宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

ほ場を見せ合う事も勉強になります

2017年06月14日 16時54分10秒 | その他

 8月お盆と9月彼岸出荷用の小ギクの生育状況を確認するため,丸森地区花卉部会の現地検討会が開催されました。当日は部会員他関係者合わせて合計20名でほ場を巡回しました。
 部会員全員のほ場を巡回することは難しいので,集落単位で2カ所程度合計10カ所のほ場を巡回し,生育状況,病害虫の発生程度について情報交換を行いました。
 昨年度多発したベト病も今年は1カ所でわずかに確認された程度で,防除に努めた部会員の成果を見ることができました。各ほ場で情報交換することで,新たな刺激を受け,互いに勉強になった様子でした。
〈連絡先〉大河原農業改良普及センター先進技術第二班
     TEL:0224-53-3431 FAX:0224-53-3138

 

      部会長から朝の挨拶          生産者同士で生育を確認

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 作付を前に最終確認!~大豆... | トップ | 「秋保環境保全米プロジェク... »
最近の画像もっと見る

その他」カテゴリの最新記事