Good Frlend!

個人の好きなことを書くブログです。

乗り手を育てるオートバイとは。(番外編vol.1035)

2016-10-19 08:26:47 | 日記

あくまで個人的な見解なのですが、

「軽くて乗りやすく、程よく非力」なバイクは、

バイクの「走らせ方」を教えてくれると思います。

まず「軽くて乗りやすい」というのは乗り手に不安を抱かせないので、

その結果、余分な力が入らずに落ち着いて操作できるという意味合いがあります。

次に「程よく非力」というのは、

乗り手の支配下において限られたパワーバンドを維持して、

最大限の性能を引き出すことの練習につながります。

ただし、明確なトラクション感覚(アクセル操作でリアサス&リアタイヤの動きを実感できる)が

得られる程度のトルクは必要だと思います。

さらに付け加えるなら、125~250cc程度のオフ車こそがこれに適ったバイクだと思います。

オフ車の素晴らしいところは軽量な車体と自由度の高い乗車姿勢、

そして滑りやすい未舗装路で比較的低い速度でタイヤのグリップ限界を体験でき…、

なんていうのは当然として、

一般舗装路での街乗り程度の速度でも乗り手の操作に対するバイクの挙動が分かり易いことが美点です。

ブレーキのタイミングや配分、ライダーの荷重位置や姿勢、

アクセル操作などによる姿勢制御が、ゆったりと大きく動く長いサスのおかげで非常に理解しやすく、

間違った操作をすると「バイクを寝かせても思ったように曲がってくれない」、

「ブレーキングで車体の姿勢が安定しない」、「切り返しがしっくり来ない」、

「タイヤがうまくグリップしてくれない」、といった現象が普通のオンロードモデルよりも顕著に現れます。

当然、うまく操作できると見違えるように鋭く曲がったり、

しっかりグリップしてくれるのが実感できて、とても楽しくなります。

そしてこの経験はリズムこそ違えどオンロードモデルにも応用でき、

大きなバイクでもサスを有効に使うことによって楽に扱えるようになるはずです。

突然、大パワーの大型バイクを購入して乗り出すライダーより、

順序を踏まえて乗り換えるライダーの方が、

運転が上手くなるということです。

初心者が突然、上級者用のハイレベルな道具を使ってスキーやスノボーをしても、

いつまでたっても上手くならないのと同じなんですよね!(笑)








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オートバイをメンテナンスす... | トップ | アメリカはスピード、ヨーロ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。