ビバ!サンバ!!2

サンバ撮影日記

やってもーた2017

2017-04-03 23:51:10 | うっかり
2日は五香に行くかどうか迷った。1日のブログで「行く」と宣言した手前行かねばなるまいが、2日のサンバは昼12時から。だがダンサー撮影のために昼前から現地に向かうのはどうかと思った。
これがモデル撮影会ならギブアンドテイクだから朝早く家を出ても問題はない。だがサンバに関しては我々カメコは、招かれざる客なのだ。
苦労して現地まで行って、周りの白い目に耐えつつシャッターを切る。これがいいオトナのすることだろうか。
オレはこの時期真人間に戻っていることもあって、外出を躊躇ったのであった。

時刻は11時を過ぎ、移動時間を考えると遅刻が確定した。いまさら現地に行けないから、2日は家でじっとするつもりだった。
だがしばらくして「行かぬ後悔より行く後悔」のフレーズが頭をよぎった。オレは現在心身ともに絶不調なのだが、こんな時こそサンバから元気をもらうべきではないのか。
というわけで、やっぱりオレは五香に向かったのであった。

松戸で新京成に乗り換えて、八柱の次の常盤平で降りる。セレージャのHPには「五香桜祭り」と書いてあったが正確には「常盤平さくらまつり」で、駅も常盤平で降りたほうがよい。
この辺が分かりにくいから、オレは前日に、1年前の自分のブログを確認した。やはり「常盤平で降りた」ようなことが書いてあった。
駅舎を出てまっすぐ行くと、右手に桜並木の通りがある。昨年はこの先でセレージャのサンバを見たのだ。
時刻は12時30分すぎ。つまり30分の遅刻だ。遅刻を承知で現地に赴いたのは初めてのケースである。
それはともかく、肝心のサンバの音がしない。
しばらく歩くが、ものすごい人出だ。前日が雨だったからそのぶん人が出ているのかもしれないが、それにしてもすごい。まるでコミックマーケットのようだ。ホントにこの道をセレージャがパレードしたのだろうか?
そう考えれば、おかしな点がある。駅前に出店がいっぱいあったけど、昨年はあんなになかった気がする。
桜並木の通りも、こんなに起伏が激しかったろうか。もっと平坦だった気がする。また左手に大きな公園があったが、これもなかった気がする。さらに出店も、ここは向かって左側にあるが、昨年は右側にあった気がする。それと、右手に団地が建っていた気がする。
さらに歩くと、左手の住宅が一段低くなった。こんなのもなかった気がする。
そういえば新京成線も、八柱→五香→常盤平じゃなかったろうか? 昨年は八柱から2つ先の駅で降りた気がするが、おかしくないか?
オレは駅前に引き返すが、駅を間違えたわけではないと思う。が、駅前の大通りではハワイアンの踊りをやっている。こんなもの昨年はあったろうか?
オレはまた桜並木の通りに戻るがやはり確信が持てず、また駅に戻る。その間も、サンバの音色は聞こえてこない。いったいどうなっているのだろう?
駅の左手にも桜並木は続いているが、こんな道路はあったろうか。一応足を踏み込んだが景色が違うので引き返し、なおも駅右手の桜並木←→駅前の往復を繰り返す。そんなこんなで時刻はもう1時半を過ぎてしまった。セレージャのHPには、サンバは1時30分までと書いてあったから、もう終わってしまったことになる。…終わった? いやそもそもサンバパレードは行われたのか? オレはどこにいるんだ??
スマホで確認すると、常盤平の次の駅が五香だった。ということは、八柱→常盤平→五香なのか?
いまさらという感じだが、オレはさっきの桜並木の左手の道を行った。
こちらもものすごい人出だが、しばらく歩くと、その先で、スルドの音がした。ものすごくイヤな予感がしたが、人が多くて駆けだせない。
ようやく追いついたら、セレージャの面々が脇道に入ったところだった。そしてこの景色こそ、オレが昨年見たものだった。いや昨年は付近が更地だったが、いまは住宅が建っていた。
ともあれここがゴールandスタート地点だ。ということは左手のあの先が五香駅か。オレは昨年、五香駅で降りていたのだ!!

や…やってもーたぁぁぁ!!!

みんながサンバを楽しんでいるころ、オレは常盤平で降り、その周辺をうろうろしていたのだ。
バカだバカだバカだバカだバカだ!!!!!

時刻はもう2時近く。だが昨年もパレードは2時まで行ったから、昨年と同じスケジュールだったわけだ。
サンバは仕上げの踊りになるが、オレは沿道の観客に紛れこむ。だがサンバカメコはそんなにいない。みんな戸塚に行っているのかもしれなかった。
セレージャの皆さんははじける笑顔だった。おー、久しぶりのサンバだ。オレは遅ればせながらバシャバシャ撮る。しかしそれも束の間、サンバは終わってしまった。この間、わずかに3、4分。史上最短のサンバ観戦だった。
「いやー、きょうは天気がよくてよかったですね」
とか関係者が話しているのを、オレはうつろな目で聞く。やっぱり、格言は当たっていた。行かぬ後悔より行く後悔だ。
いやこの格言は違う。今回の場合、オレの意思がはっきりしていなかった。もっと早くに、行く行かないを決めるべきだった。そして周到な準備をするべきだった。
ここは昨年も訪れたとはいえ、不案内な路線で最寄り駅が2つあり、会場の構図も酷似していた。こんな時こそ、場所とプログラムを再確認しておくべきだった。
要するにカメコ魂が欠如していたのだ。

オレは重い足取りで新京成に乗る。車中、スマホで自ブログの昨年の記事を再確認すると、「サンバはその1つ先の五香駅でやる」と、正しく書いてあり、オレは気を失いそうになった。
…オレはどこを見ていたのだろう。まったく甚だしい勘違いというか思い込みで、激しくうなだれた。

…という悪夢の1日だったが、ひとつだけ分かったことがある。
オレは今年も、サンバカメコに変身してしまったということだ。そしてまたこれから、あっちこっちの祭り会場に出没するのだろう。それがイヤでイヤでたまらないのに、抑制できない自分が嘆かわしい。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寒い | トップ | Azullyさん特集 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL