宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

JA南三陸果樹生産部会の通常総会が開催されました

2017年03月08日 09時09分15秒 | ⑤安全安心な農畜産物の生産に取り組む経営

 平成29年2月24日,気仙沼市本吉町にある「はまなす海洋館」で,JA南三陸果樹生産部会通常総会が開催されました。

 総会に先立ち,JA南三陸果樹生産部会員,農協,普及センターで,昨年問題となった病害虫を踏まえ,今年の防除方針について検討が行われました。

 昨年は,りんごの「褐斑病」,なしの「黒星病」,両樹種共通で「シンクイムシ類」の発生が目立ち,防除に苦慮した例もあったことから,これらの病害虫の対策に重点を置いた防除方針となりました。

 そのほか,普及センターから,「土壌診断のススメ」と題して,生理障害(栄養過多や失調など)と疑われる症状が見られた場合は,土壌診断を行って判断することを説明しました。 また,NOSAI宮城迫支所の職員からは,果樹共済と園芸施設共済,平成30年秋から加入申請が開始される収入保険制度について情報提供がありました。

 通常総会では,会員相互の交流をより深め,先進的な技術を積極的に取り入れながら,安全・安心な果物生産に取組んでいく計画となりました。

防除方針検討会の様子

 <連絡先>

宮城県本吉農業改良普及センター 先進技術班

〒988-0341 気仙沼市本吉町津谷桜子20-2

電話:0226-29-6044 FAX:0226-42-1672

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成28年度農事組合法人平貫... | トップ | JA仙台「こめづくり」研修会... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む