Good Frlend!

個人の好きなことを書くブログです。

2ストロークと4ストロークの違い。(番外編vol.1063)

2017-07-11 09:53:09 | 日記

2ストロークと4ストロークって違いは「構造が違う」と分かってる人は多いですが、
具体的にどうなのか解説です?(笑)

2ストロークエンジンの特徴・メリット&デメリット
 ・最大馬力、トルクが高い。
 ・パワーを出せる回転数範囲が狭い。
 ・軽い
 ・排気ガスが汚い
 ・燃費が悪い
 ・オイルを消費する
 ・焼き付きやすい

4ストロークエンジンの特徴・メリット&デメリット
 ・最大馬力、トルクが低い。
 ・パワーを出せる回転数範囲が広い。
 ・重い
 ・排気ガスがきれい
 ・燃費が良い
 ・オイルを消費しない
 ・焼き付きにくい

なぜ2stのほうがパワーが出るか
 ・例えば5000rpmでエンジンが回っている時、2stなら5000回のパワーが出る行程があります。
 ・4stなら2500回です。両足で自転車をこぐ2stと、片足だけ力を入れる4stって感じです。

なぜ2stのパワーバンドが狭いか
 ・2stは、掃気ポート、排気ポート、チャンバーの3つが良い関係の時、力が出ます。
 ・4stは吸気バルブ、排気バルブの2つが良い関係なら力が出ます。

なぜ2stのほうが軽いか
 ・部品が少ないから。

なぜ2stの排気ガスが汚いか
 ・爆発前のガソリンを、そのまま排出してしまう。
 ・オイルとガソリンを一緒に燃やす。

なぜ2stのほうが燃費が悪いか
 ・同じ回転数のとき、倍の回数燃料を使ってしまうから。
 ・単純に考えると、2stはパワー2倍、燃費半分です。

工程数の違いとは
 ・ガソリンを吸う、圧縮する、火を付ける、排気ガスを出すという事に変わりありません。
  2st 上昇+下降で1セットの2ストロークエンジン
  4st 上昇+下降+上昇+下降で1セットの4ストロークエンジン

ざっとこんな感じです。(笑)








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 他人のバイクは乗るべきじゃ... | トップ | 第4期バイクブームはあるのか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。