宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

『ささ結(むすび)』栽培講習&ブランド化研修会が開催されました

2016年02月09日 14時35分55秒 | ⑨農村地域の振興に向けた取組支援

 大崎市や大崎地域3農協などで組織する「大崎の米『ささ結』ブランドコンソーシアム」は,平成28年1月25日に宮城県古川農業試験場において,『ささ結』栽培講習&ブランド化研修会を開催し,農家や関係機関など30名が参加しました。なお,『ささ結』は「東北194号」に対する大崎市の商標です。
 栽培講習の講師として古川農業試験場の永野副場長より,『ささ結』栽培のポイントや今後の展望などが示されました。ブランド化研修会の講師として,月間「食糧ジャーナル」編集部長の鶴田氏が,全国の米ブランド化競争について説明され,ブランド化に成功している地域では基本技術を徹底し,生産者がブランド化に対する高い意識を持つことが大事であるとの話がありました。
 休憩時間には,東北194号対応スイッチがある三菱電機「本炭釜KAMADO」による『ささ結』の試食会が催され,参加者から美味しいと評判で,今後の販路拡大に繋がるものと期待されます。
 普及センターでは,今後ともコンソーシアム活動を通じて栽培技術の支援を行っていきます。

<連絡先>
 宮城県大崎農業改良普及センター    
地域農業班 TEL:0229-91-0727 FAX:0229-23-0910

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JAいしのまき稲作部会総合... | トップ | 手作りの総菜・弁当作りの現... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む