宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

「地域食材クッキング体験in気仙沼」を開催しました

2016年12月28日 10時20分40秒 | ①次代の農業を担う経営体の育成・支援

平成28年12月13日,気仙沼中央公民館で,郷土食を伝える地域食材クッキング体験in気仙沼を開催しました。

講師には,農産物直売所みのり市の会員で,毎回店に「がんづき」を出荷している熊谷洋子氏を迎え,“もさ”と“ねっちり”の「がんづき」2種類の調理実習を行いました。

参加者は,郷土食に関心のある気仙沼市内の30~50代の主婦11組が集まりました。

参加者の中には,「膨らみが弱いのでコツを学びたかった」「ねっちりがんづきのふかし上がりの見極めを知りたかった」など問題意識を持って参加している方もいました。

 調理実習では,「もさがんづき」の重曹と酢の化学反応で一気に泡立つ様子に参加者一同身を乗り出して見入っていたり,作業の合間に何度も講師を呼び作業の見極めを確認するなど,熱心に取り組んでいました。

 試食は「美味しい!」「思ったよりも簡単で自宅でも子どもと一緒にできそう」という声が挙がり,次回の開催内容について「郷土料理の『あざら』を習いたい」「『かぶぶかし』も」等という要望も出ていました。

 

<連絡先>

宮城県本吉農業改良普及センター 地域農業班

〒988-0341 気仙沼市本吉町津谷桜子20-2

0226-29-6044

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「みのり市情報発信力向上研... | トップ | 加工用トマトの実績検討会が... »
最近の画像もっと見る

①次代の農業を担う経営体の育成・支援」カテゴリの最新記事