宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

直売所で研修会を開催 ~適切な食品表示と秋野菜づくりについて~

2013年07月11日 08時59分12秒 | ④競争力のあるアグリビジネス経営体の育成

 平成25年7月5日に、涌谷町の農産物直売所「わくや産直黄金の郷」の出荷者29名を対象に、食品表示と秋野菜栽培の研修会を開催しました。
 食品表示については、生鮮品と加工品の区分、加工品として必要な表示項目、JAS法で定められる個別の品質表示基準、具体的な表示方法等について解説しました。
 秋野菜栽培については、直売所向けとして有望な秋野菜3種類(カリフラワーロマネスコ、ロメインレタス、ミニチンゲンサイ)について解説しました。
 参加した方からは「食品表示の中で初めて聞いた話もあった」,「野菜の話が分かりやすかった」等の感想を頂き、質疑応答でも多くの質問が出ました。
 普及センターでは、今後も加工部門の充実,野菜の生産安定について支援を継続します。

<問い合わせ先>
 美里農業改良普及センター  先進技術班

  TEL 0229-32-3115,FAX 0229-32-2225

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 震災後,県内の公営牧場で初めて... | トップ | 「第1回 仙台農業復興塾」を開... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む