山スキーと山歩き みやぶろぐ

山スキーと登山など、きままに書いてみます

槍ヶ岳①(新穂高~槍ヶ岳)

2017-06-20 | 2016-17山スキー
山域山名:北アルプス・槍ヶ岳(岐阜県、長野県)
期  日:2017年5月21日(日)~22日(月)
参 加 者:みやぶー、らがー
行動記録:
5/21 新穂高温泉1100m(5:30)→白出沢1550m(7:00/7:20)→1700m(8:25/ハイク靴デポ/8:50)→滝谷1760m(9:10/シール登行/9:25)→槍平1990m(10:05)→大喰沢2160m(10:40/11:05)→飛騨沢2750m(12:35/12:45)→飛騨乗越3000m(13:40/13:50)→槍ヶ岳山荘3060m(14:00)→槍ヶ岳3180m往復[槍ヶ岳山荘泊]
<天候:晴れ>

北アルプスのベストシーズンは、稜線の積雪も安定し、雪質も程よいザラメになる5月半ばである。

長期休暇が取れるGWはまだ寒気流入のサイクルに填ると厳しい条件となることも多く、雪崩リスクも高い。

今シーズンは残雪も豊富なので、飛騨沢から槍を目指す。

右俣林道はこれで。ただし、登りのライドは一切なし。押しだけ(笑)




穂高平。




林道終点でチャリデポ。肩にずっしり、1時間半の押しはさすがに疲れた(泣)




白出沢。




しばらくは夏道を行く。




チビ谷。




雪が融けて起きあがった枝があるたびに、1歩進んで2歩下がるを繰り返す。




沢沿いの雪が増えてきた。ここでデブリのトラバースに不安が出てきたのでハイク靴から兼用靴に履き替える。




滝谷を渡る。







藤木レリーフでやっとシール登行へ。




右俣谷雪渓の末端。




南沢出合から完全に沢は埋まった。







槍平小屋も埋まっている。




「4m掘りました!」の看板。




大変な重作業だったに違いない。小屋周辺を汚されたら夏が大変でしょう。




中の沢。




北穂高、涸沢、奥穂高、西穂高とズラリ。




大喰沢。槍平をベースに3沢を滑り尽くすのも楽しいだろう。




ここからが飛騨沢の登り本番。




やっと飛騨乗越が見えた。が、まだ500mのアルバイトが残されている。




何だ?何でこんなところにグライダー?




らがーペースだったが7時間かけてここまで来た。




笠ヶ岳が慰めてくれる。




ゴールまでもうすぐ。




最後までシールで登りつめる。




飛騨乗越。




大喰岳は明日のお楽しみ。




着きました~。




小屋番の方に撮っていただきました。




雪堀中。




とりあえず山荘に受け付け。




日曜日とあって今日の宿泊は個室を相部屋としていました。




さぇ、穂先へ。




夏は行列でしょうが、今日は誰もいない。




槍ヶ岳山頂。




大展望を満喫。













北鎌尾根。




一部残雪ありました。




乾杯!!




眼下には夕暮れの槍沢。




今日の宿泊者はこれだけでした。




槍ヶ岳山荘の夕食。




明日は大喰岳東西斜面滑降へ。


『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蓮華岳大沢 | トップ | 槍ヶ岳②(大喰岳南東カール&... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。