山スキーと山歩き みやぶろぐ

山スキーと登山など、きままに書いてみます

スバリ岳

2017-07-12 | 2016-17山スキー
山域山名:北アルプス・針ノ木雪渓、スバリ岳(長野県)
期  日:2017年6月4日(日)
参 加 者:みやぶー、キム兄
行動記録:扇沢1420m(6:45)→針ノ木雪渓末端1650m(7:40/7:50)→マヤクボ沢2300m(9:15/9:30)→マヤクボコル2670m(10:25/10:40)→スバリ岳2732m(11:15/12:15)~針ノ木雪渓末端(2:45/13:00)→扇沢(13:30)
<天候:曇り時々晴れ、一時小雪>

今シーズン3度ご一緒したチチビアンチームリーダーのキム兄をお誘いして、氏の滑り納めを飾ろうと針ノ木雪渓を案内してきました。

麓の大町は初夏、山はまだまだ春の装い。一昨日から季節はずれの寒気が入って、稜線は20㎝以上の新雪が積もったらしい。




今日は早くから駐車場がいっぱい。




針ノ木岳の山開き、慎太郎祭の日だった。




6月に入ったのに、作業道に入ってすぐに残雪の固まり。




右岸側の道を歩いて雪渓末端へ。




雪渓にもちゃんと目印が立てられていた。




‘山を想えば人恋し、人を想えば心恋し’…う~ん、まだまだ修行が足りない。。




いっしょに修行を重ねましょう(笑)




新雪が積もったマヤクボ沢に入る。




坪足登山者は峠を目指す。







小雪が舞い、寒風が吹き下ろして冬に逆戻りした感じだ。







マヤクボコルへ。




スバリ岳への縦走路を登る。




ガスが取れて目指すスバリ岳山頂が見えた。




最高だ。




6月にエビの尻尾。初めて見た。




スバリ岳山頂へ。







雪渓までダイレクトに落ちる東面は次回にトライしよう。




キム兄、春の北アルプスの頂きでご満悦。




南峰直下で滑降準備。




この斜面を落ちよう。




急斜面にエントリー。








吹きだまりは新雪30㎝。




雪渓は蟻の行列。




季節はずれのパウダーにボーダーキム兄はキレキレ。
















20年以上毎年のようにこの時期に来ているが、最高の条件ですよ。







キム兄、大満足の滑り納めでした(完)







山麓はポカポカ。あと何回滑れるか。




『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白毛門 | トップ | 針ノ木岳(針ノ木雪渓まで) »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。