宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

大きくて美味しいりんご作りに向けた「せん定」が今年も始まりました。

2015年02月27日 16時35分26秒 | ⑤安全安心な農畜産物の生産に取り組む経営
亘理名取果樹振興協議会では毎年1月早々にせん定講習会を開催し,本格的にせん定作業が始まります。今年は1月7日に宮城県農業・園芸総合研究から講師を招き,マルバ台木とわい性台木の「ふじ」について,講師が実際に鋸やはさみを使った実演により,有効なせん定方法を学びました。引き続き午後から,効果的な病害虫防除について研修を実施しました。
 管内では,この他にも1月19日に山元町で,28日には岩沼市,29日には名取市で普及センター職員が講師を務め,それぞれせん定講習会を開催し,更なる高品質なりんごの安定生産に向けての作業がスタートしています。
 普及センターでは今後も果樹協議会や関係機関と連携しながら,高品質なりんご生産と果樹産地の発展を強力に支援していきます。


亘理名取果樹振興協議会のせん定講習会風景

〈連絡先〉宮城県亘理農業改良普及センター・先進技術班 
     tel.0223-34-1141 fax.0223-34-1143
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成26年度北部ブロック農村青... | トップ | 新規就農者のための経営管理講座... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む