宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

春まきたまねぎ苗の機械移植が行われました。

2017年04月20日 08時01分57秒 | ③先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

 平成29年4月12日,川崎町で春まきたまねぎ苗の4条機械移植が行われました。苗は2月1日にセルトレイに播種し,パイプハウスで無加温育苗されたものです。また,育苗期間中に茎を太くするために,剪葉が2回行われました。

 ほ場は4月6日に,施肥(畝内施肥)・畝立て・マルチ張り(生分解性黒マルチ)同時作業機により準備していたものです。

 普及センターでは,春まきたまねぎの7月収穫に向けて,除草や病害虫防除等及び収穫後の乾燥調製の生産支援を通じて,土地利用型園芸作物の生産拡大を図っていきます。


機械による移植作業


育苗の現地検討・剪葉

〈連絡先〉宮城県大河原農業改良普及センター先進技術第二班
      TEL:0224-53-3431 FAX:0224-53-3138

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南三陸「ねぎ料理レシピ集」... | トップ | りんごジョイント栽培接ぎ木... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む