農園便り

出来る限り『無農薬』にこだわってます。

農園管理は順調です。

2012年11月14日 | 

2012.11.14

農園の管理方法は、一年間を1サイクルとして 毎年ほぼ同じ作業を行っています。

最近は、目新しい事が無かったので2ヶ月も投稿出来ませんでしたが、

桃の品質の向上を目指しながら、作業能率とコストの削減が出来る様に、気が付けば改善をしています。

話は昔に戻りますが、10年前までは 農園の敷地内には、一輪車でしか物資を運ぶ手段は無かったので、

思い切って軽トラックが通れる幅の道を 農園内に十の字に設けました。

地元では、桃園内(畑)に道を造るなどありえない話ですが、効率が悪すぎるゆえの悩んだ末の大決断でした

結局、「桃作りは楽しいよ♪」と言えるほど 作業効率は抜群に向上し 想像以上の大成功です。

人は、楽になれば 更に楽がしたくなるものです。

 

10年後の今年は、農園内のほとんどの桃の木の横を 軽トラックで通れ

バックしなくても農園から出られる様に 行き止まりが無い、∞型に道を追加整備する事にしました。

車が通る道を造る為に、道なりに下草の種も撒き、雨水用の溝があれば、その上を通れる様にU字溝を設置しました。

 

農家にとって、道を造ると言えども、畑に回収不可能な砂利を入れる事はタブー(大問題)!

水捌けの良い場所は下草が覆うから心配はありませんが、

ぬかるんだ場所の整備には、犬山市資源物常時回収拠点『わん丸エコステーション』で、

土壌改良用に半年間寝かせたウッドチップ(一籠・約30kg・100円)を、

軽トラック一杯分(1000円)単位で購入し 敷き詰めていますが

 

収まりが良く、歩いても靴裏にくっ付かないので、お勧めのリサイクル商品だと思います。

ぬかるんだ場所では、2回もスタッグ(はまる)しながら 完成を楽しみに頑張っています。

『ささやき』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9.12 桃の収穫で~す! | トップ | 刷毛塗りでカイガラムシ駆除! »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL