大分の土地家屋調査士ブログ

「土地家屋調査士の業務と制度」を中心に、それに広い意味で関連する様々なことについて一人の人間として思うところを書きます。

連載③・・・「筆界」

2017-05-21 13:42:35 | 日記
前回、「いわゆる原始筆界と言われるものは実在しない」ということを書きました。「実在しない」というのは、単純に「ない」というのとはちょっと違います(わかりにくい話ですみませんが・・・)。
それは、
① 「実在」はしないけれど、「地域社会の共通認識」という形で言わば観念的には存在している。(→これが、「筆界確認」を「立会」によって行ってきたことの根拠としてある。)
② 「筆界」をめぐって現実に行われてきたことは、観念的に存在するものを法的な構成として「ある」ものとした(擬制した)、ということであり、その意味で巧緻(狡知)な仕組みとして有効に機能してきた。

という意味合いで言うことです。さらに、もう少し先回りして言うと
③ そのような①②の前提が、今、崩壊してきているのであり、その事実を振り返りながら新しい方法を考える必要が、実務者としての土地家屋調査士にはある。
ということになります。

・・・ということを一応お断りしたうえで先に進みます。

先の引用文の中で、寶金先生は、「筆界は、地番の成立とともに当然に成立する」ということを言っていました。しかし、何故そのように言えるのでしょう?おそらく、「地番」というのは、本来区分されているものではない土地を人為的に区分したものなのだから、「地番」が定められた、ということは「筆界」もある(成立した)ということなのだ、というようなことなのだと思います。
しかしそうでしょうか?
あまりぴったりとしたたとえではないかもしれませんが・・・・、大きなフライパンで何個もの目玉焼きを作るとき、「一つの目玉焼き」というのは元の一つの卵として区別されるものではありますが、フライパンの上でそれぞれの白身がまじりあっているとき、その目玉焼きの「境」というのは必ずしも「当然に成立する」ものだとは言えないように思えます。特に、主な関心が黄身にある時はより一層そうです。
実際の我が国の歴史の上での「地番の成立」の歴史を見ると、この目玉焼きのたとえ以上に、「地番」は設定されても「筆界」は設定されていない、ということであったのだと思います。
そのような関心のもと、この後、少し、歴史について見るようにします。

「地番・筆界の成立」については、次のような理解が一般的なものだと言えるでしょう。
「境界確定の訴は、・・明治初年に設定された地番の境界を、現地においてどこに存するかということを設定することに、その本質がある・・・」(村松俊夫「境界確定の訴」P21)
というものです。
ここで問題にするのは、「境界確定訴訟」の性格に関することではなく、「明治初年に設定された地番の境界」というような理解の仕方です。
このような理解は、もう少し丁寧な言い方だと次のように言われます。
「地租改正事業の際、一筆の土地として把握され、図面に公示された区画に対応する現地の線は、その後変更がされない限り、登記法(明治19年)及び不動産登記法(明治32年)の下で当該土地が一筆の土地として登記された時の筆界(原始的筆界)に一致するものと考えられる。」(「平成17年不動産登記法等の改正と筆界特定の実務」P20)
このような持って回ったような言い方の中には、「地租改正事業によって筆界が設定された」とは必ずしも言えないのではないか、という疑念も含まれているように私には受け取れるのですが、それにしてもそのうえで、この引用文のすぐ後では「現在の土地の筆界は、明治初期に創設されたものと、その後の分合筆により形成されたものから構成されていることになる。」(同)と言われていますので、「原始筆界」は「明治初期に創設されたもの」だ、という理解に立っているのだと思えます。

さて、本当にそうなのか?ということが問題であり、そのことについて、次回以降で、実証的な観点から見ていくようにしたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

連載②  「筆界」について・・・「原始筆界」

2017-05-20 14:06:21 | 日記
「境界」論に関する「連載」を始める、と前回書いてから随分と日にちが経ってしまいました。途中、私のパソコンが動かなくなってしまい、「こまめなバックアップ」を日ごろ怠っていたツケを払わなければいけない、というようなことがありました。皆様もお気を付けください。

さて、「筆界」について考えます。

「筆界は、地番の成立とともに当然に成立し、不動のものとして存続するが、目に見える存在ではない」(寶金敏明「境界の理論と実務」P14)
というようなことが言われます。そう言われると、「なるほどそういうものか」と思いもするのですが、どうも、モヤモヤしたところが残ります。「存在するが目に見えない」というのは、何か怪しげな宗教みたいな感じを受けるような話です。

ここで「目に見える存在ではない」とされているのは、いわゆる「原始筆界」というものです。この「原始筆界」が、目には見えないけれど存在しているものなのだ、というのが先の寶金先生の引用文のように)「筆界」について考えるときの前提としてありました。
しかし、目に見えないものは存在しているとは言えない、と言うべきです。つまり、「原始筆界」なるものは存在(実在)するものとしてあるわけではない、と言うべきなのだと思います。

では、「筆界」について「目に見える」というのは、どういう状態でしょうか?もともと土地というのは、すくなくとも一つの大陸や島の中ではもともと区分されたものではなく、その「境界」が目に見えて存在するわけではありません。だから、「筆界」そのものが目に見えるわけではない、ということになるのは、当然といえば当然のこと、ということになります。

そのうえで、しかしやはり「目に見えるもの」もある、と考えるべきです。これは、たとえば、造成のなされた宅地分譲の土地のようにコンクリート擁壁で区画されているような状態だけを指していうことではありません。境界標が入れられていれば、それを結ぶ「線」は目に見えて存在しなくても、「目に見えるもの」ということができるのはもちろんのこと、現地に「物」として存在しないのだとしても、図面上で現地に復元することができるようなものとしてあるのだとしても、やはり「目に見えるもの」としてある、と言える、と考えるべきです。区画整理の行われた土地は、これと同じものとしてあります。
要するに「目に見えるもの」というのは、はっきりとした「筆界の設定行為」のあるもの、ということになります。明確な設定行為があれば、その設定行為の内容を見ることによって「筆界」も「目に見える」ことになるわけです。

通常「筆界」と言われるものの中には、この「筆界の設定行為」のないものが含まれてしまっています。いわゆる「原始筆界」というものです。
後で(後日)「原始筆界には設定行為がない」ということを述べていくようにしますが、その意味は「設定行為がない」ということは「目に見えない」ということであり、それは「実在しない」ということを意味する、ということを明らかにしたい、というところにあります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

連載開始・・・「土地境界について」①

2017-05-09 17:48:01 | 日記
「ゴールデンウィーク」が終わりました。私自身、この連休はその名に相応しいような感じで「完全休養」を取りました。「働き方改革」が叫ばれる今日、しっかり休むべきだ、と思った、ということもありますが、そもそも会務がなくなると忙しいというほどの仕事量ではなく、必然的に休めてしまう、ということが主要な原因です。

そのようなだらけ気味の中ではありますが、この間考えてきたことを少しまとめてみようと思って、とりあえず「土地境界について」というテーマで「連載」的に書いていくことにしようと思います。どれほど続けられるものか・・・。

前に少し書いたのですが、この二年間日調連研究所の研究員として「筆界論」に関する「研究」に当たりました。
この「筆界」という課題については、土地家屋調査士の中においてもいささか食傷気味にとらえている方が多いのではないか、という印象をもっているのですが、どうでしょう?「筆界」という概念は、実際の社会生活においてどのような有効性を持っているのか?かえって問題をややこしくするだけの邪魔な古い概念に過ぎないのではないか、というような感じになっている人が結構いるように思えるのです。

たしかに、「筆界」について「神のみぞ知る」、などということが言われることもあるわけで、そのようにとらえていたのでは(あるいはそのようにとらえられる余地のあるものであるのなら)、物事をややこしくする不要な概念だととらえられても仕方ないのだと思います。
しかし、私としては、この間「研究」してきたことの上で、「神のみぞ知る」的な考え方が間違っているのであって、「筆界」という概念を使って土地境界問題を考えて実際の処理に当たる、という方法は、なかなか「巧緻」なものなのだと思います(音の共通性から言うと「狡知」と言ってもいいほどに)。

「筆界」という「考え方」は、少なくともこれまでは、実際の社会的な問題である境界問題を解決するために有用であった、と思い、そのことを再確認しておく必要があるように思うのです。
しかし、それとともに、その有用性は、社会状況の変化の中で、これまでと同じような考え方、取り扱い方をしていたのでは失われて行ってしまう、ということについてもより強く思うようになりました。

そして、この「筆界」という概念の有用性をめぐる問題というのは、「土地家屋調査士」という職業の社会的有用性とも直結する問題なのだと思います。
すなわち、「土地家屋調査士」についても、これまで土地境界問題をはじめとする不動産をめぐる社会的問題の実際上の処理のために有用な存在であったわけですけれど、これまでと同じようなことをしていると、その社会的有用性は失われて行ってしまい存在意義がないものとされて行ってしまう危険性がある、ということです。

そのような問題意識を持ちつつ、以下五月雨的に、あちこちに行くような形で「連載」をしていくようにします。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

読んだ本-「愛と幻想のファシズム」(村上龍)

2017-04-23 15:40:33 | 日記
30年以上前に書かれた小説であり、最近話題になっているというわけでもないものを読んで、こうしてそれについて書いているわけですが、それは、私がこの小説に感心して読むべき本だと思ったというわけではけっしてありません。
むしろ、何故こんなものが世間に公表され、今日まで読みうるような状態でいるのか、と思うほどに、ひどい唾棄すべきような内容のものだと思います。
その上で、それほどにひどい絵空事とも言うべき内容に「現実」が近づいてしまっているのではないか、という危惧をあらためて抱いた、ということで、思ったところを少し書きます。

まずは、小説の「あらすじ」について、「ウィキペディア」では次のように紹介されています。

カナダで狩猟を生活の一部としていた鈴原冬二は、日本帰国の直前に寄ったアラスカの酒場で飲んだくれていた日本人のゼロと出会う。トウジはゼロに誘われ、日本に帰国し独裁者としての頭角を現す。当初は挑戦的なCMを出し注目を集め、世界経済が恐慌に向かい日本が未曽有の危機を迎えると政治結社「狩猟社」を結成し大衆の支持を集めるようになる。国内の敵対勢力を手段を選ばず叩き潰し、勢力を拡大するとともに世界の再編成に乗り出した多国籍企業集団「ザ・セブン」による日本の属国化を阻止するために行動する。 まず自衛隊にダミー・クーデターを起こさせ国会議事堂、首相官邸などを占拠させた。それから間もなく人質の解放と武装解除の交渉のためにテレビに登場し、そこで米ソの世界再編成の陰謀を暴露した。その後、国会は解散し総選挙で革新政権を誕生させて崩壊させた。そしてこのような混乱状態のなか鈴原冬二と狩猟社だけが唯一の国民の希望の星になる。その間にイスラエルと秘密協定を結びプルトニウムを手に入れ戦術核を製造、配備し、同時にハッカーたちによって情報を混乱させアメリカの牽制に成功する。 最終的には、米ソと対等の地位を手に入れ、世界からも一目置かれるようになる。

これでは、何が何だかわからないでしょうが、まぁこういう物事の動きを描いた小説です。
1984年~86年に週刊誌に連載されたもので、時代設定が「1990年」ですから「数年後」という「近未来」とも言えないような「将来」を描いたものです。
ですので、30年以上経った現在からみれば、奇妙に思えるほどの「事実」の違いも多くあります(たとえば、「ソ連」が存在してそれなりの力を持っていたり、日本国内でも「総評」やそれに連なる「革新勢力」が健在です)。
しかし、全体としての「危機の様相」は現実と合致することを多く見出すことができるものでもあります。グローバル資本の国境を越えた強欲が格差を拡大し社会を不安定化させること、その中で差別主義や排外主義が人々を駆り立てる「動機」となりそれを煽動する者が頭角を現し、あるいは権力を握ること、その際に「情報」が大きな意味を持ちねつ造された「事実」によって流れが大きく変わってしまうこと、などです。
このような「世界」の動き、というのは、30年前においてすでに「予測」できたものだったわけです。このような「予測」をおこなうにあたって村上龍は「経済」の勉強を集中的にした、ということですし、それを可能にしたのは「作家的想像力」だったのかもしれません。その意味で「お見事」ではあります。
しかし、そのような世界を描くために中心的に描くのが「鈴原冬二」「狩猟社」になる、というのはいささか「お粗末」です。「狩猟社」というのは、次のような「思想」=「狩猟社会」では弱者は淘汰されていたが、農耕社会に入ると「奴隷」として復活した。99%の人間は奴隷であり、今もその比率は変わらないが「現代の奴隷は力を持っている」。「奴隷どもを駆除して、強者だけの美しい世界を作りたい」・・・・という「思想」をもつ「政治結社」だからです。
このような「思想」が問題外のものであることは明らかですし、さらに小説で描かれるこの「思想」の実現のための手段がまさに「卑劣なテロ」としての殺人や薬物による精神破壊や虚偽情報の流布などであることに、凡そリアリティはありません。
しかもそれを「一人称」で表現する、というのは、どういうつもりなのだか理解しがたいものです。

この小説について「村上龍以外の人が書いたらファシズム小説だと言われる」などと評している人もいますが、だれが書いても「ファシズム小説」であり、ひどいものだというべきでしょう。
しかしその上で、世界の現実は、「トランプ大統領」を生み出したわけですし、フランスでも「極右」の大統領誕生の危険性が現実化しています。日本はそのような動きに無縁なのかというと、一方で「トランプのアメリカ」にも付き従うとともに、その欲求不満を晴らすように「教育勅語(的なもの)」の容認姿勢への転換が図られようとしているなど、決して無縁であるわけではないようですので、見たくない「変実」や「予測」も視野に入れておくべきなのかもしれません。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

読んだ本-「げんきな日本論」(橋爪大三郎×大澤真幸:講談社現代新書)

2017-04-11 16:47:30 | 日記
「本書は、日本の歴史をテーマにする。でも普通の歴史の本とは、まるで違う。歴史上の出来事の本質を、社会学の方法で、日本のいまと関連付ける仕方で掘り下げるからだ。」

とまえがきで橋爪大三郎氏が言っていますが、そのとおりです。面白かった。
このような本を、高校に入る前くらいの時点で読んでおくと「歴史」というものが違うものに見えてくるでしょうし、そこから「いま」を考えることができるのではないか、と思いました。
・・・という感想は、「もしも私が・・・」ということを含んだ感想です。自分自身の歴史に関する知識が細切れの貧弱なものでしかないことを痛感させられました。およそ「教養」の中でも「歴史」への理解は中心的なものなのだと思います。そのようなものとして「教養の不足」ということを自分自身についても感じますし、業界としてはより一層強く考えさせられます。

「なぜ日本の土器は世界で一番古いのか」「なぜ日本には青銅器時代がないのか」等の18の「なぜ」が提起され、それについて二人が話し合う、という形をとっていて、どれもみな興味深いものでした。

18の「なぜ」のひとつ「なぜ日本には、武士なるものが存在するのか」について、橋爪氏は「武士は地主が自己武装したものではなく、武装した集団が地主になった、という順番ではないか」という仮説を唱えています。そして「武装することの根本には、やっぱり馬がある」として、「馬」というものが「馬に乗る資格のある人」という一定の人間集団をつくる、ということを言います。「馬を操る、移動や運送の能力に長けた者たちが、武装も身につけ、武士の起源になった」というわけです。
このような、「手段」による「社会」そのものの変化、ということは、今日においてコンピュータやインターネットによる社会の変化、にも結び付くもので、ひとつ興味深いものです。

しかしその反対に、「手段」の変化を社会の変化に結びつけない例も指摘されます。「鉄砲」をめぐるものです。
ヨーロッパにおいては、「鉄砲の集団化・平等化作用に媒介された、もう一つの個人化・主体化の作用のようなものがある」「絶対君主の下にいる鉄砲を持つ傭兵と言う時には、集団化・平等化の作用が前面に出ていますが、やがてそれが自己否定的に転回して、絶対君主に抵抗する鉄砲を持つ市民が出現する」というように「ヨーロッパでは、武器・兵器によって、社会が変革されていく」ということがあった、と指摘されます。
しかし、日本においては、「鉄砲」の導入によって戦闘方式に大きな変化がもたらされたにもかかわらず、それが主流にはならなかった、とされます。日本では、「鉄砲の威力に対する驚異もあるが、鉄砲にたいする軽蔑もあ」って、「補助的な武器として、身分の低いものに使わせる。それが足軽鉄砲隊である」という形がとられた、とします。「鉄砲を持ったからと言って政治的主体にならなかった」とされるわけです。
「鉄砲を持っている人びとが集団的に反乱を起こす可能性があったら、フランス革命の第三身分みたいで危なかったでしょうが、日本の足軽はそうはならなかった。常に従属的地位に甘んじた。」ということです。

ここに、日本の文化的特質をみることができる、というところに面白みを感じたのですが、さらにはもっとずっと小さい卑近なことで言えば、土地家屋調査士の「従属的地位に甘んじ」る姿勢の根源というのは、こういうところにあるのかな、とも思わされました。あまり本筋でない感想ですが興味深く考えさせられたところです・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加