在日コリアン・ハンセン病問題・沖縄―平和・人権―

自分の足で訪ねた関連の地紹介
知ることは力、学んでこそ生きる。

第20回光明池現地学習会無事に終わる・・・室内で歴史学習とフイールドワーク

2016年10月15日 23時34分35秒 | Weblog
今日は、コニュニテイ体育館で光明池築造と朝鮮人労働者について話をさせてもらいました。
朝鮮初級学校のかわいい生徒さんも参加してよく聞いてくれました。
「光明池とこい」の紙芝居、光明池工事の写真などパワーポイントで示しながら説明
皆さん、質問や新しい情報も知らせてもらって楽しく意義ある学習会でした。
学習会を終えるとフイールドワーク
墓地、副堤防、取水塔、飯場のあった場所、朝鮮人犠牲者の慰霊碑、本堤防、本樋、光明池守護神社など歴史が刻まれた場所を巡りました。
うまめ樫が伸びて慰霊碑が奥になっていました

チェサを在日の有志の方々がやって下さいました
朝鮮語で祭文が読み上げられます
その後、犠牲者に思いを馳せて1分間沈黙の時を持ちました

女性もココデハ、チェサをしました。

チェサの後、味里さんにお願いした韓国風お弁当を食べながら、池を眺めながら交流して解散
フイールドワーク中には見なかったけれど、光明池方面に向かう本堤防の上から渡り鳥が3羽来ていました
池の水面を気持ちよさそうに泳いでおりました。
渡り鳥は季節が来ると旅立って行きますが
でも、光明池工事に来られて事故で亡くなり国に帰れなかった方々を思います。
盛会だった現地学習会を無事に終えて、神社前を再度通って光明池駅まで歩き、バスで帰宅しました。
2007年の現地学習会の写真がありました



こんなきれいな紅葉を見ながらフイールドワークをしたものです。

20回目語り継いでほしい
歴史です
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奈良国立博物館の「忍性」展... | トップ | 12月3日(土)和泉市立人権... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む