宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

いちごワイン製造施設等を公開!

2016年10月11日 15時11分30秒 | ①次代の農業を担う経営体の育成・支援

平成28年10月5日、山元町の「山元いちご農園株式会社」(代表取締役 岩佐 隆氏 従業員数47名)が関係機関約60名を集め、ワイン製造施設やいちご加工施設等の内覧会を開催しました。復興途中の山元町の新たな拠点施設として注目されています。

山元いちご農園㈱は、震災後に設立した法人で、主にいちごの生産・直売、いちご摘み取り、加工品の販売で年間約2億円の売り上げを達成している法人です。山元いちご農園㈱では6次産業化の取り組みをさらに進めたいと、国の事業を活用しいちごワインなどを醸造する施設「ワイナリー棟」、いちごの乾燥品や菓子用の一次加工品等を製造する「いちご加工棟」、薬草やハーブを使ったお茶などを製造する「薬草加工棟」を建設し、9月末に完成したことから今回のお披露目となりました。

醸造担当者4名からワインの製造工程の説明があったほか、大学と連携して試験醸造されたいちごワインの試作品が出席した関係者に振る舞われました。10月7日には1トン超のいちごを使ったワイン醸造に着手し、12月10日の常磐線「山下駅」の営業再開時にあわせて販売を開始したいとのことでした。

普及センターでは、専門家派遣や山梨県へのワイナリー視察など、ワイン製造や加工品の開発に支援を続けてきました。今後はワイナリー隣に建設される約1haのいちご栽培施設の栽培管理・運営を支援するとともに、引き続き6次産業化への支援を続けていきます。

  

<連絡先>

 宮城県亘理農業改良普及センター  先進技術班

 TEL:0223-34-1141 FAX:0223-34-1143

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 栗原農業未来塾を開催 ~高... | トップ | 「サワールージュ果実販売キ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む