えいちあーる亭日誌

日々の徒然、株などを語り ハッピーリタイアメントを目論むノーテンキなブログ

- 都へ つれづれなるままに-

俗物図鑑

2017-08-13 20:49:21 | 俗物図鑑
先日の記事で己の信じるもの、信じたいものとの距離のを感じた えいちあーる亭 亭主
その距離の範囲にあるモノへの絶対的な信頼感 基督教とはこうしたものか。終焉のふちにあってなおそばに寄り添う。(そう思わせる)

信頼の距離感 ならば俗物な えいちあーる亭 亭主 俗物の視点で評価を下してより良いものを世に広めていきたい と、願うばかりで。。。


ほんの半世紀前、この町内はそれぞれが独立した個人商店。〇〇銀座とかそんな名前も付くこともない町はずれの生活圏を支える商店街。お隣はうどん屋さんで志のだうどんがおいしくて、人柄がまんま顔になったご主人の作る赤出汁が何とも深くて。班の葬儀の時には勘定酒という香典の仕分けの報告と送別と慰労を兼ねた寄合で毎回作ってもらった赤出汁のうまみをみんな口々に語り合って、父の代わりに出席するようになったわたくしも、この店の味で送ってもらうんだろうなぁ。そう思ったのに、転居して盛況と聞いたのに つてで聞いた大将の訃報に駆けつけたら家族の一人が姿もなく・・・ 聞かなければよかった。

うちの近所でいうなら 八百屋さん、自転車屋さん、呉服屋さん、貸本屋さん、釣り道具屋さん、和菓子屋さん、指物屋さん、表具屋さん、紫檀黒檀さんめずらしいところではブラシ屋さん
歩いて行ける、自転車で行ける。そんな範囲での暮らしが確かにありました。そんな社会で一筋貫いてきたのは信用。うちが売る以上間違いのない品という自信。

物流改革の中、資本にモノを言わせた安値攻勢とサラリーマンで暮らした方が楽じゃねぇの、と思った同世代。転換点はまさにあそこにあったんじゃないかしらん。

波紋を遠くまで伝える資本、でも、池の中で立ち枯れた朽ち木に当たって波紋は変化する

その変化の兆しを伝えたい。おいしいもの、便利なもの。口コミを探って見つけた体験。CMで売れてるからって楽してんじゃねぇよ。 世の中にはこんなにいいものがあるんだ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8月12日(土)のつぶやき | トップ | 8月13日(日)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俗物図鑑」カテゴリの最新記事