宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

蔵王梨生産者が徹底した病害対策に取り組む②

2017年06月15日 17時11分55秒 | ③先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

 6月13日,JAみやぎ仙南蔵王地区なし部会は,蔵王梨選果場において今年度2回目の栽培講習会を開催しました。

 蔵王地区は,昨年,ナシ黒星病の発生により,大きな被害を受けました。病原菌の越冬密度を低下させるため,収穫後から薬剤防除や落葉処理などの防除対策に取り組んできました。

 前回5月の講習会は,果そう基部病斑の判断と除去を勉強しました。今回は,徐々に増え始めた病原菌の付着した果実の徹底除去を重点に,害虫の発生状況と防除対策も勉強しました。

 講習会終了後には,部会長を中心に今後の散布薬剤を防除暦に照らし,生産者ごとに検討しました。

 部会では栽培講習会を継続して開催し,蔵王のおいしい梨の安定生産に取り組んでいきます。

 
個別に散布薬剤を検討

〈連絡先〉宮城県大河原農業改良普及センター 先進技術第二班
      TEL:0224-53-3431 FAX:0224-53-3138

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「花のみち45」花壇管理講... | トップ | 川崎地区で夏まきブロッコリ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む