薬屋のおやじのボヤキ

公的健康情報には嘘が多くて、それがためにストレスを抱え、ボヤキながら真の健康情報をつかみ取り、発信しています。

24節気の健康と食養:立秋から処暑まで

2017年08月07日 | 24節気の健康と食養

 24節気の健康と食養:立秋から処暑まで

 大暑の次にやってくる24節気が立秋で、毎年8月7日頃(2017年は8月7日)になります。立秋の日は夏至の日に比べて約1時間も日が短くなります。
 でも、立秋の日の気温は概ねピークにあり、岐阜の平年値は次のとおりです。
 平均気温  ピーク(8月1~7日)28.3度  8月8日から28.2度
 最高気温  ピーク(8月4~5日)33.4度  8月6日から33.3度
 最低気温  ピーク(7月31日~8月10日)24.6度  8月11日から24.5度 

 これでは、とても秋が来たという感じはしないのですが、例年ならば梅雨はとっくに過ぎ、地面が乾いて湿気が減り、湿度がけっこう低くなりますから、蒸し暑さからは随分と開放されます。(もっとも今年はいつまでの梅雨のような天気ばかりで、蒸し暑いだけでジリジリと焼け付く猛暑を経験できていませんが)
 毎年確実に言えるのは、日が昇るのが夏至に比べて約30分遅くなりますから、早起きの人にはそろそろ秋が来るかと感じられることでしょう。
 立秋から1週間後のお盆(8月15日)の岐阜の最低気温は立秋と同じですが、多くの人が“一頃に比べて早朝は涼しくなった”と感ずるのは、こうしたことからでしょう。
 そうは言っても、日中は猛暑日を記録することが度々あり、暑さ真っ盛りで、立秋以降の挨拶言葉は“残暑お見舞い申し上げます”となりますが、お盆までは真夏と捉えたほうがいいでしょうね。

 「大暑から立秋まで」の記事で書きましたが、立秋以降もしばらくは暑さ真っ盛りの状況にありますから、その時期の注意点を再掲します。
 
昼間、暑い盛りに、体の芯を冷やしてくれるスイカがとてもおいしく感じます。でも、冷蔵庫で冷やし過ぎたスイカの食べ過ぎは「冷たい物中毒」の恐れがあり、要注意です。
 そして、快適な冷房も長時間あたると、体が冷えすぎてしまい、様々なトラブルが発生します。その対応策は、前々回の「夏至から小暑」の記事で書きました正しい入浴法や、前回の「小暑から大暑」記事で書きました貼るカイロの利用があります。参考になさってください。(引用ここまで)

 梅雨後半から立秋過ぎしばらくの間までは蒸し暑さや猛暑で食事が淡白なものになりがちです。よって、スタミナが切れてきます。これも「大暑から立秋まで」で書きましたが、滋養が付く鰻や肉類を時折食べたいものです。

 中国や韓国では、概ね「土用の丑」と同じ頃、その前後10日の日の3回を「三伏」といい、肉料理で滋養をつける習慣があります。3回目の「三伏」は立秋の頃となり、中国では立秋には「とろ火でよく煮込んだ肉や骨付き肉を食べるがよい」とされています。これでもって滋養をつけ、夏バテを防止しようというものです。また、暑い盛りに熱い物を食べるのは、冷えた胃腸を元気にすること、汗をかいて老廃物を排出すること、といった面でも大事なこととされています。
(注)「三伏」とは、正確には次のようになります。夏至から数えて3番目の庚(かのえ)の日から「初伏」が始まり、夏至から4番目の庚の日から「中伏」が始まる。そして、立秋以後の最初の庚の日から「末伏」が始まり、初伏、中伏、末伏の総称が「三伏」となる。初伏と末伏はそれぞれ10日間と日数が決まっているが、中伏の日数は年によって異なる。夏至から立秋までの間に、庚の日が4回ある場合、中伏は10日間、5回ある場合は20日間となり、「三伏」の期間は年によって30日間となったり40日間となったりする。

 ここで、「夏負け」と「夏バテ」の違いについて説明しておきましょう。暑さ真っ盛りの時期に体調を崩すのが「夏負け=暑気当たり」で、涼しくなってから体がおかしくなるのを「夏バテ」といい、対処の仕方が大きく違います。詳しくは、「何でも“夏バテ”にされては困りもの。暑気当たり=“夏負け”とは区別して対処しましょう。」をご覧ください。

 さて、先にも書きましたが立秋以降しばらくすれば朝の涼しさを感ずるようになります。そうなると、体は秋モードに急速に変化していきます。
 秋は、五臓では肺の季節。肺が活動的になります。その肺が好む味が辛味です。詳しくは、「立秋は秋の入り、五味を上手に秋食に取り入れましょう。辛味が重要です。」をご覧ください。
 立秋の頃から本格的に収穫できるようになるのがピーマンやシシトウで、昔はけっこう辛いものが混じっていました。最近はシシトウの一部にそうしたものが若干ある程度になってしまい、少々残念ですが、辛味があるから初秋からの野菜である、と言えるのが本来のピーマンやシシトウです。
 もう一つ、立秋の頃に収穫のピークとなるのがカボチャで、収穫後1週間か10日置くと甘味も増して美味しくなり、この時期にふさわしい野菜です。漢方では、カボチャは「陰陽にかたよらず両者を補益する平補の食品」とされ、体に熱がこもるでもなく、冷やしもしないという、この時期に胃腸にやさしい食品で、栄養価も高く、滋養も付きますから、大いにお召し上がりください。
 他にこの時期に収穫が本格化するものにオクラがあります。オクラに特有のネバネバ物質はペクチンとムチン。胃腸の粘膜を保護し、消化を促し、便秘を解消するといった効果があります。この時期、「冷たい物中毒」で荒れた胃腸
粘膜の修復に効果的でしょう。

 果物では、ぶどうが旬となります。漢方では、ブドウは「血を補い、気を補う作用がある。性は平(体を温めも冷やしもしない)」とあり、これからの時期に最適です。
 また、桃が旬となります。漢方では、桃は「体を潤し、胃腸を整え、血を巡らし、老廃物を排泄する」とあり、性は微温(体を少々温める)で、冷え症の女性には最適な果物となります。

 最後に、今回も、うちの自家栽培野菜などの状況をご紹介させていただきます。
 キュウリは足が短く、第1弾はとっくに終っており、今、第2弾が盛りとなり、後半には第3弾が生りはじめます。
 ナス(白ナス・紫ナス)やピーマンそしてオクラは足が長く、順調に収穫が続きます。特に白ナスは種蒔きを冷床で行ったため出遅れたものの、今まで経験したことないほど絶好調で、大収穫が続いています。
 トマトは例年立秋には終わりますが、今年は種蒔きを冷床で行ったため、出遅れており、今がピーク後半といったところです。なお、接木苗をゴールデンウイーク過ぎに定植したものは間もなく終了です。
 十六豆(十六ササゲ)第1弾は終りましたが、復活することがあり、そのままにしておいたら、見事に復活し、今、盛んに生りはじめました。遅植えの第2弾が今、ピークとなりました。
 出遅れていたゴーヤは、2、3日前にやっと
収穫できるようになりました。
 カボチャはそろそろ全部を収穫し、長期保存します。

 また、薬味として、大きく生長した青シソがありますし、ミョウガが取れはじめます。
 今年初めて栽培に取り組んだチマサンチュ(韓国では焼き肉にこれを巻いて食べることで有名)はもう終わりです。
 ニラを少々栽培しており、いつでも刈り取って料理に使うことができます。
 時期外れですが、夏大根と夏キャベツそして夏ニンジンの収穫が続いています。
 果物はメロンがあります。毎年失敗続きでしたが、今年は好成績で、今しばらく収穫できます。

 次回は、「処暑」(8月23日頃)の健康と食養です。

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 立秋は秋の入り、五味を上手... | トップ | 野菜は何もかも煮物にする日... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして! (ゆきの)
2017-08-14 08:51:21
夏のクーラーの使いすぎは体にも精神的にもダメージがありますね。
3年前の夏と今年も少し更年期障害?自律神経失調症ぎみでして色々症状があります。
桃はあまり冷えないんですね。大好きなのでよかったです。
あとは果物でリンゴなども冷え性に良いと聞きますが、他の果物は少しなら大丈夫ですか?
ゆきの様へ (薬屋のおやじ)
2017-08-14 09:17:01
リンゴは涼性ないし平性ですから、さほど体を冷やすものではないですが、ほどほどにしておきたいものです。
桃の場合も同様で、食べるとしても旬の時期に毎日1個としたいものです。

コメントを投稿

24節気の健康と食養」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。