Good Frlend!

個人の好きなことを書くブログです。

驚きの加速力!ヤマハ・MT-01。(番外編vol.819)

2016-01-26 09:36:33 | 日記

トルクで走ると言ってもいいほど強烈な加速力を持つヤマハ「MT-01」です。

2004年から2009年まで輸出専用車として販売されていました。

コンセプトはクルーザーなどで使われる大型排気量をスポーツネイキッドに搭載するとどんなバイクになるか?です。

使われているエンジンは「XV1700系」からの流用もので、

それを、さらにスポーツ用に味付けしたものです。

排気量は1,670cc、水冷式4ストV型2気筒OHV4バルブで最高出力が90ps。

5速MTで機械式キャブとの組み合わせです。

また、V型エンジンでは初めて「EXUP」可変バルブを採用しており、出力以上の加速力を誇っています。

ガソリンタンク容量は15リットルで市街地での平均燃費は約20km。

1回での給油で走れる航続距離が約300kmという計算になります。

タイヤサイズはフロント120/70 ZR17M/C(58W)、リア190/50 ZR17M/C(73W)です。

トップスピードこそ200kmそこそこですが、ゼロ発進からの加速力は相当なもので、

あの「VMAX」に匹敵すると言っても過言じゃありません。

元々、大型クルーザーに搭載されているエンジンなので中低速でのトルクが太く、

それを軽量な車体に搭載しているため、そう言った味付けになってるんですよね。

また、この「MT-01」の登場でヤマハの「MT」シリーズがスタートすることにもなります。

今年の5月には「YZF-R1」のネイキッド版として「MT-10」が販売される予定となっています。

この「MT-01」は既に生産中止となっていますが、

「MT-15」、「MT-25」、「MT-03」、「MT07」、「MT-09」、「MT-10」と、

排気量別に豊富なラインナップが揃っているんですよね。

独特の鼓動で走る「MT-01」は独自の世界観を持っているので、

海外では人気モデルとして扱われていました。

国内での中古市場を見ると程度の良いもので約80〜100万円あたり、

希少ながらもそれなりに球数は豊富で同一のクルーザー系より安く売られています。

人と違ったバイクを求めてる人にオススメです!(笑)








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中古なら今が狙い目!ホンダ... | トップ | 長く愛された、カワサキ・ZZR... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事