宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

民泊研修会~安全についてのワークショップ~を開催しました

2016年10月14日 10時09分17秒 | ⑨農村地域の振興に向けた取組支援

 平成28年9月14日,南三陸町入谷地区のひころの里で,「民泊研修会~安全についてのワークショップ~」が開催されました。一般財団法人都市農山漁村交流活性化機構の花垣紀之氏を講師に迎え,気仙沼市と南三陸町の民泊受け入れ農家25名が参加しました。
 講師の先生からは,アレルギーを持った子供も多いため食事には気をつける必要があることなど,子供たちを受け入れる際の注意点を学びました。また,草取りや障子張りなど,農家の何気ない日常でも都会の子にとっては“体験”になるというお話もいただきました。
 その後,4つのグループに分かれ,子供たちに滞在中どのような体験をしてもらうかを話し合って決め,その際に起こりうる事故を予想しました。そして,どのような対策をしたらその事故を防ぐことができるのかを考えました。参加者は,魚釣りや夕食作りなど,子供たちに喜んでもらえる体験を楽しく話し合いながらも,海への落下や火傷など,あらゆる危険性を真剣に考えていました。
 普及センターでは,今後も関係機関と連携し,民泊への取り組みを支援していきます。

<連絡先>
宮城県本吉農業改良普及センター 先進技術班
988-0341 気仙沼市本吉町津谷桜子20-2
0226-29-6044

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 丸森地区花卉部会菊類出荷反... | トップ | 身近なところでがんばってい... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む