宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

管内で水稲乾田直播の播種作業開始。大規模土地利用型経営体の柱となるか

2014年04月30日 17時22分15秒 | ③先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

 管内では4月中旬から水稲の乾田直播栽培の播種作業が始まりました。主に沿岸部の大規模経営体で導入されており,今年度は管内で約15haほどの作付が見込まれています。

 乾田直播栽培のメリットとしては,4月中に播種が行えるため,水稲の移植作業と時期が重ならず,作業分散につながるとともに,代かきを行わず乾田状態で作業を行うため,作業スピードが速く,播種作業が適期に行えることなどが挙げられます。

 管内では乾田直播と言っても,通常のロータリーシーダーで播種を行う方式の他,東北農業研究センターが開発したグレンドリルで播種を行う方式や,愛知県総合農業試験場が開発したV溝乾田直播栽培など様々な播種様式が取り組まれています。

 普及センターでは,乾田直播栽培の課題である初期の雑草防除について,乾田直播専用の除草体系に関して情報を提供したり,生育調査を行うことで,これからの大規模土地利用型経営体における乾田直播栽培の技術の安定化を支援していきます。

<連絡先>

 亘理農業改良普及センター 先進技術班

 〒989-2301亘理町逢隈中泉字本木9

 電話 0223-34-1141

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 七ヶ宿町農林産物保管庫(雪室... | トップ | 栗原農業を牽引する「栗原農... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む