宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

健康でゆとりある暮らしの実現を目指して

2016年12月28日 15時07分40秒 | ⑦地域農業を支える意欲の高い担い手確保

 平成28年12月14日,仙台市若林区の加藤一(はしめ)さん,和江さんご夫婦が,ご自宅で家族経営協定調印式を行い,新たに家族経営協定を締結しました。
 加藤さんご夫婦は,水稲と野菜の専業農家で,震災後の平成24年12月には,農家レストラン「畑の中のごはん屋 ちょっこら」を開業しました。夫婦二人三脚で経営しており,和江さんは,宮城県指導農業士,仙台市農業委員としても活躍されています。
 ご夫婦が目指しているのは,「健康でゆとりある暮らしの実現」です。これまでは,がむしゃらに農業に打ち込んできましたが,これからは少しずつゆとりある生活をしていきたいと考えるようになり,家族経営協定を締結することにしました。
 締結式は,普及センターの庄司所長と仙台市農業委員会の髙橋農業委員の立会のもと協定書に調印し,髙橋農業委員からは,「ご夫婦で協力し合い,健康に気をつけながら,自分の時間を大切にして頑張ってほしい」と激励の言葉をいただきました。
 締結したお二人は,「これまでも協力しながらやってきたが,協定書として持っていると気持ちが変わる。協定書に恥じないよう頑張りたい」と抱負を語っていました。

〈連絡先〉
  宮城県仙台農業改良普及センター 地域農業班
  〒981-8505 仙台市青葉区堤通雨宮町4番17号
  TEL:022-275-8374
  FAX:022-275-0296
  E-mail sdnokai@pref.miyagi.jp

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第2回地域営農推進研修会 「... | トップ | 家族経営協定を締結しました »
最近の画像もっと見る

⑦地域農業を支える意欲の高い担い手確保」カテゴリの最新記事