宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

なす現地検討会が開催されました。

2017年06月22日 17時55分10秒 | ④競争力のあるアグリビジネス経営体の育成

  JAみやぎ登米なす部会では,今年の栽培がスタートし,高品質・高収量を目指して活発に活動しています。去る5月12日には,単為結果性品種の現地検討会が開催されました。
 部会では,作業の省力化及び安定生産を目的として単為結果性品種を試験栽培しており,現地検討会では種苗会社,農協担当者と生産者のハウスを巡回し,生育状況を確認しました。また,仕立て方法や品種特性を踏まえた管理方法について検討しました。
 また,5月16日にはJAみやぎ登米なす部会現地検討会も開催され,部会長からきめ細かい温度管理や花の形態を診断材料として追肥等管理するよう説明がありました。その後,生産者2名のほ場にて,部会長から短花柱花が見られるため追肥すること,農薬の系統に注意しながら防除するよう説明がありました。普及センターからは,下位葉の葉色が薄いため追肥すること,防除の際は不要になった下位葉を摘葉すること等を指導しました。
 今後も引き続き栽培管理指導を行い,産地を盛り上げていきます。


  

 <連絡先>
 宮城県登米農業改良普及センター  先進技術班
 〒987-0511 
 宮城県登米市迫町佐沼字西佐沼150-5
  電話:0220-22-6127 
  FAX:0220-22-7522

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仙南の和牛,第11回全国和牛... | トップ | 夏まきのキャベツ・にんじん... »
最近の画像もっと見る

④競争力のあるアグリビジネス経営体の育成」カテゴリの最新記事