宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

「こだわりの農産加工品を作ろう!亘理の農産加工品開発 パート2」

2014年10月31日 18時28分59秒 | ▲▲哀螢咼献優昂弍賃里琉蘋・支援
 10月10日に株式会社ライフサポートわたりが主催する第8回産直加工品出荷者研修会が,JAみやぎ亘理本所2階調理室で開催され,農産加工品を販売する加工グループ約15名の方々が参加されました。今回の研修会は,こだわりのある付加価値の高い農産加工品の開発を目的に,フードコーディネーターである有限会社シー・ポイント取締役の落合順子先生を講師に招き,一次加工した農産物と米粉を材料に,パウンドケーキの試作実演を行いました。普及センターからは,農産加工に使える食品加工機器の特徴,乾燥野菜の製造方法,食品表示法の施行に伴う食品表示の変更(アレルギー表示等)について情報提供を行いました。
 実演の材料には,食物繊維の多いかぼちゃ,通年で生産が可能な小松菜,そして亘理管内の特産であるいちじくを使用しました。予め,かぼちゃと小松菜は乾燥粉末にし,いちじくはジャムにして実演に用いました。米粉は有限会社菅原商店の宮城県産のケーキ用米粉を使用しました。
 実演では,副材料にこだわりつつ見た目をきれいにすることを加工のポイントとしました。加工方法や副原料を工夫することで,一般的な農産物でも付加価値が付けられることを理解いただけました。
 さらに,普及センターからは,食品加工に関する基本技術についての講習も行いました。安価で簡便に取組める乾燥方法として,「除湿空気乾燥」があり,家庭用の除湿機と簡易なサーキュレーターを利用し,スライスした原料を通気性の良いバットにのせるだけで,風味と色と栄養素が残る乾燥野菜ができます。これを更に,小型の粉砕機で粉砕すると,乾燥粉末ができます。今回は,乾燥の実演はできませんでしたが,事前にこれらの方法で作った乾燥粉末を使用したパウンドケーキを試食することで,参加者には乾燥粉末の良さを理解いただけました。
 食品表示については,アレルギー表示の重要性が年々高まっていることから,アレルギー表示の必要な原材料の種類と表示の方法について情報提供を行いました。
講習終了後の活発な意見交換やアンケートの反響も含め,大変有益な研修会となりました。普及センターでは,これからも,美味しくて安心・安全な農産加工品販売の一助として,加工品開発の支援を行い,農業者の6次産業化の推進を図っていきます。

亘理農業改良普及センター 先進技術班
連絡先 TEL 0223-34-1141 FAX 0223-34-1143
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いちご産地のさらなる復興へ 〜... | トップ | くりはらMMN塾女性起業支援コー... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む