった仮設住宅に巡回で回っている職員も感動しております!!

一般のボランティアさん市内、県内の学生の皆さま

本当にありがとうございました

もう降らないことを願いますが、、、、また活動があった際には是非よろしくお願いします

 

さて!

最近は天気も良く暖かいですねだんだんに春の陽気になった気がしますが、、、

そんな中、先日春を感じるこんなあたたかいものが届きました

 

千葉県から突然届いた贈り物

何だろう、、、 誰宛てかなぁ、、、

開けてみると。。。。。。

 

 カーネーションなどのこんなに素敵なお花がたくさん

突然の贈り物に職員も大喜び

中にはお手紙がありました

手紙には、宮古市社会福祉協議会の皆さまへ。。。

富津市社会福祉協議会の三枝裕文さんの公演を聞き送りました。

皆さまが疲れたなと感じた時の癒しの一助にして頂ければ、、、、との事

ブログでもご紹介しておりましたが、去年の7月に千葉県富津市社協から研修に来てくださった三枝さん

 

約1ヶ月間一緒にお仕事をさせてもらった三枝さんが宮古市や宮古市社協のお話しをして下さったんだとか

その公演を聞いて送ってくれたそうなんです

先日もセンターにお花といちごを持って来て下さった三枝さん

三枝さんからのつながりでこのような素敵な贈り物を頂きました

受付など常に私達やみなさんの目に付くところへ飾らせて頂きました

おかげで毎日癒されています

お送りいただいた、富久様本当にありがとうございました

 

 

 

お知らせ

またまたとってもお得な旅のご案内

沿岸地域限定ジョイフルトレインで夏油高原スキー場に行こう!!!

お友達やお知り合い、みなさんへ是非ご紹介して下さい

お問い合わせは↓↓

びゅうJR東日本さまへ

 

                                                                                                   

 

明日の活動予定

・カフェ 

 

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

続・雪かきボランティア大募集!&藤原小パンフレット発表会!

2014年02月27日 15時51分21秒 | ボランティアセンターニュース

みなさん、こんにちは

市内仮設住宅では雪が屋根に乗ったままになっており危険な状況です

また、下に積もったままの雪もあり取り除かなければ上から落ちてきた雪に

押されて窓ガラスが壊れてしまうという事態

そのため下記のとおり、雪かきボランティアを募集しています

日      時:3月1日(土)2日(日)10時〜15時

活動場所:市内仮設住宅

集合場所:宮古市総合福祉センター

集合時間:9時

持  ち 物:長靴・昼食・飲み物

活動を希望される方は前日までに宮古市生活復興支援センターへお問い合わせください

0193-77-3061

みなさまのご参加お待ちしております

 

さて、本日はもう一つ

現在藤原小学校4年生が、

総合学習の時間を利用して、

地域の水産加工業を営んでいるお店のパンフレット作り」

を行っています

そして、昨日その発表会がありました

 

さっそくですが…パンフレットの内容はこんな感じ

子ども達が地域に出て、水産加工についてや

藤原地区の歴史製品になるまでの工程などを

インタビューし、実際に目で見ることで、

地域で頑張っている人たちや、地域についてより深く

知ろうというものです

 

 

地域の方々にパンフレットの中身を発表

ちょっと緊張しているかな…

 

今回は地域の方々も呼び、

より良いパンフレット作りにするため、

子ども達と一緒に

「ここはもっと大きくしたら読みやすいよ

など、いろいろな意見交換を交わしました

 

その後は子ども達から感想を頂きました

「地域の事や、水産業のことがわかってよかったっっ

「私達が食べているものが、こんなに多くの人たちの力でできあがっているのだと初めて知ったっっ

など、子ども達にも多くの発見があったようです

地域住民と子ども達との世代間交流が減少している今、

こういった活動を通して、

子ども達が地元・宮古を好きになって、愛着を持ってもらえるといいですね

                              黒 

明日の活動

レクリエーション

カフェ

 

 

 

 

 

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

田老雪かき、完了!

2014年02月24日 12時31分09秒 | ボランティアセンターニュース

みなさん、こんにちはっ

 

今日の宮古は晴れっ

気持ちの良い、晴れっ

 

昨日は午後になって雪が降り始め・・・

お願いだから降らないでっ!!と心から祈り、

てるてる坊主をつくりました

その祈りが通じましたね





さて、先週から始まった、仮設住宅の雪かき。

前回のブログでもボランティアの募集をさせていただきました。


その結果、なんと・・・


 


50名を超えるボランティアさんが集まってくれました


土曜日には田老の仮設住宅で、

ボランティアさんたちと住民の方が一緒に雪かきをしました


 

最初、人一人が通るだけでもやっとの道が・・・




 

こんなにキレイになりました



こうなるまでにはたくさんの人の力と

スコップたちが頑張ってくれました


中にはこんなスコップも・・・笑

(雫石から駆けつけてくれたボランティアさん、

活動中はTシャツになり雪かきしてくれました)

 

 

雪かき前は、救急車等の緊急車両も入れない状態だったため、

 

住民の方からは

「何かあったらどうしようと、夜も眠れなかったけど

これで安心して寝られるよ

という声をいただきました


もしもの時を考えると、不安になりますよね・・・

でもその一言で、わたしたちもほっとしました


 

これで田老地区の雪かき活動は終了となりました。

 

今回も、市内外からたくさんのボランティアさんが集まってくださいました

本当にありがとうございます

 

ボランティアのみなさん、住民のみなさん、本当にお疲れ様でした。

 


また、今回活動の問い合わせをたくさんいただきました

せっかく連絡をくださったみなさん、ごめんなさい。

でもその気持ちが少し雪を溶かした気がします

また活動の際、募集させていただきますので、

今後ともよろしくお願いいたします

 

あらためて、人の力のすごさを感じた週末でした

みなさん、雪かきのしすぎで体を痛めませんように・・・


                                   KOB

 

 

 

明日の活動

カフェ

レク・体操

雪かき

コメント (2) |  トラックバック (0) | 

雪かきが今、熱い!!

2014年02月20日 18時48分09秒 | ボランティアセンターニュース

みなさん、こんばんは

2週連続降り積もった雪の影響で田老地区では人が

やっと一人通れるスペースしかありません

また、屋根に積もった雪が今にも落ちそうな状況

屋根から落ちるとさらに積もり通路を歩くことが出来なくなります

さらに、今週末には田老地区での演芸会が予定されていますが

このままでは開催が危ういとの声があがったほど…

緊急車両も通れずこのままではいけない

多くの住民さんが一生懸命、雪かきを連日行っていました

しかし、住民の力だけでは除雪をすることが困難

排雪する場所がなく除雪作業がなかなか進まず・・・

本日は住民さんと一緒にボランティアさんも除雪作業

トラックに雪を積むグループと

トラックから雪を降ろすグループに分かれて作業を行いました

人力では困難なところも多く、グリンピア三陸みやこさんでは除雪機を

田老総合事務所さんでは車両を出してくださいました

そして、雫石から助っ人が

8月の豪雨災害でつながりを持った雫石のみなさん

「宮古が困っている」と雪かきボランティアに駆けつけてくれました

困ったときに支えてくれる方々が居る、改めてつながりの大切さを感じました

ニュースを見て「ボランティア活動に参加したい」と県内から駆けつけてくれた方も

多くの方々で1日作業をしましたが、まだまだ人手が必要です

2月22日(土)10時〜15時

雪かきボランティア大募集中です

雪を運搬するための車両が足りていません

軽トラックをお持ちの方が居ましたら是非、ご協力ください

活動希望の方は宮古市生活復興支援センターまでお問い合わせください

☎0193-77-3061

本日活動してくださった皆様、ありがとうございました

ブログをご覧の皆様、ご協力よろしくお願いいたします

 

明日の活動予定

・カフェ

・レク・体操

・雪かき

 

コメント (1) |  トラックバック (0) | 

雪かき

2014年02月14日 18時00分31秒 | ボランティアセンターニュース

みなさん、こんばんは

先日、降った雪も溶け始めだいぶ道路が運転しやすくなってきました

が溶けたと思ったら今週末も雪の予報です

大雪が降らないことを祈ります

みなさん、運転にはご注意ください

先日の大雪で大活躍したのは・・・

「雪かきボランティア」

障害のある方や高齢者世帯を中心に生活スペースの雪かきを行っています

雪かきはすごく重労働

次の日には「体が痛い」との声が

若い世帯でもなかなか雪かきするのは大変です

何人かで雪かきするとお話も出来て大変だけど楽しいですよね

男の人だけでなく女のボランティアさんも活動に参加してくれています

大量の雪もみるみる綺麗に

個人の家だけでなく仮設住宅では近隣の中学生や高校生が雪かきを行っています

現在、雪かきプロジェクトに登録している学校は8校

雪が降った次の日に仮設住宅をまわってみると

スコップをかついで歩いている学生の姿が…

部活動の時間を使って各仮設をまわってくれているようです

仮設住宅だけでなく地域での雪かきも率先して出来るよう

これから進んでいければいいなと思います

寒い中、ありがとうございました

 

今週末も雪かきボランティアの予定です

お困りの方がいましたら生活復興支援センターまでお問い合わせください

 

明日の活動予定

・カフェ

・レク・体操

・雪かき

コメント (4) |  トラックバック (0) |