宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

亘理名取地区の関係機関が連携して,東日本大震災の堆積土砂・汚泥をサンプリング

2011年06月03日 14時51分31秒 | ②津波被災地域の営農確立支援
亘理名取地区では,東日本大震災で多くの農地が津波の被害を受けました。
 亘理農業改良普及センターでは,3月下旬から4月中旬にかけ,浸水被害の境界域を管内関係機関と一体となって調査し,塩害が懸念されるエリアの特定を進めてきました。境界域よりも海に近い地区では,土砂が堆積している農地も多いこと,また,堆積物には,硫化物等の混入も考えられることから,県では,東北大学の協力を得て,県内の津波被害を受けたエリア全域の土壌サンプリングと土砂等の堆積状況の調査を行いました。
 亘理農業改良普及センター管内では,5月16日から18日までの3日間に,管内市町,JA,NOSAI,土地改良区などの管内関係機関に加え,東北農政局阿武隈土地改良調査管理事務所の協力も得ながら,東北大学,農業・園芸総合研究所,古川農業試験場,県庁関係課を含め,のべ約100人で1k㎡あたり3~4か所,合計209か所でサンプリングと土砂の堆積状況等の調査を行いました。
 サンプリングした土壌は,現在,農業・園芸総合研究所,古川農業試験場で,pH,電気伝導度(EC)のほか,重金属等の項目について分析を進めているところです。
 今回調査しました土砂の堆積状況や化学分析の結果をもとに農地の復旧,亘理・名取地域の農業・農村の復興に向けて取り組んで参りますので,今後とも御協力をよろしくお願いします。

連絡先:亘理農業改良普及センター 先進技術班 0223-34-1141
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宮城県を元気に・・岩沼のカーネ... | トップ | 南三陸町からの避難者を雇用し野... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む