キッチンから愛をこめて

日々の暮らしを綴っていきます。

コンコード③ ウォルデン湖

2017年07月06日 | アメリカ東海岸ターシャを訪ねて
 ウォルデン湖はコンコードの南側のはずれにある大きな湖です。
 ここに、ソローの像とソローが建てた小屋(レプリカ)があります。
 
 ヘンリー・デイヴィッド・ソロー(1817~1862)は、コンコード出身の思想家で、
 湖畔での2年間のストイックな体験を綴った「ウォルデン 森の生活」で知られています。

 ターシャの一番好きだった言葉が、ソローの言葉でした。
 夢に向かって自信を持って進み、思い描いたとおり生きようと努力すれば、思わぬ成功を手にするだろう 
 まさに、ターシャの生き方そのものでした。
 
 復元されたソローの小屋の内部は、極限までにシンプル。
 
 
 ウォルデン湖は、水辺に憩う人たちで、にぎわっていました。
 

 ブラットルボローのホテルにチェックイン後、M野先生を囲んでターシャのお話をお聴きする時間がありました。ターシャと親しくされていたM野先生ならではの心温まる素敵なエピソードをたくさん話して下さいました。

 お夕食は、中華レストランへ行きました。
 そこで、隣のテーブルのアメリカの老紳士が、私たち6人の似顔絵を描いて下さいました。
 その絵のタイトルが、young women in the u.s.
  
 その方は、長く京都の大学で教えていた画家さんらしいのです。
 young women だなんて、みんなで大笑いしました。何とも楽しい出会いでした。
 その絵は、ツアーのメンバーのNさんがホテルに帰ってコピーして下さいました。

 夕方から激しい雨になりました。明日は、いよいよターシャのお家とお庭ツアーです。
 心配しながら眠りましたが、翌朝目覚めると、雨はすっかり止んでいました。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« コンコード② オールド・ノー... | トップ | ターシャのお家とお庭ツアー① »
最近の画像もっと見る

アメリカ東海岸ターシャを訪ねて」カテゴリの最新記事