宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

家族経営協定を生かして

2011年03月08日 14時35分53秒 | ッ楼菁清箸鮖戮┐訝瓦ぜ蠅粒諒欅蘋支援

今年度はじめての家族経営協定締結式が2月8日に栗原市農業委員会会議室にて行われました。栗原農業改良普及センター管内では,平成21年度末現在で45組の家族が協定を締結しています。
 今回は,夫婦間締結,後継者と両親の3者締結,後継者夫婦と親夫婦の4者締結の3組です。4者で締結した家族は以前夫婦間締結を結んでおり,家族の状況が変化したことに伴い,今回は見直しをして再締結となりました。このように,家族協定はその時々の家族状況によって見直しを行い,家族の話し合いを深めるツールとして活用することが大切です。この家族の経営者は,今後後継者の農業者年金加入を進めたいとのことでしたが,家族経営協定をステップにして,経営に参画するそれぞれが自覚と責任を持ち,前向きに「わが家の農業経営」に取り組んで欲しいと思います。
年度内にまだ数組の締結希望があり,普及センターとしても協定締結が新たなスタートであり,ゴールではないこと,協定締結に至る話し合いのプロセスや締結後の意識が大切であることを呼びかけながら支援を行っていきます。
<連絡先>
宮城県栗原農業改良普及センター 地域農業班   
TEL:0228-22-9404       FAX:0228-22-5795・6144

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 祝日本農業賞大賞〜第13回瀬峰... | トップ | 野菜の色使いで広がる食事の楽しさ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む