宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

富谷市ブルーベリー生産組合が視察研修会を開催 ~「岩手ブルーベリーの会 夏期講習会」で先進技術を学ぶ~

2017年07月06日 18時00分21秒 | ③先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

 平成29年6月24日に富谷市ブルーベリー生産組合が「岩手ブルーベリーの会 夏期講習会」に出席し,先進技術を学んできました。富谷市ブルーベリー生産組合は,現在28人の生産者で構成されており,せん定講習会や視察研修会などを開催して高品質なブルーベリー生産を目的に活動しています。
 当日は15人の生産者が参加し,岩手大学の渡邉助教授による講義や岩手大学の園地見学等を行いました。
 講義は,基礎的な内容から花芽制限や受粉による果実肥大への影響,近年問題になりつつあるウイルス病など,幅広い知識を学びました。また,岩手大学の園地では,富谷市では見かけない4本主枝で仕立てた樹形を見ることができ,生産組合員も仕立て方のポイントや新梢管理の方法など,ほ場管理者の説明を真剣に聞いていました。
 今回学んだ知識や技術を現場で活用できるよう,普及センターは今後もブルーベリー栽培を支援していきます。

    

〈連絡先〉
  宮城県仙台農業改良普及センター 先進技術第一班
  〒981-8505 仙台市青葉区堤通雨宮町4番17号
  TEL:022-275-8410
  FAX:022-275-0296
  E-mail sdnokai@pref.miyagi.lg.jp

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月彼岸出しカンパニュラ栽培... | トップ | 仙台市の(農)井土生産組合で... »
最近の画像もっと見る

③先進的技術に取り組む経営体の育成・支援」カテゴリの最新記事