大分の土地家屋調査士ブログ

「土地家屋調査士の業務と制度」を中心に、それに広い意味で関連する様々なことについて一人の人間として思うところを書きます。

菅内閣不信任決議案

2011-06-02 05:47:46 | 国際・政治

私は、調査士は「社会の中の調査士」であるべき、と思っています。別の言い方をすれば「良き市民たれ」ということでもあります。

そのようなものとして、調査士は、調査士としての視点を持ちながら、広く社会の問題、政治の問題にも関心を持ち、見識を持たなければいけないでしょう(とても大変で、むずかしいことですが・・)。。

「政治の問題」というと、とかくタブー視されたり、あるいは、「調査士制度のための政治」というレベルで問題が立てられがちです。たしかに、調査士制度をよりよい制度にするためには、政治的な働きかけも必要ではあると思います。しかしそれが、旧来からの「圧力団体」的なもの、「業界エゴ」的なものであることは、もはや許されないのだと思います。「良き市民」としての見地から、調査士制度自体もどのようなものとしてあるべきか、ということを構想して行かなければならないのだと思います。言わば「調査士にとって都合のいいもの」を目指す「政治」ではなく、社会全体がよくなる方向での「政治」を考え、その中での調査士の役割も考えなくてはいけないのだろう、ということです。

菅内閣への不信任決議案がだされました。

まったく何をやってるんだろうな?と思わざるをえません。「優秀な現場と、無能な(政治)指導部」というのが、日本社会の現状だと言うのは、本当にそうだな、と思います。

菅内閣の現状は、震災・原発事故以降のことだけでなく、その成立以来、大きな問題を持っている、と確かに思います。でも、それを「どう変えていくのか?」という明確な方向性なしに、この時期に「政局」が動く、というのは、理解しがたいところです。「漠然たる期待感」によって発足した民主党政権が、今度は「漠然たる期待感」で崩壊していくのだとしたら、この先どうなるのだろう?と不安に思わざるをえません。

いずれにしろ、民主党分裂―政権の枠組みの変動、は避けられない情勢のようです。しっかりと見て、考えて行かなければなりません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加