宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

春キャベツの現地検討会が開催されました

2017年06月22日 13時56分49秒 | ⑤安全安心な農畜産物の生産に取り組む経営

 平成29年6月12日にJAいしのまき加工業務用野菜生産部会主催の春キャベツ現地検討会が開催されました。栽培している主な品種はサワー系の「祝園」と寒玉系の「みくに」です。3月中旬頃に播種し,4月中旬頃に定植しましたが,4月から5月にかけて雨が少なく,乾燥による生育の遅れが心配されました。しかし今回巡回した(農)水沼ファーム,(農)たてファーム・和の生産状況は外葉の大きさや結球形成は比較的良好であったことから,生産者も安堵の表情を浮かべていました。写真は(農)たてファーム・和のキャベツで,出荷は6月27日から始まる予定です。コナガやタマナギンウワバ等チョウ目害虫の食害や寄生が確認されたほか,べと病や黒腐病がわずかに確認されました。収穫間近ということもあり,使える農薬が限られている状況ですが,普及センターでは農薬を適切に使用するよう出荷前の総仕上げの指導を行いました。生産者も熱心にメモを取り,出荷に向けてよりいっそう気を引き締めていました。

<連絡先>
宮城県石巻農業改良普及センター  先進技術第2班
  TEL:0225-95-1435   FAX:0225-95-2999

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「はまなす会」と「ベジ☆Hope... | トップ | 仙南の和牛,第11回全国和牛... »
最近の画像もっと見る

⑤安全安心な農畜産物の生産に取り組む経営」カテゴリの最新記事