宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

仙台市の(農)井土生産組合で玉ねぎの出荷が始まりました。

2017年07月06日 18時03分40秒 | ③先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

 仙台市若林区井土浜地区にある農事組合法人井土生産組合(H25.1法人化)では,復旧した津波被災農地において水稲プラス園芸作物(ねぎ,玉ねぎ,ミニトマト等)による経営を展開しています。
 大区画に造成された畑地ほ場でのねぎ,玉ねぎ栽培は,開始当初は排水不良や栽培経験の不足により計画した収量が得られませんでしたが,その後,排水改良や緑肥作物の作付け等による土づくりに取り組み,加え栽培技術の習熟等により,年々収量が向上してきています。
 6月中旬から,昨年10月に定植した玉ねぎほ場3haで収穫作業が開始しました。玉ねぎに傷がつかないよう注意を払いながら機械で掘り取りを行いました。
 その後,契約販売先の加工野菜業者と目揃会を行いました。業者からは「今年の玉ねぎも玉のびが十分で形も良い。井土の玉ねぎは評価が高いので昨年同様に良い玉ねぎを出荷して欲しい。」という意見が出されました。
 収穫された玉ねぎは乾燥機で乾燥した後調整を行い,7月から出荷を行います。

〈連絡先〉
  宮城県仙台農業改良普及センター 先進技術第二班
  〒981-8505 仙台市青葉区堤通雨宮町4番17号
  TEL:022-275-8374
  FAX:022-275-0296
  E-mail sdnokai@pref.miyagi.lg.jp

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 富谷市ブルーベリー生産組合... | トップ | 栽培・経営・仲間作り! ~... »
最近の画像もっと見る

③先進的技術に取り組む経営体の育成・支援」カテゴリの最新記事