宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

「田んぼの生き物観察会」が開催されました

2017年07月11日 08時33分45秒 | ⑨農村地域の振興に向けた取組支援

  平成29年6月29日,南三陸町入谷地区において「田んぼの生き物観察会」が開催されました。この観察会は南三陸米地産地消推進協議会が主催し,子どもたちに稲の生育する様子や田んぼの生き物の多様性を知ってもらおうと毎年開催されています。今回は,講師に「ナマズのがっこう」事務局長の三塚牧夫氏を招き,南三陸町立入谷小学校の3年生13名が参加しました。

はじめに,児童たちが田んぼで網をすくいながら,生き物を集めました。そして,一人ずつ,集めた生き物が何かを講師に聞きながら,ノートにメモをとっていました。集めた生き物のなかには,トウキョウダルマガエル,コオイムシなどがいました。

講師の三塚氏は,「入谷地区には豊かな自然が残っている。特に,田んぼの虫や生き物を食べてしまうウシガエルやザリガニがいないため,たくさんの生き物が観察できた。今日見た生き物のなかには珍しいものもいる。しっかりと見て覚えてほしい」と話していました。参加した児童も,「いろいろな生き物が見られて楽しかった」と話していました。

生き物観察の終了後,参加者全員でJA南三陸産のひとめぼれ,「南三陸米」のおにぎりの試食があり,児童たちはおいしそうに地元産の「南三陸米」を食べていました。

<連絡先>

宮城県本吉農業改良普及センター 先進技術班

〒988-0341 気仙沼市本吉町津谷桜子20-2

TEL:0226-29-6044   FAX:0226-42-1672

E-MAIL: mynokai@pref.miyagi.lg.jp

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「仙南地域新規就農者支援担... | トップ | 平成29年度仙台農業士会総会... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む