宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

小ねぎ部会の後継者・参入者の技術向上を目指して

2014年01月27日 11時16分08秒 | ③先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

 美里普及センター管内では小ねぎの周年栽培が行われており,「仙台小ねぎ」のブランド名で全国でも有数の産地となっています。小ねぎ栽培には高い技術が必要ですが,販売が安定しており部会活動も活発なことから,後継者や新規参入者が取り組みやすい環境が出来ています。
 今回は,JAみどりの仙台小ねぎ部会の活動の一環として普及センター職員が講師となり,若手生産者の技術向上を目的とした土づくりや肥料に関する研修会を実施しました。内容は各肥料成分の役割や効果等,基礎的な部分に重点を置きました。参加した7名の生産者は熱心にメモを取り質問も活発でした。気象変動や土壌病害に負けない小ねぎ生産のため,「土づくり」の基本について改めて関心が高まっているものと思われます。
 今後も,普及センターでは若手生産者の技術向上を積極的に支援するため,同様の研修会を複数回実施していく予定です。

<問い合わせ先>
美里農業改良普及センター 先進技術班
                                                             TEL 0229-32-3115
                                                             FAX 0229-32-2225

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 登米市農業青年クラブがそば打ち... | トップ | 平成25年度第1回経営管理能力... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む