宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

「地域農業を担う農業生産法人が新たな技術に挑戦中!」

2013年06月24日 15時31分38秒 | ┸椋劼紡弍した普及活動
農事組合法人・林ライスは,岩沼市に平成25年2月に誕生した農業生産法人で,震災後の地域農業を担うべく5人の地元生産者によって設立されました。
 法人が主に担う林地区では,法人への水田の集積などによって約50haの作付けを 行うこととなり,この面積をこなすにあたって,法人ではこれまで行ってきた移植栽培の他,鉄コーティング種子による湛水直播(たんすいちょくは)栽培,そしてV溝播種方式の  乾田直播栽培に取り組んでいます。
 直播栽培は移植栽培と異なり,苗を育苗するための施設や資材,労力が削減できると  いうメリットがあり,さらに乾田直播では,作業速度が格段に上がることと,播種時期が4月下旬頃なので田植え作業や湛水直播の播種時期と重ならず,作業の分散化が図れるというメリットがあります。
 法人では,今年度,約4.7haの乾田直播に取り組んでおり,順調に生育しています。普及センターでは,生産者や関係機関と連携して,法人が安定した土地利用型農業を営めるように引き続き支援していきます。

連絡先 亘理農業改良普及センター  0223-34-1141


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第一回女性農業者スキルアップ講... | トップ | 大豆ほ場におけるクラスト防止対... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む