宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

波乗りトマト・とまたん参上

2015年09月10日 09時32分45秒 | ゝ蚕儚弯靴房茲蠢箸犒弍賃里琉蘋・支援
東日本大震災により壊滅的な被害を受けた,気仙沼市本吉町小泉地区に新たなトマト生産施設が完成し,去る9月3日に落成式が行われました。
気仙沼地域では類を見ない2ha規模のフェンロー型ハウスで大玉トマトの周年栽培に取り組みます。
この施設を地域の復興シンボルにしようと意気込むのは(株)サンフレッシュ小泉農園の今野代表取締役。
生産するトマトが波に乗って売れる事を期待して「波乗りトマト・とまたん」という名称とキャラクターを作り商標登録まで取得しました。
サンフレッシュ小泉農園は,すでに30名以上を雇い入れており,地域雇用の場となり,地域の復興と個人の生活再建の足がかりとなっています。
普及センターでは、関係機関と協力し技術面・経営面・労務面をサポートしながら、トマト生産が順調に波に乗るように支援していきます。

<連絡先>
宮城県本吉農業改良普及センター 地域農業班
〒988-0341 気仙沼市本吉町津谷桜子20-2
0226-29-6044

関係者によるテープカット
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古川農産加工クラブ連絡協議会視... | トップ | 農地中間管理事業モデル地区で説... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む