宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

黒川地域の土づくり実践研修会「その肥料で大丈夫?園芸産地の土づくりを見直そう」を開催

2017年03月13日 10時00分45秒 | ⑤安全安心な農畜産物の生産に取り組む経営

 黒川地域では,野菜指定産地となっている「ほうれんそう」,転作田を活用した「曲がりねぎ」等を中心とした園芸産地づくりを進めていますが,長年の栽培年数を経過したほ場では,土壌中の養分のバランスが崩れるなどによって生育不良となる事例も見られており,施肥管理方法の見直しが必要となっています。
 そこで,仙台農業改良普及センターではJAあさひなとの共催で,平成29年3月3日大和町のまほろばホールを会場に,東京農業大学名誉教授の後藤逸男先生を講師に迎え,土づくり実践研修会「その肥料で大丈夫?園芸産地の土づくりを見直そう」を開催しました。
 はじめに,普及センター先進技術第一班伊藤班長より,黒川地域の土壌分析結果からみる現状と課題について説明した後,後藤先生から「健康な土づくりのための園芸土壌の課題と対策」と題し,黒川地域の園芸土壌を実例に,分析項目の意味や具体的な対策についてわかりやすく講演いただきました。特に,土壌のリン酸蓄積は「コレステロールの蓄積」,塩類濃度が高いのは「高血圧症」の様なものと考えよう,といった身近な健康キーワードを用いた説明がとてもわかりやすく,土壌分析に基づく土壌管理の重要性を改めて認識された様子で,さらなる園芸振興に向けた生産者意欲の高まりが感じられた研修会でした。

〈連絡先〉
  宮城県仙台農業改良普及センター
  先進技術第二班
  〒981-8505
  仙台市青葉区堤通雨宮町4番17号
  TEL:022-275-8374
  FAX:022-275-0296
  E-mail sdnokai@pref.miyagi.jp

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 農業法人雇用農業者等育成支... | トップ | 専門家による法人経営改善支援 »
最近の画像もっと見る

⑤安全安心な農畜産物の生産に取り組む経営」カテゴリの最新記事