Good Frlend!

個人の好きなことを書くブログです。

アマチュアレースに参加するには。(番外編vol.1152)

2017-06-16 08:53:45 | 日記

サーキットでの「走行会」というのは誰でも気軽にサーキットを走ることを目的としており、

規定のルールさえ知っておけば、直ぐにでも誰でも参加することが可能です。

もちろん普段乗ってるバイクで参加できますし、参加するカテゴリーも自分で決めることが出来ます。

開催に関してはサーキットの主催であったり、ショップの主催であったりで、

仲間内で趣味として楽しむものです。

逆に「レースに出場する」となるとある程度のサーキット走行が必要となり、

マシンも専用のものになってきます。

今、一番ビギナーに人気が高いアマチュアレースは2つあって、

1つは「ST250」、もう1つは「CBR250R Dream CUP」です。

どちらも4ストで排気量が250ccのバイクです。

「ST250」は単気筒もしくは2気筒搭載の「市販車ベース」のレースで、

規定の改造が許可されており保安部品を外せば、普段は一般道を走るバイクでも参加が可能です。

そしてもう1つの「CBR250R Dream CUP」は「CBR250R」のワンメイクレースで、

規定の改造がなされた専用マシンで戦うことになります。

ボクはそのもう一つ上にカテゴリーになる「ST600」の出場ライセンスを持っています。

この「ST600」はさらに本格的なレースに近いもので、

アマチュアながら年間に行われるレースの総合成績でチャンピオンが競われるものになっています。

このクラスになるとサーキットの走行時間や講習会を受ける必要があるので、

若干、敷居が高く参加するとなるとある程度の腕と費用がかかります。

話は戻りますが「ST250」と「CBR250R Dream CUP」は全国各地のサーキットで定期的に行われています。

出場選手は10代〜60代まで様々で女の子も多く参加しています。

中には家族で参加する方もいて、お父さんと息子が同時にエントリーするケースにあります。

「ST600」に比べ、とても敷居の低いレースで、結果を求めるより参加して楽しむことに意義を見出してる感じです。

趣味として楽しむなら絶対にこっちですね。(笑)

全レースに出場する必要もなく、近いサーキットのみ出場すればいいし、

必要最低限のもので手軽に参加できます。

仲間と一緒に、サークイル的なチームを作って参加するのも楽しいかもしれません。

自分には遠い話ととらえず、思い立ったら即参加という感じでも全然OKです。

一度チャレンジしてみてはいかがでしょう!(笑)








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リッター系スーパースポーツ... | トップ | 自分でオートバイをいじり倒... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。