宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

いちご農家の新たなスタート! ~ 「家族経営協定」を締結~

2011年11月28日 13時09分59秒 | ②津波被災地域の営農確立支援

山元町にある「夢いちご生産組合」(菅野孝雄組合長,構成員9 名)では,いちご生産を再開するにあたり, 4 戸1 6 名が, 亘理農業改良普及センターや山元町の支援を受けて話し合いを重ね, 家族経営協定の締結に至りました。この協定は,家族内の役割分担や労働条件を明確化し,魅力ある農業経営を実現することを目的としたものです。
この協定を締結した半澤家, 大坪家, 深沼家, 土生家の4 家族は, 自宅や施設の大半が流出・損壊するという, 大きな被害を受けました。しかし, 夢いちご生産組合が管理する
牛橋地区の大型施設は奇跡的に全壊を免れたため, 9 月には定植を終えることができました。気持ちも新たに再出発した4 家族ですが,特にその後継者たちは,「山元のいちごを自分たちの手で復興させるため, 経営にも積極的に参画していきたい」という思いを強くし
ています。
家族経営協定の合同調印式は, 9 月2 1 日に山元町役場で行われました。4 家族を代表
して半澤文典さんは,「震災からの復興を目指し,家族の絆を深めながら,クリスマス需要
期の出荷に向けて, 全員で取り組んでいきたい」と決意を表しました。また, 協定の締結
後には後継者たちが農業経営改善計画を作成し, それぞれ, 町の認定農業者として認められました。

連絡先:亘理農業改良普及センター 0223-34-1141

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今季産のいちごが初出荷され... | トップ | ばら直売園で「復興3 9 ( ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む