宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

ばら直売園で「復興3 9 ( サンキュー) 企画」を実施!

2011年11月28日 13時12分01秒 | ┸椋劼紡弍した普及活動

 名取市の丹野敏晴さんが営む梶農園は, 9 2 . 5 a の敷地で, ばらの栽培を行っています。また, 栽培施設の敷地内には直売園を併設しており,ばらの直売も行っています。
津波による被害はかろうじて免れたものの, バラを栽培するためのベンチの倒壊や, 暖房機が破損するなどの大きな被害を受けました。しかし,丹野さんは震災直後から,
家族や従業員, 友人等と協力しながら栽培施設の復旧作業に取り組みました。
 また, 丹野さんは「このピンチをチャンスに変えたい! 」という思いから, 梶農園の復興に向けて, みやぎ産業振興機構及びブレイントラストアンドカンパニー( 株) の支援を受けながら, 様々なプランづくりを始めました。
 その取り組みの1 つとして実施された「復興3 9 ( サンキュー) 企画」は, ばらのアレンジメントを3 ,9 0 0 円で全国に発送するという企画で,梶農園のばらを支持してくれたお客さまへの感謝の気持ちが込められたものです。
 商品は直売園担当の丹野こずえさんのアイディアにより,香りばらを用いた「秋の香り」,秋をイメージした「秋の旬彩」,かわいらしい小輪系のばらを用いた「錦秋小バラ」の3 種類を用意しました。お客様からは「こんな豪華なアレンジメントが3 ,9 0 0 円とは! 」という声も寄せられ,評判は上々です。注文数やアンケートの回収率も目標を上回っており,手応えを感じています。現在は, 直売園ロゴマーク, パンフレット, ホームページのリニューアルを進めています。
 丹野さんは,「今後も梶農園のばらをPR し,情報発信していきたい。そして,より多くのお客さまに満足していただけるばらを生産したい」と話しています。

 

連絡先:亘理農業改良普及センター 0223-34-1141

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いちご農家の新たなスタート! ... | トップ | 「まめな作業を」〜美里管内の大... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む