Not at All

Rhetoric is my chat show!

ミス・サイゴン 観劇 その2

2016-11-07 07:44:59 | 演劇

"Miss Saigon"I'd give my life for you" - Minako Honda" を YouTube で見る



本田美奈子さん、キムは本田美奈子さん。と思ってきたから、ミス・サイゴン、ずっと見てなかったんです。


本田美奈子さんは、2005年11月6日午前4時38分、急性骨髄性白血病で亡くなった。38歳だった。

当時の逸話を。

「ひと目で『彼女こそキムだ』と思いました。ロンドンで見たばかりです。容姿からしてキムそのものでした。すぐに『ミス・サイゴン』のオーディションの話をしました。『全編歌で構成されているので歌えればよい、オーディションを受けないか』、と」(酒井プロデューサー)

 一瞬で見抜くベテラン・プロデューサーの直観は恐ろしく鋭い。しかし、本田さんは、

「いやです。ミュージカルはぜんぜん知らないし、オーディションも絶対いや」(本田さん)

「スターのプライドもあったでしょうね。高杉君には耳元で、『本人にはないしょでデモテープと応募用紙を送ってくれ』とも言いました。なにしろ締め切りまで3日しかなかったのです」(酒井さん)

「そのときの楽曲(注・課題曲)は『命をあげよう』。そもそも『ミス・サイゴン』のストーリーを全然知らなかったので、一度歌ったあとにこの曲を歌うときの役柄を説明されて、その人の気持ちでもう一度歌うように言われたんです。そのとき急に、声がひっくり返ろうが何しようが、思い切り歌ってみようという気持ちになったんです。プライドという殻から飛び出せた感じでしたね」(本田美奈子「“アイドル”を脱いだ大人の素顔」より、「サイゾー」2002年11月号、インフォバーン)

 本田さんはその日、2度目の歌唱で突如、キム役に没入した。「そのとき急に」身体的な緊張が解け、血流が速くなって120%のパワーで歌えたのだと思う。

 聴いていた側は度肝を抜かれたはずだ。最高音のhi E(ミ)は外れて引っくり返っただろうが、“東洋の華奢な美少女”から天井を吹き飛ばすような声量の「命をあげよう」が出てきたのだから、全員が「一発で」ノックアウトされたのである。

 いろいろな記事や資料には、オーディションの実技は約3ヵ月間、7次に及んだと書いてある。

「もちろん1回の実技で決めるわけではありません。しかし、ミュージカルのオーディションを多くの人が誤解している。オーディションはコンクールではありません。役柄に合ったキャラクターを探し出すためのものなのです」(古川さん)

 歌唱もダンスも上等だとオーディションでほめられたのに、どうして落ちたのか、と聞いてくる応募者がたくさんいたという。

「歌やダンスがいちばんうまければ採用かといえば、そうではありません。どんなにうまくても、役に合っていなければダメなのです。まずキャラクターです。次に舞台のセンス、つまり芝居心があるかどうか。そういう意味ではストレート・プレイ(演劇)の経験は大きいでしょうね」

まさにこの逸話です。

彼女はエポニーヌも当たり役だった。

11/6で亡くなってから11年。
早いものだ。
歳をとるわけだ(笑)

キムちゃんは、声はちょっと細いけれど、これからを期待できる。幅広い音域も出せるし、これから演技も。

小野田君、理生君、藤岡さん‼
ミュージカルにはなくてはならない俳優さん達です。

理生君の歌い上げる、ブイ・ドイは、力強く感動しました。

小野田君は、GIでした。
少し臆病な感じが良かったです。

エレンもさすがの演技力。役によくあっていて、素敵でした。

知念里奈が新エレン役として出演中のミュージカル『ミス・サイゴン』年末年始は5都市でのツアー公演も! | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス




それにしても、アンサンブルが素晴らしい❗
迫力の群舞🎶
コーラスの音量もすごくて、ダイアモンドさんの、「アメリカン・ドリーム」よりも、胸に迫りました。ごめんね、ユカイさん。
大丈夫、まだプレヴューだし。

これから、進化を。

ヘリコプターが降りてくるところは、圧巻です(*^^*)

こういった、仕掛けミュージカル、国柄にもよるけれど、インパクトはありますね。
チケットはまだ在るそうです。市村さんの回は、×で完売かな。

それでも、楽しめました(^-^)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新国立劇場 研修生 試演「ロ... | トップ | トニー賞コンサートに出演 ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
レポート、ありがとうございます (nori)
2016-10-20 00:58:10
私も縁あって、来月、観劇できます。市村さんで。
クロスオーバーさんと同じく、本田美奈子さん以来の 『ミスサイゴン』 。当時の他のキャストの方は、あまり思い出せないけれど、彼女は印象的でした。惜しいですね。
すごく昔の話になってしまって....。今回、自分が、どのように感じるか、も、ちょっと楽しみです。
本田美奈子さんもきっと見守って😊 (Everyone (クロスオーバー))
2016-10-20 01:17:17
nori さん、コメントありがとう。
ミス・サイゴン、は冒頭の春を売る戦争被害者の女性達の場面からなので、辛いんです。
「サンダカン八番娼館」という映画を見たときと同じ辛さに、心がきしむんです。
そんな作品に挑んだアイドルだった本田美奈子さんの歌唱、演技はなにかもう特別なものでした。
今回は新しいエンジニア像に期待を抱きすぎた私の目が厳しかったのかも。
nori さんの感想、教えてくださいね!
楽しんできてね。
Unknown (orange)
2016-10-20 08:19:26
本田美奈子さんのエピソードを教えてくださり、ありがとうございます。
彼女のキムを見ていない事、残念です。
私のキムは新妻聖子さんです。縁です❣️見れる時に見ないと!ですね。新たな出会いがあるかもしれません。それにしても、チケット代がもっと安くならないかなー。

芳雄さんも触れていましたが、劇場問題も深刻になってきそうですね。たくさんの人が、もっと気軽にチケットを手に出来るようになったらいいなー。
本田美奈子さん🌠 (Everyone (クロスオーバー))
2016-10-20 09:28:29
Orange さんの聖子ちゃんキムも、良さそう🎵
聖子ちゃん、上手いですよね!王家でも🎵

出逢いですね😃
本日も感動の空間へ、Go (^-^)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。