宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

被災地域の土地利用型農業のカギ・水稲直播技術研修会を開催しました

2014年01月24日 13時26分16秒 | ゝ蚕儚弯靴房茲蠢箸犒弍賃里琉蘋・支援

 1月21日,JA名取岩沼美田園支店研修室において,普及センターが主催となって水稲直播技術研修会を開催しました。当管内では沿岸部の被災地域を中心に生産組織や法人の大規模化が進んでおり,水稲直播に関する基本的技術の習得を狙いとしたものです。

 始めに普及センターから水稲直播の種類や導入する際のメリット・デメリットに触れながら,導入する上でのリスクはあるものの,直播栽培が経営面積の拡大のためには重要な技術となっていく旨を説明しました。

 さらに古川農業試験場から水稲直播に取り組む上で大きな課題となっている雑草防除について,最新の農薬登録に関する情報を交えて雑草の種類ごとに丁寧な説明を頂きました。

 会場からは作付再開地域の施肥設計や,大規模化に伴って水稲直播技術をどのように経営に取り入れていくかなど,それぞれの経営と照らし合わせての質問や要望が出され,参加者の関心の高さが伺えました。

 普及センターでは,来年度作付予定ほ場の土壌分析を実施するとともに,水稲直播に関する技術指導を継続し,生育期間中の生育調査を実施して土地利用型生産組織の技術向上を支援していきます。

 

<連絡先>

 宮城県亘理農業改良普及センター 先進技術班

 TEL:0223-34-1141 FAX:0223-34-1143

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 栗原4Hクラブ「平成25年度栗... | トップ | 登米市農業青年クラブがそば打ち... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む