無実の無期懲役囚・星野文昭さんの再審開始と早期釈放を実現するために、宮城県を中心に支援を広める活動を行っています。
みやぎ 星野文昭さんを救う会






星野カレンダー2018の1月のページから「未来輝く新年を迎えて、暁子へ」という文昭さんを絵と「希望」というタイトルの暁子さんの詩を紹介します。


希望

 「暖房を 入れろ」
 
 「ポケットカイロを 認めろ」

 「湯タンポを 入れろ」


 一切の対応をしない 徳島刑務所に

 それならば 世界中からも

 民衆の 怒りの声を 届けよう


 底冷えする 三畳の房

 かじかむ手に 息を 吹きかけ

 手紙を書く あなたの

 生きんがための 闘いに 共感して


 希望を つめこんだ一枚の絵に

 涙する 人々の声が

 刑務所を 取り囲み

 あなたを 取り戻す日が

 訪れることを 信じて

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 2017年12月の絵 2018年2月の絵 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。