宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

春まきたまねぎの現地検討会が行われました

2017年05月12日 08時14分13秒 | ③先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

 平成29年5月8日,大河原町において春まきたまねぎの現地検討会が行われました。たまねぎは,4月14日に機械で移植されていたものです。

 農業・園芸総合研究所の研究員を講師に,本年初めて作付けした生産者を含めて現地で生育の検討を行い,たまねぎは順調な生育であることを確認しました。

 今後の管理として,雑草対策や病害虫の防除について説明の後,質疑応答,意見交換が行なわれました。

 普及センターでは,春まきたまねぎの7月収穫に向けて,病害虫防除及び収穫後の乾燥調製の生産支援を行い,土地利用型園芸作物の生産拡大を図っていきます。


現地検討の様子

〈連絡先〉宮城県大河原農業改良普及センター 先進技術第二班
      TEL:0224-53-3431 FAX:0224-53-3138

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 登米市産なす「美・茄子(び... | トップ | 蔵王梨生産者が徹底した病害... »
最近の画像もっと見る

③先進的技術に取り組む経営体の育成・支援」カテゴリの最新記事