宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

第2回地域営農推進研修会 「水田直播栽培の最前線」 を開催しました

2016年12月28日 14時32分25秒 | ③先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

 亘理普及センターでは,平成28年12月15日に岩沼市のハナトピア岩沼を会場に『水稲直播栽培の最前線』というテーマで,管内水田農業経営体を対象とした本年度2回目の地域営農推進研修会を開催しました。

 現在,管内では被災農地を中心にほ場の大区画化が進み,担い手への集積が進んできています。担い手の中には100haを越える規模の経営体も珍しいものではなくなりつつあり,水田農業の効率化や省力化,低コスト化への対応として,直播栽培面積の拡大傾向が続いています。

 そこで今回は水稲の直播栽培に関わっている研究機関担当者2名による技術的なポイントや課題に関する講演と,現場での実際の取り組みに関する情報交換による研修会としました。

 2人の講師から乾田直播栽培と湛水直播栽培に関する技術情報やポイントなどが説明されたほか,参加者からは播種後の苗立ちや除草管理,水管理など重要なポイントに関する質問もなされるなど,意義深い研修会となりました。

 直播栽培に関しては,ほ場整備による大区画化やそれに伴う水保ち条件から勘案すると,当管内は直播栽培に適している地域と考えられるとの見解が講師から示されました。

 水稲の直播栽培に関しては今後,益々普及拡大が予想されるため,現地実証を活用しながら,各関係機関と連携し技術の普及定着に向けた支援を行って参ります。

 

 

 

宮城県亘理農業改良普及センター  地域農業班

TEL:0223-34-1141 FAX:0223-34-1143

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パソコン農業簿記を活用した... | トップ | 健康でゆとりある暮らしの実... »
最近の画像もっと見る

③先進的技術に取り組む経営体の育成・支援」カテゴリの最新記事