Good Frlend!

個人の好きなことを書くブログです。

オートバイ販売台数最強は1982年、現在はその9分の1。(番外編vol.1090)

2017-03-21 10:01:39 | 日記

ついに正式な「2016年度」のオートバイ販売台数が発表されましたが、

現在、全国での新車、中古車を含めたバイク保有者の数が「約37万台」という結果となっています。

さらに、その中で原付スクーターの数が「約19万台」で、

実際、小型〜大型バイクの保有台数は「約18万台」という結果です。

この数字は過去最高にバイクが売れていた1982年と比較すると「約9分の1」という数字だそうです。(笑)

その最高にバイクが売れた1982年の保有台数はなんと「約1.148万台」。

そのうち原付スクーターの数が「約618万台」。

小型〜大型バイクの保有数は「約530万台」でなんと10人に1人が、

なんらかのバイクを所有していた数値となっていたんですね。

これを比較してもよく分かりますが、

とにかく年々バイクが売れていないことが分かります。

しかも新規購入者の数は全く増えておらず、昨年売れたそのほとんどが「乗り換え」という結果だそうです。

ユーザー年齢層を見ても40代〜50代以上が全体の「65%」を占めており、

10〜20代に至ってはわずか「5%」にも満たない結果です。

要は新しいバイク乗りはほとんど増えておらず、ライダーの平均年齢はどんどん高齢化してるということですね。

先日、大阪で行われた「2017モーターサイクルショー」に行ってよく分かりましたが、

とにかく入場者の年齢が高かったです。(笑)

来てるほとんは中高年の人たちで、若い世代は劇的にいませんでした。

確実に事実を目の当たりにした感じでしたね。(笑)

現在のオートバイ好きはとにかく年齢層が高く、中高年のおじさんたちで構成されてる訳です。

平成生まれのライダーはとても貴重な存在となっているんですね。

今後、この傾向がそのまま変わらず進んでいけば、

確実にライダーの数は減っていくことでしょうし、

バイクもさらに売れなくなりメーカーとしては何らかの手を施さなくてはならなくなってしまいます。

新しいバイクは制限され、ロングセラーモデルも売れないバイクから消滅してしまうでしょう。

海外での販売台数はそこそこ増えてる傾向なので、

国内に関してはメーカー側も販売シェアーの縮小をすることは間違いないですね。(笑)







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017大阪モーターサイクルシ... | トップ | 若い世代をバイクに目を向け... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。