宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

作付を前に最終確認!~大豆栽培講習会が開催されました~

2017年06月13日 16時46分09秒 | ③先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

 県内有数の大豆産地である登米地域では,現在,各生産者が大豆の播種準備に精を出しているところですが,去る5月31日,播種作業を前に平成29年度大豆栽培講習会が開催されました。大豆生産で問題となっている雑草害,連作障害について今一度確認するため,普及センターとJAみやぎ登米が共催で開催したもので,生産者等約60名が参加しました。

 古川農業試験場の金野技師の講演では,除草の難易度で分類した雑草種の紹介の後,種ごとの対策について説明がありました。作業別の残草要因とその対策,効果的な作業方法等,明日からの作業に役立つ内容に参加者が耳を傾けました。

 また,普及センターからは,近年管内で発生が増加しているダイズシストセンチュウについて,一度ほ場内に入ると根絶が難しいことから,発生ほ場をよく観察し,未発生ほ場に持ち込まないことが重要であると注意喚起し,薬剤や対抗植物を用いた対策について情報提供を行いました。
 最後に,対抗植物と緑肥を兼ねてクリムゾンクローバーを栽培している現地ほ場に移動し,生育状況の確認とすき込み実演の見学を行いました。

 約5か月の栽培期間の後,収穫された大豆は,主にみそや油揚げ,栄養補助食品等に加工されて消費者のもとに届けられます。ブログをご覧の方々,宮城県産大豆を今後ともよろしくお願いします!

 

 


<連絡先>
 宮城県登米農業改良普及センター  先進技術班
 〒987-0511 
 宮城県登米市迫町佐沼字西佐沼150-5
  電話:0220-22-6127 
  FAX:0220-22-7522

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みやぎの食材を伝える「みや... | トップ | ほ場を見せ合う事も勉強にな... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む