大分の土地家屋調査士ブログ

「土地家屋調査士の業務と制度」を中心に、それに広い意味で関連する様々なことについて一人の人間として思うところを書きます。

読んだ本ー「佐藤優の集中講義・民族問題」(佐藤優著 文春新書)

2017-11-29 21:08:56 | 日記
この本の「帯」に「民族と国家は現代日本人の必須科目だ」、とあります。
「民族」が「必須科目」であるのは、全世界の近現代の人々にとってであり、「現代日本人」に限られたことではありませんが、これまで「日本人」は、その世界的な近現代の課題を、「単一民族」の幻想の下軽視してきました。しかし、もはや他人事ではなくなった、ということです。

この一二年、「民族問題」は、スコットランド、クルド、カタルーニャにおいて「独立」が先鋭な政治課題になったように、現代世界において決して無視しえない重要な問題です。
この「民族問題」は日本(人)にとっても重要な問題となっています。それは、今挙げた世界各地の動きが「国際政治」の枠組みにおいて日本に影響を与える、といことだけではなく、日本の「国内問題」としても課題になっている、ということです。
「沖縄問題」です。
歴史的に沖縄に大きな犠牲を強い、さらに「本土復帰」後も基地負担を集中させ、そしてさらに沖縄の人々の意思を踏みにじる形でそれを強化しようとする日本政府の政策は、「琉球独立」を単なる絵空事ではなく現実の政治課題にしていっている、と著者はかねてから指摘していました。
そのことが「民族問題」への一般的な理解の上で説かれており、勉強になります。(ただしいつも思うのですが、著者の啓蒙的説明やそのうえでの分析はとても理解しやすいのですが、それと現実的な方針とがかみ合わず、理解しがたいものになってしまうのは、とても残念なことです。)

そのうえで、本書で説かれている「民族問題」に関する基本的な理解の仕方について一瞥し、そのうえでそれとは直接関係のない「筆界」の問題について考えさせられたので、それについて書きます。

まず「民族問題」について。
「民族」についての基本的なとらえ方について著者は次のようにまとめます。
「大きくきく異なる二つの考え方があります。ひとつは『原初主義』というもので、もうひとつは『道具主義』です。」
聞きなれない言葉ですが、それは次のように説明されます。
「まず『原初主義』のほうは、民族とか国家には、その原初、はじめのところに、何かしらの実体的な源があるという考え方なんです」
「それに対して、「民族というものは、作られたものだ」と主張するのが道具主義の立場です。では、なんのために、誰が『民族』を作ったのかというと、国家のエリート、支配層が、統治目的のために、支配の道具として、民族主義、ナショナリズムを利用した、と考える。だから『道具主義』なんですね。」
このように整理・説明されると、著者が、「日常的に『民族』というと、多くの人がこの原初主義的なイメージをもっていると思います。」と言うように、「民族」というのは、言語だとか、肌の色や骨格などの生物学的な違いだとか、地域だとか、宗教だとかの「動かざるもの」を共有するものとして実体をもって存在するものだと考える傾向が強く、したがって「原初主義」でいいんじゃないか、と思われるかもっしれません。
しかし、著者によれば、「民族」が実体としてあるととらえる「原初主義」は「学問的には完全に否定されています」、ということです。

では、もう一方の「道具主義」はどうか?・・・基本的には「作られたもの」だと考えられるので、こちらの方が正解に近いのですが、正解とも言い切れないところがあります。それは、
「現実には、いくら支配者たちが民族をつくりたいと思っても、任意に民族をつくることはできない」
からです。まったく根拠のないところからでっち上げられたわけではなく
「『民族』のもとになるような『何か』が存在するのではないか。」
ということが問題になる、というわけです。
ここに「民族問題」の複雑さと解決の困難さがあるわけですが、それについては本書や本書において紹介されている推薦図書で勉強することにして、本書とは直接関係のない「筆界」について書きます。

この「民族」の構造というのは、「筆界」の構造とも似ています。元来「実体」を持つものとして存在するわけではなく、現実の境界問題を解決するための「道具」として「作られたもの」でありつつ、全く任意につくられるわけではなく、それなりの現実的基礎を持っている、という構造です。

このような「民族」と「筆界」の構造の共通性というのは、実は社会的な事柄に対して「概念」を与えるときに生じる通常のことなのだと思います。
一定の社会的な基礎があるから、一定の概念が生まれるわけですが、それはなんら確定的な「実体」を持ったものではなく、「真理」でもない、という、ごく当たり前のことです。

問題は、その概念を生み出した構造と意味を理解し、それを正しく「利用」すべきだ、というところにある、とするべきなのだと思います。ここが実践的な方針とかかわるところです。
いずれにしろ、「民族問題」という全世界的な課題について学ばせてもらう中で、ごく卑近な私たちの業務にかかわる問題についても、対すべき姿勢を学ばせてもらえたように思いました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一身上の事情で

2017-11-17 17:10:03 | 日記
このブログの更新がしばらく途絶えてしまいました。「連載」をしたり「予告編」を出したりしたものもあったのに、いけないことです。
しばらく途絶えたことの理由は、「一身上の事情」であり、極めて個人的なことなので、あえて書くこともないのかとも思いますが、いろいろと思うところもあったので、「言い訳」を兼ねて少し書きます。

一言で言うと、「引越し」をします。もう少し事情を述べると「終活」のスタート、ということになります。
私の場合、子供たちが比較的早く家を出て行ったので、「老夫婦二人暮らし」状態になってからもう10年ほどが経ちます。子供がいることを前提とした家に、無駄な部屋を抱え、その中に無駄な荷物をため込んでしまうような生活をしばらく続けてきたことになります。
このままの状態を続けていくのはいかがなものか、と思うようになりました。無駄なものを抱えたまま年を取って動けなくなっていき、後に残る者たちに「負債」を抱えさせるべきではないのではないか、と思うようになったのです。
そのようなわけで、荷物を劇的に減らして、生活そのものをダウンサイジングしていくことにしました。そのための転居です。

この1か月ほど整理をして、家のものと、事務所のものと、それぞれで荷物を半分以下に削減しました。つくづく無駄なものに囲まれて生活をしていたものだと思わされ、だいぶ身軽になった感じです。

・・・ということで、来週、最終的な引越しをして、その後「新生活」をスタートさせることにします。

明日の大分会の研修会では、前回に続いて「大分における筆界の誕生と公図の読解」に関する話をさせていただきますが、これについても、これまで業務の中で調べてきたことの「在庫一掃」をして後の世代の人々に引き継いでいく「終活」の一環なのだと思っています。このブログで書き切れていないことも、そのような性格を持つものなのだと思っているので、再来週以降の「新生活」の中で、書いていくようにしたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「総選挙」が終わって

2017-10-26 11:46:56 | 日記
「戦後史上最悪の解散」から始まった総選挙が、「戦後史上最悪の野党の惨状」を呈しつつ進み、「戦後史上最悪(?)の天候」の中で行われ、ご承知のような結果を出しました。まさに「国難」と呼ぶべき状況のように思えます。
この選挙の結果は、なんとも受け入れ難いものではあるのですが、それでも考えてみると「当然の結果」でもあるように思えます。
なぜなら、やはり「受け皿がない」、からなのです。民主党政権の失敗以降、自公政権のもとで「政権担当能力のある野党」は、ついに立て直すことができずにきてしまいました。
その惨状を最も端的に示したのが前原代表による「解党・合流」方針です。かつて政権を担当したこともある由緒ある(かどうかはともかくとして、おそらくは政権の遺産である「財産」はある)政党が、つい先日まで与党の右派強硬派だった人が「リセット」してでっち上げた「希望」にすがりついて、それまでの歴史を全否定して「合流」しようとする、という、本来あり得ない「選択」をしてしまう、ということ自体に、本当にダメだった、そして本当にダメであり続けている姿が示されている、ということが言えるのでしょう。

・・・というようなことを書いたのですが、別に日本の政治全体についての話をしようというわけではありません。ごく平凡な「教訓」ですが、「受け皿」というのは一朝一夕で出来上がるものではなく、「平時」にしっかりとしたものを作っておかないと、「戦時」になって慌てて作ろうとしてもできるものではない、ということを今回の総選挙が教えてくれている、ということを考えさせられたのです。

折しも届いた日調連の会報(2017.10)の編集後記で「準備をしておこう。チャンスはいつか訪れるものだ」(エイブラハム・リンカーン)という言葉が紹介されていました。さて、わが業界は、「準備」ができているのか?・・・もう一度あらためて(「立ち止まって」)考える必要があるのでしょう。

この十年ほど、わが業界においては、大きな「改革」もなく、何となく平穏な時が流れています。十数年前に大きな変革の波が来て、それに対応するためにどのようにしなければならないのか、ということを真剣に考えていたのが嘘のような平穏さです。
本当は、このような時にこそ、「戦時」に備え、勝ち抜けるような自己改革を行うべきなのだと思います。しかし、ついつい今ある「平時」がそのまましばらく続いていくものだと考えてしまいがちです。そういうことをしていると民進党のように、あるいは希望の党のように、急に(?)やってくる激変に対応できずに墓穴を掘ってしまうことになります。

・・・そんなことを考えながら、「日調連制度のグランドデザイン検討会」の「土地家屋調査士と制度のグランドデザイン(案)-国民から期待され輝き続ける未来―」というものを読み返してみました。
次回に、その「感想」を書くようにしようと思いますので、関心のある方は、「現物」に目を通してみてください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

読んだ本 「新選組血風録」司馬遼太郎著

2017-10-10 16:16:16 | 日記
いまさらながらの古い本で恐縮です。
司馬遼太郎の「幕末もの」は大体読んだような気がしていたのですが、これは読んでいませんでした。「新選組」そのものが好きではない(嫌い)のと、タイトルがとにかく人を斬りまくるばかり、という新選組に対する私のイメージと重なるため、読む気がしなかった、ということです。

新選組というのは、そもそも江戸幕府が、清河八郎という「奇策の人」の提案を受けて、将軍上洛の警護隊として「浪士組」を編成したのが、その始まりとされています。
だから、様々な人が様々な意図をもって集まった集団です。その多くは、既存の態勢に基盤を持たない「浪士」であり、目的は自身の生活のためや「立身」であった、と言えます。特に主義主張があったわけではなく、自己の身のために他人を斬る、というものであったわけです。ここが、私の新選組に対する感覚として「すがすがしさ」を感じないところです。もっとも、これは「主義主張」のために人を斬る「志士」にしても結局は醜いものになっていく、という「テロリストの末路」という点では同じなので、本質的な問題ではないのかもしれませんが・・。

本書は月刊誌に掲載した15の短編を収録したものです。のちの時代の司馬遼太郎の作品に比べて「創作」性が強くて「史実」に基づかないものが多いのですが、「大衆小説」なりに歴史を考えさせるところもあります。

例えば冒頭の作品である「油小路の決闘」は、新選組の幹部でありながら自己の一派を率いて分裂して「御陵衛士」という別の浪士団をつくった伊東甲子太郎を新選組が斬殺したことに伴う「決闘」を描いているものです。
伊東甲子太郎はそもそも「新選組に入り、その党の力を利用して、攘夷と王事に尽さしめたい」という意図をもって新選組に加入したものとされています。その際、「それでは清河八郎になる」との疑念が提示されたものとしつつ、伊東は「私は清河の二の舞はせぬ」として新選組に加入した、としています。
その末路は、新選組によって謀殺される、というものであり、結局清河八郎と大きく違いはしなかったわけですが、この伊東について司馬は本書の中の別の作品(「弥兵衛奮迅」)の中で、大久保利通に「新選組に入るような男だ。それだけでもろくな男ではあるまい。」「新選組をも裏切ろうという男ではないか」と言わせたりもしています。

歴史的な激動の中にあっては、すべての人に活躍の機会が公平に与えられる、というものでもありません。生まれた時期のちょっとしたズレや、生まれた場所の違いによって、大きな違いが生じてしまう、というのは、とくに幕藩体制末期のこの時代では避けられなかったことなのでしょう。
しかし結局のところ、その中でできるだけのことをしていく、ということに尽きるのであり、清河八郎のような、そして伊東甲子太郎のような、「自分を欺き、他人をも欺く」ような奇策をもって無理をする、というのは、やはり長い目でみると駄目なのだ、ということが示されているのだと思います。

この本を読んでいる途中で衆議院解散があり、「希望の党」結成やら民進党のそれへの「事実上の合流」やら「排除」やらと言ったことがありました。時代は変わっても清河八郎や伊東甲子太郎のような人が出てくるものです。たとえその「志」が高いのだとしても、己の「立身」にしか関心がないような人々の中で、やっぱり同じような運命をたどらなければいけないのかな、と考えさせられましたので、いまさらながらに昔の本を読んだのも意味がないわけではなかったのかな、と思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

読んだ本 「国際法で読み解く世界史の真実」(倉山満著:PHP新書)

2017-09-29 18:25:25 | 日記
ひさしぶりに「富んだ本」について書くのですが、始めに断っておきます。この本について書く、というのは、「内容が素晴らしいのでみなさんに紹介したい」ということではありません。むしろ、ひどい内容だと思います。著者の見解、考え方、思想、人間性・・・といった、評価基準からすると、かなり低位に位置付けられるもので、とてもおすすめできるようなものではありません。
しかし、現実の「政治」が目を覆うばかりの低水準に堕ちている現状を見るにあたっては、この本で言われているようなことを知っていると、なかなか役に立つような気もするのです。そのような観点から、読み、感じたことを書きます。

今回の「国難突破解散」と銘打った「我難(森友・加計)突破解散」を見るにつけ、あらためて安倍総理というのは、「憲法」が嫌いなんだな、と思わされます。憲法53条の規定に基づく臨時国会の開催要求がなされていながら3か月も臨時国会を開かずにいて、ようやく「開いた」と思ったら即解散、というのは要するに「開かなかった」のと同じです。おそらく安倍総理の頭の中では、「4分の1以上」などという超少数派でも開会要求をできる、などという規定自体が気に入らないのでしょうし、そんなものに従う必要なんかないんじゃないか、という考えがあるのではないでしょうか。
同様の「憲法軽視」「立憲主義否定」の姿勢は随所に見られるわけなのですが、そのような安倍総理は、よく「法の支配」ということを言います。「中国の海洋進出は許されない」ということを主張したりする文脈の中で、この「法の支配」という言葉がよく使われるようです。フィリピンのドゥテルテ大統領と初めて会った時も「法の支配の重要性を確認した」などということが言われました。あの麻薬犯(だと思った人)は無条件に殺してもいい、とするような、「法の支配」の真逆にいるような相手とも「法の支配の重要性を確認」しちゃうんだ、と思って驚いたりもしたのですが(外交関係でそんなことに驚く方がわるいのかもしれませんが)、この本を読むと納得というか理解できるところもあります。
安倍総理の言う「法の支配」における「法」というのは、あくまでも「国際法」のことであり、国内法ではないのだな、ということです。

では、その「国際法」とは何か?この本の著者の乱暴な断言をそのまま借りると次のようになります。
「ヤクザが仁義をどう使うかという技術が国際法なのです。」
「国際法というのは、洋学紳士君がいうような上位法ではなくて、仁義としての合意法であって、土台がやくざの論理なのです。」
「国際法の世界は自力救済を前提としていて、国内法とは真逆であるということです。」
これは、あまりにも乱暴な言い方なのでしょうが、確かに「領土問題」に関する「国際法の権威」の解説を読んでみても、「先占の法理」などの植民地主義時代の感覚がそのまま「法」化しているのが国際法なんだ、と思ったことがあり、これを巧みに使ってきたところに近代日本の発展の一つの要因があった、ということなので、安倍総理の「(国際)法の支配」の主張は、首尾一貫した揺るぎないものだとみることが出来るのかもしれません。

「どちらもひどい」というのは、今回の解散総選挙を見ていても思うことですが、北朝鮮情勢をめぐる米朝(トランプ・金正恩)を見てても感じることです。
安倍総理は、「対話ではなく圧力」を強調していますが、その構図も本書を読むと理解できるところがあります。

著者は戦前の日本について、次のように言います。
「この不戦条約は自衛のための戦争はしてもよい、国外であっても死活的利害地域は自衛権の範囲内という留保がついています。」
「日本が満州でめざしたのは、不当な排日・反日を停止させて、日本に必要な経済圏を確保すること。」なのだ。
「日本が権益を有する満州では、法外な反日・排日運動が展開されています。満州事変というのは、このような状況に置かれた日本が、民族生存のために起こした行動である・・・」252
「石原たちが「自作自演」をしたとしても、それは国際法上の「自力救済」「復仇」の手段としてのものなのです。」
だから「満州事変では違法性が阻却されます」
というようなものです。「歴史認識」についてはさておき、戦前の日本とよく似た北朝鮮金正恩体制からすると、まさに同じような主張ができるのでしょう。経済制裁で石油を全面的に止められてしまいかねないようなことになったら、まさに「死活的利害」にかかるのであり、「自存」のための行動も許される、という主張ができる、ということになるわけです。
「経済的に生きていく自然権である「自存権」は、国境不可侵の原則とは関係ないものですし、自然に考えれば、自存権を行使するために自衛権を行使するという意味での「自存自衛」そのものは特別おかしいものではありません。」
というわけです。
「対話ではなく圧力」というのは、結局のところそこまで追い込むしかない、ということなのではないか、と思えます。

そういえば、北朝鮮をめぐるニュースの中で、前から不思議に思っていたことがあります。北朝鮮がミサイルを発射したり核実験をしたりするたびに、それを「挑発行為」だと言うことです(すべてのマスメディアが横並びでこう言います)。
たしかに、北朝鮮のミサイル核実験は許しがたい暴挙であり、北朝鮮の人々を飢餓に追い込みながら権力だけを守ろうとする極悪非道な行為です。しかし、それは、アメリカなどによって追い詰められ、体制そのものに危機感を持つところから行っているハッタリのようなものでしょう。もしも「挑発」して戦争になったら、韓国・日本にも甚大な被害があるでしょうが、北朝鮮はそれ以上の、トランプの言うような「完全な破壊」に見舞われることが確実なわけですから、それを「挑発」と呼ぶのは、ちょっと違うのではないか、と私には違和感があります。
では、何故私の感覚とは違って「挑発」という言葉が使われるのか?・・・ということが、本書を読んで少しわかりました。著者によれば、
「侵略とは、「挑発されないのに先制攻撃をすること」です。」
とのことです。だから、戦前の「満州」では抗日ゲリラなどによる「挑発」が行われていたから「満州事変」もその後の侵攻も許されるのだ、とする著者の(無茶苦茶な)主張がでてきているわけですが、それはともかく、この著者の定義が正しいのだとすると、常に「北朝鮮が挑発行為をした」と言っていることは、いつ「先制攻撃」をしたとしても、それは「侵略」ではなく、国際法上許されることなのだ、ということにつながる、というわけです。

北朝鮮情勢をめぐっては、「危機的状況の時に解散総選挙などとんでもない」という意見もある中、それに対して「民主主義の原点である選挙が北朝鮮の脅かしによって左右されることがあってはならない」などという理屈にもならないような反論がなされていますが、本当に情勢が危機的なのであれば、そんな時期にわざわざ解散なんかすることはないのであり(政治的判断をすることと、脅かしで左右されることはまったく別問題です)、実はそれほど「危機的」であるわけではない、というのが本当のところなのだと思います。
しかし、その上で、「危機」を演出し、さらに高めていく中で、それこそそれを自らの権力維持のために利用していこうとすることもでてきているわけで、むしろそこにこそ危険があるのではないか、と思わされもします。

そのような意味で、とてもお勧めしたくなる本ではないものの、「反面教師」的には勉強になった本でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加