宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

シーサイドファーム波路上株式会社によるネギの定植作業が行われました

2017年05月15日 13時04分40秒 | ②津波被災地域の営農確立支援

 平成29年5月11日に,気仙沼市杉の下工区でシーサイドファーム波路上株式会社によるネギの定植作業が行われました。

 東日本大震災から6年と2ヶ月が経過し,農地復旧とほ場整備工事が行われた後に引き渡された杉の下工区の農地に,初めて作物が定植されました。

 シーサイドファーム波路上株式会社は震災後に設立した農業生産法人であり,地域農業の担い手として大規模なネギ栽培とイチゴ栽培を手がける予定です。当日は約50aの定植が行われ,6月末までに約3haの定植を行う予定です。

 作業の開始直後は,初めて利用する機械の操作方法を指導してもらいながら,丁寧に定植を行いました。

<連絡先>

宮城県本吉農業改良普及センター 地域農業班
〒988-0341 気仙沼市本吉町津谷桜子20-2
TEL:0226-29-6044   FAX:0226-42-1672
E-MAIL:mynks@pref.miyagi.lg.jp

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本吉地区第1回みやぎ農業未来... | トップ | 極良食味水稲新品種「だて正... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む